サイクルウェア 子供と自転車ライフ 自転車全般 自転車用品

アマゾンで安いコンプレッションウェアを自転車用に買う

投稿日:

安いコンプレッションウェアを自転車用に買う

アマゾンで安いコンプレッションウェアを買いました。

コンプレッションウェアと言えばアンダーアーマーCW-Xなんかが有名ですが、特にコンプレッションウェアに効果などを期待するようなプロフェッショナルな使い方はしないのでアマゾンで安く販売されているものを試しに選んでみたのでした。

トレーニング目的ではなく、自転車に乗る時と公園で子供と遊ぶ際に何か着られるものが必要で、適当に安く済ませたいというところです。

コンプレッションウェアと自転車

コンプレッションウェアと自転車

コンプレッションウェアとサイクルジャージはなんとなく似ています。

もちろん同じモノではないですが、身体にフィットしてピチピチとした感じや、伸縮しやすく身体を動かしやすい点、汗をかいても乾きやすい生地など共通点は多いです。

どちらもスポーツ用途のウェアですから当然と言えば当然ですが、コンプレッションウェアが流行り始めたあたりから、なんとなく似てるなぁという思いがありました。

実際調べてみると、自転車用途向けのコンプレッションウェアもあったりするようですし、サイクルショップなどでも取り扱っていたりするのでロードバイクやクロスバイクとコンプレッションウェアというのは、それほど見当違いなモノではなさそうです。

僕が自転車用にサイクルジャージではなくコンプレッションウェアを選んだ理由

僕が自転車用にサイクルジャージではなくコンプレッションウェアを選んだ理由

サイクルジャージは自転車に乗っている時専用のウェア

僕が自転車用にサイクルジャージではなくコンプレッションウェアを選択したのにはいくつか理由があります。

ロードバイクやクロスバイクに乗るときにも使えればという考えもあってのことですが、基本的には最近購入したママチャリに乗って子供と公園に出かけたりする際に着られれば良いかなというところでコンプレッションウェアを選択しました。

ご存知の通りサイクルジャージはピチピチですし、お尻にパッドが入っていたりします。
日頃ロードバイクに乗るような人からすれば何の違和感もない格好も、自転車に興味のない人からすれば、オムツを履いた上から全身タイツを着た変態ファッションにしか見えません。

自転車に乗っている時にはそれで問題ないのですが、自転車から降りてしまうとたちまち場違いな格好になってしまうというのは否めないところです。そもそもママチャリにサイクルジャージなんかはかなり変態的です。

サイクルジャージは自転車に乗っている時専用のウェアなので、水着で公園に居るとおかしいように、サイクルジャージで公園に居てもなんだかおかしな人と見られかねません。

要するにサイクルジャージは自転車から降りて行動することを考えると非常に都合の悪いウェアなのです。

グラウンドでも自転車でも使えるウェア

子供が大きくなり遊び盛りになってくると公園での滞在時間も長くなりますしキャッチボールやサッカーなどの遊びも出来るようになります。

そうすると、お父さんも子供と一緒に遊んだりすることも多くなります。
また、子守の時間を運動の時間に充てて日頃の運動不足も解消できたら良いんじゃないかな、なんてことを考えるようになります。

そう思うとやっぱり子供と公園に行く時には運動できる服装の方が良いわけで、日頃は運動をしないお父さんでもジャージ的なスポーツウェアが必要になります。

自転車以外の運動をしない僕の場合も、フィールドで運動するようなウェアを持っていなかったのでスポーツウェアの購入を考える必要が出てきたというわけです。

素直にジャージでも良いわけですが、そこはサイクリストの端くれなので、どうせスポーツウェアを購入するのであれば、グラウンドで運動するだけでなく自転車でも着られるようなものがあれば良いなぁと考えました。

そこで候補に挙がったのがコンプレッションウェアなのです。

コンプレッションウェアは自転車にも適している

コンプレッションウェアには短パンがある
最近はランニングやジムなどでトレーニングする人もコンプレッションウェアを着ていたりすることから「コンプレッションウェアを着ている人=スポーツをする人」というイメージが出来上がっています。

コンプレッションウェアもサイクルジャージのようにピチピチになるのは同じですが、コンプレッションウェアを着用する際にはタイツ(レギンス)の上には短パンを履くのが一般的なので、サイクルジャージのように大切な部分が強調されたりはしません。

なので全身ピチピチでもコンプレッションウェアならコンビニなどに立ち寄ってもサイクルジャージのように場違いになってしまうこともありません

クロスバイクやロードバイクに乗っていてピチピチに抵抗がある人などはサイクルジャージの上から短パンを着用したりもするのでタイツと短パンは自転車との相性もなかなか良いのです。

僕自身もクロスバイクに乗る際にはピチピチは避けたいので、日頃はスラックスタイプのサイクルパンツを履いています。スラックスタイプであれば自転車から降りてもジャージ的な感じでそれほど違和感も無いのが理由です。

しかしながら、サイクルパンツで公園遊びが出来るかと言えばあまりお勧めできません。実際運動してみましたが、動きやすさなどは普通のジャージやトレーニングウェアと比べると良くないです。サイクルパンツはあくまで自転車用にデザインされたウェアなのだと思います。

一方、タイツに短パンのスタイルは公園遊びでも自転車でもどちらでも適したスタイルになるので適応範囲が広いのです。

アマゾンで激安なコンプレッションウェアを購入

アマゾンで激安なコンプレッションウェアを購入

激安なウェアはとにかく安い

そんなわけでコンプレッションウェアを購入しました。

この手の製品はアマゾンで探すと中国の業者が出品している類似の製品が山のように出てきて激安価格で購入できます。

例えば、有名メーカーのコンプレッションウェアを購入するとシャツだけで3,000円〜4,000円するものもザラですが激安な製品だとシャツ、タイツ、短パンなどが揃って2,000円〜4,000円くらいで購入できるのです。

いや、もちろん機能や性能的なところを考えれば有名メーカーの製品の方が絶対的に良いと思いますが、その辺りにこだわわらず、見た目だけでよければ概ね満足できる品質なんじゃないかと思うのです。

例えば上記の写真は4点セットですが、インナーシャツ、タイツ、ハーフパンツ、パーカージャケットが付いて3,500円程度でしたから有名メーカーの製品の1/4程度以下の価格で購入できました

僕なんかはこの手のウェアは消耗品だと考えているので、性能へのこだわりがほとんどなく何でも良いと思っているのと、ブランドロゴの無い無地な製品が好きなので、なおさら都合が良かったりするのです。

気になる性能と品質

生地の質感

激安な中国製品なので、いくら安くても性能面や品質が気になると思います。

僕ももちろん粗悪品は嫌なので一応気にしたりはします。
タイツを履いてみたところ、ちゃんと太ももやふくらはぎ辺りが締め付けられて、足首などは余裕のある感じで、いわゆるコンプレッションウェアの特徴をちゃんと備えているように思えます。

生地が少し薄いというレビューも見かけますが、実用上で気にならない程度だと思いますし、一般的なスポーツウェアに見られるようなメッシュ風で吸汗性と速乾性のある生地で着心地も悪くは無いですね。

まぁ、コンプレッションウェアのように思えるだけで、有名メーカーの方が性能は良いでしょうし、着心地などももっと良いものと思われます。耐久性の面でも、有名メーカー品は使用し続けてもへたりづらいとか、毛玉ができづらいなどの差はきっとあると思います。

しかしながら最近の中国製は一昔前の中国製と比べると格段に品質が上がっているんですね。もちろん以前のような品質のハズレもありますが、安くてもそこそこ使える品質のものが増えているように思います。

言い換えれば、プロユースや本格的な用途で使用するには信頼性が低いですが、アマチュアや適当に使用する分には全く問題が無いレベルなんじゃなないかと思います。特にこの手の製品は大手メーカーなどもすべて中国などで製造していますから、技術的に作れないわけはないのですよね。

中国メーカーは色々な面で怖さはありますが、以前の中国品質とは違ってきているといその点は認めなければいけないと思います。

激安な理由

激安な理由

パッと見の品質は大手メーカー品と大差ないように思える激安なウェアですが、細かい部分を見ていけば激安な理由もなんとなく見えてきます。

例えば上記の写真で赤丸で囲んだ部分に注目してもらうと、ブランドロゴのプリントが一部ハゲていたり、タイツのゴム部分に白い糸が出ていたりします。

こういう細かい部分で大手メーカーとのレベルの差を感じることができます。

ちなみにプリントされているPRO CMBAT DRI-FITの文字はNIKEのブランドの模倣でしょうか。MIKE的な(笑)

アウトレット品

ミシン目があり得ないところまで伸びている箇所も見つけました(笑)

激安な理由はこういった細かい場所にあるものと思われます。

中国には大手メーカーの製品などをOEM供給している会社も多く、ここ数年はそういった会社がOEMで得た技術を活かして自社ブランドを立ち上げて販売したりするような動きがあります。

なので製品自体の品質は非常に上がっている印象で、大手メーカーと比べてもそれほど品質に差がないように思えます。

しかし、製品の完成度というか、細かい部分まできちんとしているかどうかという部分の品質に大手メーカーと無名中国メーカとの差が出るわけです。

製品を大量に製造していると、全てが同じ品質になるわけではなく、上記の写真のようにホツレがあるものなども当然出てくるわけです。いわゆる規格外品で、かっこよく言えばアウトレット品ですね。

大手メーカーなどは品質基準は厳しいですから上記の写真ような製品はまず流通しないのですが、中国はそのあたりの考え方が緩い感じがします。

つまり、大手メーカーだと「完璧な製品を供給する」という使命感があるのに対して、中国の適当なメーカーは「文句を言われたら交換すれば良い」的な考え方をするわけです。

そうすると検品の手間だとか、歩留りも変わってきますから、それをきちんとやるかやらないかは価格にも反映されます。

中国の無名品などはアウトレットのアウトレット、言わばスーパーアウトレット的な製品も流通させるわけで、そういった類の製品がこのような激安な価格で販売することも可能になるものと思われます

安定供給は無い一期一会的な製品

このような激安品でも細かい部分を気にしなければ普通に使用できるものも多いので、気に入ってリピートしたいものもあったりします。

しかし、このような製品はハギレや在庫品、アウトレット品であると思われるので、大手メーカーの定番モデルのようないつでも購入できるようなものではなく、次の機会に購入しようと思っても、すでに無くなってしまっていると思った方が良いでしょう

言わば一期一会的な製品なので、試しで購入してみて良いなと思ったら、ストック分も購入しておいた方が良いかもしれません。

まぁ、似たような製品が山ほど出てくるので、それほど心配することもないかと思いますが。

ちなみに似たような製品は販売業者が違っていても、仕入れ元は同じだと思います。仕入れ元から販促写真なども供給されたりしますから同じようなイメージの写真が使われている製品が多く並んだりするのですぐに判ると思います。しかしながら価格は大きく違っていたりするので、そういう製品を見つけたらなるべく安い販売元を探すと良いでしょう。

そんなわけで激安なスポーツウェアは、細かい部分を気にしない人、ブランドにこだわらない人、消耗品としてなるべく安く済ませたい人などにはおすすめできると思いますが、上記に当てはまらないような人は大手メーカー品を購入した方が幸せになれると思います。

-サイクルウェア, 子供と自転車ライフ, 自転車全般, 自転車用品

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.