*

クロスバイク用にVブレーキ対応のカーボンフォークを探す

Publication date: フォーク, 自転車メンテ・改造

クロスバイク用にVブレーキ対応のカーボンフォークを探す

sponsored link

カーボンフォークへの換装について

カーボンフォークへの換装について
クロスバイクやロードバイクの改造・カスタマイズで換装すると効果(違い)の大きいパーツとして、コンポーネントやホイールが挙げられますが、フロントフォークも効果(違い)の大きいパーツというのをよく小耳に挟みます。

一般的によくあるフォークの換装のパターンとして、アルミや鉄のフォークからカーボンフォークへの換装で、よく言われる違いは、軽量化と地面からの振動が軽減されるなどになるかと思います。

重量・軽量化の効果

アルミや鉄のフォークは1kg前後のものが多いのに対して、カーボンフォークになると500g前後のものも有り、大幅な軽量化が望めるパーツで、その他のパーツに比べると、軽量化に関してはかなりコストパフォーマンスが高いパーツと言えると思います。

振動軽減の効果

振動に関しては、フラットバーをカーボン製に換装した際にも経験しましたが、アルミや鉄と比べると振動のエッジがなくなり滑らかな振動に変わります。ただそれだけなのですが乗り心地の面ではかなり快適になります。

クロスバイクをカーボンフォークへ換装する際の問題点

クロスバイクをカーボンフォークへ換装する際の問題点
いろいろと改造・カスタマイズを繰り返して来た僕の愛車であるクロスバイクのESCAPE Airですが、ただ一つ残っているパーツがフォークです。

何故、フォークだけ残しているのか?

換装する時間が無いだとか、シンプルなデザインのものが無いだとかの個人的な理由もありますが、何よりも大きな理由として、Vブレーキ用の台座の付いたカーボンフォークがほとんど無いのです。(MTB用は除く)

Vブレーキ対応のカーボンフォークにこだわる理由

カーボンフォークはほぼロードバイク用と思って良いほど、カーボンフォークに取り付けられるブレーキ台座のほとんどがキャリパーブレーキ用だったりします。

そこで問題となるのが、ESCAPE Airに限らずで多くのクロスバイクのブレーキにはVブレーキが採用されていてます。

キャリパー用とVブレーキ用ではブレーキの台座違うため、それぞれに対応したフォークを選択する必要があるのです。

キャリパーブレーキ用の台座の付いたフォークに換装すれば、クロスバイクのESCAPE Airにもキャリパーブレーキを取り付けられるようになり、より一層ロードバイクの仕様に近づくことができますが、リアには取り付けられないため、フロントがキャリパーブレーキでリアはVブレーキというチグハグな構成になってしまうのです。

なので、クロスバイクのフロントフォークを換装する場合は、基本的にVブレーキ対応のカーボンフォークを探す事になります。その方が見た目だけでなく、現在使用中のVブレーキもそのまま流用出来るため、コスト面でもメリットが有るというわけです。

Vブレーキ対応のカーボンフォークという条件になると、だいぶ選択肢が絞り込まれるので、個人的なメモ用として以下にVブレーキ対応のカーボンフォークをピックアップしてみました。

Vブレーキ対応のカーボンフォーク

アルミコラム

ONEBYESU OBS-C2

コラム径:1-1/8”
オフセット:45mm
重量:620g
価格:23,000円前後

ONEBYESU OBS-CBC

コラム径:1-1/8”
オフセット:45mm
重量:624g
価格:25,000円前後

EASTON EC70X

コラム径:1-1/8”
オフセット:45mm
重量:640g
価格:22,000円前後

BAZOOKA B-143

コラム径:1-1/8”
オフセット:45mm
重量:775g
価格:23,000円前後

フルカーボン

ONEBYESU OBS-C11

コラム径:1-1/8”
オフセット:45mm
重量:445g
価格:36,000円前後

EASTON EC90X

コラム径:1-1/8”
オフセット:45mm
重量:490g
価格:55,000円前後

Vブレーキ対応のカーボンフォークまとめ

調べてみてわかりましたが、驚くほど選択肢がなくて、文字通り驚きました。
実際問題でカーボンフォークへ換装されている方のほとんどがVブレーキ非対応のフォークを選択しているようで、その理由も納得の選択肢の少なさです。

また、上記のカーボンフォークに関しても、モデルチェンジやカタログ落ちしてなくなる可能性もあると思っておいた方が良さそうです。

そんなこんなで、なかなかフォークの換装には踏み切れず今現在もオリジナルフォークを残したままとなっています。

理想のカーボンフォークとしてはESCAPE Air LTDに実装されていたような、シンプルなデザインのものになりますが、無いんですよね・・・GIANTストアで販売してくれれば良いのになぁ。

Comment

  1. Masahiro M より:

    お世話なります。先日別トピにコメントさせていただきました。
    私の2015年製ESCAPE airですが、本日ついに
    カーボンフォークに換装しました。
    選んだのはワンバイエスのCBCベンドフォークです。
    Gストアで玉押リングを300円で購入しておいたので
    外す手間は省けました。
    挿入もグリスをつけて慎重に叩いたら
    素人の私でもすんなり出来ました。
    純正クロモリフォークは玉押しリング込みで904g
    CBCはリング込みで610gでしたので
    約300gの軽量化です。
    先程、試運転で5km走って来ましたが
    舗装路面が荒れている状態のゴーっという振動が
    びっくりするくらい滑らかに感じました。
    明らかに手首に伝わる負荷が軽減されました。
    オフセット45mmの標準サイズを選びましたが
    それでも純正より前に10mm程度ホイールベースが
    伸びています。この影響はもう少し走り込まないと
    わからないレベルです。
    これでついに残ったのはフレームのみ。
    改造コンプリートです。
    ではでは。

    • escape air より:

      Masahiro Mさま 
      お。コンプリートお疲れさまでした。
      クロスバイクを育て上げた感じですね^^
      カーボンフォーク良いですよね。水の上を走っているかのような柔らかい感覚はカーボンならではで羨ましいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑