クロスバイクの改造やロードバイク自転車

ESCAPE Airと自転車ライフ

ライト 自転車用品

中華製の激安自転車ライトの実力

投稿日:

中華製の激安自転車ライトの実力

子供の自転車ライトが無くて、一時的に僕がクロスバイクに乗る際に愛用しているknogのBlinder Roadと呼ばれるライトを取り付けていたら、早速ライトを引っ張ってしまってバンド部分を壊してしました。

子供の自転車には贅沢すぎる自転車ライトなので、子供用の自転車に取り付けるためにすぐに壊れても良いレベルの安い自転車ライトをアマゾンで探しました。

自分が乗っている自転車にはそこそこ上等なライトを使いたいと思ってはいますが、子供用の自転車なので、基本的には暗い時間には自転車に乗ることも少ないでしょうし、紛失してしまったり壊してしまうなんてことも考えられるので、とりあえずは安物でも良いかなと思い、中華製の激安ライトを買ってみることにしました。

実際に届いた激安ライトを見てみると、価格のわりにしっかりとした製品がとどいたのでレビューがてら紹介してみたいと思います。

中華製の激安自転車ライト

パッケージなど

中華製の激安自転車ライト

アマゾンで中華製の激安自転車ライトを購入してみました。
価格は1300円程度です。

レビューもたくさん書かれている製品ですが、周知の通りでこの手の製品は怪しい日本語で書かれたサクラレビューばかりなので、実際に購入してみないと良いモノか悪いモノかの判断は難しいと思います。

この手の製品は「え?こんな値段でこの品質で本当に良いの?」と驚いてしまうようなアタリの製品が届くこともあれば、「え?マジゴミやんけ!」というようなハズレの製品が届くこともあります。

例えば、パッケージには堂々とSPEAKER BICYCLE LIGHTと書かれてありますが、購入したのはスピーカー付きのライトではありません

他にも
● やたらとホコリが付着している
● パッケージの商品名と購入した商品が違う(中身は注文した商品)

というような感じで、名前の通ったメーカー品ではあまり見られないような信じられない不良品や間違いに遭遇することも激安中華製品では珍しくありません。

中国本土で見かけたサイクリストの多くが音楽を流しながらサイクリングをしていたのでそんな流行もあって中華製の自転車ライトの中にはスピーカー付きのライトがたくさん売られています。なのでそのパッケージの使い回しなのかもしれません。

見た目

中華製の自転車ライト

中身はいたってシンプルです。
ライト本体と充電用のUSBケーブルです。

激安自転車ライト

見た目も普通です。
メーカーの製品と比べると、そこはかとない安っぽさがありますが、価格を考えれば十分過ぎると言えるでしょう。

ネジに驚く

自転車ライトの裏側

自転車ライトの裏側です。
バッテリー式なのでライトの裏側に充電用のUSBの差込口があります。

ちなみに1,300円程度のメーカー製の自転車ライトもありますが、それらはほぼ最下位グレードで乾電池式のライトかと思います。そう考えると充電式で1,300円程度で購入できるのは破格と言えるでしょう。

今回この激安ライトを購入して最初に驚いたのは、使用されているネジでした。

以前までの中華製の激安製品で使用されているネジはほぼ、一般的によく見られるプラスネジでしたが、この自転車ライトに使用されているネジはプラスネジではなく、T型トルクスネジと呼ばれる星状の形をしたネジが使用されているのです。

トルクスネジはヨーロッパでは比較的一般的なようですが、中華製の安い製品では見かけることがあまりなく、どちらかと言えば、かなり細部までこだわった製品にトルクスネジが使われているという印象があっただけに、背面のトルクスネジを発見した時はちょっとした驚きでした。

自転車などの備品ではお馴染みなのは六角ネジなのに対して、ちょっと以前の中華製の激安アクセサリーなどにはプラスネジが使用されていたりして興醒めすることもあったのですが、まさかトルクスネジが使われていようとは思いもしませんでした。

自転車ライト

本体の質感も悪くはありません。
金属の筐体です。

自転車ライトのマウント部分

以前はものすごく安っぽさがあったプラスチック部分やゴムの部分ですが、メーカー品と遜色の無い質感です。

自転車ライトの大きさ

大きさはちょうど手のひらに収まるくらいで、大き過ぎず小さ過ぎずな感じです。

明るさ

ライトを点灯

ライトを点灯すると、本体の中央部分にあるボタンが緑色に点灯します。
バッテリーのインジケータにもなっているようで、バッテリー残量が少なくなると赤に変わります。

点灯の種類

点灯の種類は点灯(明)と点灯(暗)と点滅の三種類。
点滅はかなり速くシュパパパパパアって感じで点滅します。

日本の道路交通法では前照灯は点灯させることになっているので日中以外で点滅にすることはないと思うのでこれはこれで良しとしたいと思います。

明るさは公称で400ルーメンです。
アマゾンなどで販売されている中華製ライトの多くが明るさのスペックが怪しい感じがしたりしているのです、このライトも怪しいかなと思っていたのですが、他のライトと比較してみた結果、スペック通りな明るさだと思います。

光の性質

特徴的なのはこの光の形です。
広い範囲を照らすのではなく、比較的狭い範囲を集中的に照らす感じのライトです。
対向車や歩行者が眩しくないように考えられているようです。

実際問題で自転車の場合、あまり広範囲を照らす必要もなく、路面の状況がしっかりと確認できるものであれば良いので、こんな感じの一極集中的なライトで十分だと思います。

激安中華製自転車ライトのまとめ

激安中華製自転車ライトのまとめ

激安で手に入れた中華製自転車ライトを細かく見てみましたが、1,300円程度でこの品質であれば、文句をつける余地はほとんど無いように思います。むしろ、良い買い物をしたと思わしてくれるレベルです。

一般的なメーカーなどにとっては、ここ数年の中華製品の品質の向上はかなり脅威なのではないかなと思いますね。

デザインやブランドにこだわりがなければ、この手の激安中華製品を選択肢に入れない手はないかもしれません。

ただし、実際問題でまだまだ信頼しきれないというのが中華製品でもありまして、ハズレの場合は初期不良だったり、すぐに壊れたりすることもあるようですし、僕が購入した自転車ライトのようにパッケージが違っていたりホコリまみれだったりすることもけして珍しいことではないでしょう。

なので、そのあたりは覚悟というか、あらかじめ許容するくらいの気持ちで購入した方が良さそうです。

もちろん不良品があった場合は交換対応してもらえることがほとんどなので、僕の場合はそのあたりはあまり気にしてはいないのですが、気になる人はきっと気になるはずです。

そのあたりのチェックや管理をきちんとしているかいないかがそのまま価格にも反映されているのでしょうし、少々高くてもメーカー品を選べば安心感と満足感がえられるはずですから、いろいろと気になる人はメーカー品を選んだ方が良いと思います。

おまけのライト

今回購入したライトにはマグライトもどきの電池式ライトがオマケでついてきました。きっと品質的には100均レベルのものだとは思いますがオマケについて来れば嬉しいものですね。

ちなみにこの手の激安製品は売り切りが基本なので、良いスペックのものがあればさっさと購入してしまった方が良いと思います。おそらく次の機械に買おうなどと思っているとなくなってしまっている可能性も大いにあると思います。

以上、激安中華製自転車ライトについてレビューでした。

-ライト, 自転車用品

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.