*

自転車のライトやサイコンの取り付けスペース確保に便利なマウントアダプター

公開日: ハンドル周り, 自転車メンテ・改造

自転車ライトマウントター

クロスバイクやロードバイクには装備したいモノが意外と沢山有り、ハンドル周りの取り付けスペースが足りないなんてことも良く聞く話です。

例えば、夜間に自転車に乗るためには、ライト(前照灯)の装備が必須ですし、より楽しく自転車に乗るためにはサイクルコンピューターも欠かせません。もちろん警報機(ベル)の装備だって必須です。

上記のように、ハンドル周りには、何かと取り付けモノが多い割に、取り付けスペースがそれほど無いといった問題があるのです。

取り付けたいモノがあるのにスペースが無いと諦めるしかないわけですが、そんな時にライトやサイクルコンピューターなどを取り付けるためのマウンターを使用すると問題が一気に解決します。

そのマウンターがこちら。

ライトやサイコン取り付けスペース確保に便利なマウントアダプター

ミスターコントロール コンピューター/ライトマウント ADP-3RCと呼ばれるマウンターです。

このマウンターをハンドルに装備することで、ハンドル周りに窮屈に取り付けていたサイクルコンピューターやライトを無理無く取り付けることが出来るようになるというものです。

以前からライトの取り付け位置に頭を悩ましていて、狭いスペースに無理矢理取り付けるような状態だったので、この問題をどうにか解決したいと思っていたのでした。

sponsored link

ライトやサイコンを取り付けるスペースを確保するマウンター

ミスターコントロール コンピューター/ライトマウント  ADP-3RC

ハンドルに取り付けることでライトやサイクルコンピューターを取り付けるスペースを確保するためのマウンターです。

パーツにはシムも含まれていてオーバーサイズのハンドルだけでなく、フラットバーハンドルなどの細いハンドルでも取り付けられるようになっています。

ライトやサイコンを取り付けるスペースを確保するマウンター

クランプ径:31.8mm(26.0mm、25.4mm対応シム付)
マウントサイズ:長さ 約70mm、太さ 22.2mm (カーボン製)

さっそく取り付けてみた感じです。

サイズだけ見た感じだともう少し存在感があるかと思っていましたが、意外とコンパクトな印象でしたが、はやりハンドルに突起物があると、若干の違和感を感じます。

が、しばらく使用しているうちに気にならなくなったので慣れの問題だと思います。

ライトやサイコンを取り付けるスペースを確保するマウンター

マウント部分のバーは裏側のボルトを緩めると動くようになり、ずらすことができます。
バランスが気になる人はセンターで押さえるようにしても良いかもしれません。

ハンドルにライトやサイコンを取り付けるスペースを確保するマウンター

マウンターを正面から見た様子です。

ハンドルにライトやサイコンを取り付けるスペースを確保するマウンター

マウンターを横から見た様子です
取り付け角度は使用しながら調整するのが良いと思います。

ハンドルにライトやサイコンを取り付けるスペースを確保するマウンター

試しにライトとサイクルコンピューターを取り付けてみました。

マウント部分のバーの直径は22.2mmで普通のハンドルよりも細いため、キャットアイのマウンターなどは絞り込む必要がありますが、取り付けられないことはありません。

ハンドルにライトやサイコンを取り付けるスペースを確保するマウンター

ライトとサイクルコンピューターを二つ取り付けられるくらいのスペースがあるので、窮屈だったハンドルにもかなり余裕が出せます。

ハンドルにライトやサイコンを取り付けるスペースを確保するマウンター

実際に取り付けてみて判ったことですが、サイクルコンピューターはハンドルよりも前の位置に出すと、走行時の視認性が一気に良くなります

今まではサイクルコンピューターを見る為に前方から視線を切る必要が有りましたが、マウンターの分だけ前に配置しただけでも、前方の視界を確保しつつサイクルコンピューターを確認することができます。

ちなみに使用しているサイクルコンピューターはGPSを使用したセンサーレスのCAT EYEのステルスシリーズと、オーストラリアのデザインサイクルグッズメーカーのknogのライトであるBlinder Roadです。

ライトやサイクルコンピュータを取り付けできるマウンターで走行してみた感想

ライトやサイクルコンピュータを取り付けできるマウンターで走行してみた感想

ライトやサイクルコンピューターを取り付けられるマウントのミスターコントロール コンピューター/ライトマウント ADP-3RCを取り付けて走行してみましたので感想を書いてみようと思います。

マウンターの使い勝手

僕がクロスバイクのEscape Airにマウンターを取り付けた理由は、現在使用しているライトの取り付け位置を改善したいという気持ちからでした。

ハンドル周りはシンプルにしたいという思いもあり、最初は半信半疑な感じで使用してみましたが、取り付け取り外しのし易さ、サイクルコンピューターやライトの位置などが改善されて大変満足な感じです。

特に、サイクルコンピューターが前方に移動したことにより、前方の視界を確保したままサイクルコンピューターを見ることができるようになった点は安全面から考えても良かったと思える点です。

取り付け具合

一般的な舗装道路を走るのはもちろん、少々荒れた舗装道路でも全く問題ないくらいにしっかりと取り付けられています。

少なくともロードバイクやクロスバイクで使用して舗装道路を走る分にはガタついたりすることはなさそうです。

ライトマウンター/サイクルコンピューターマウンターまとめ

ライトマウンター/サイクルコンピューターマウンターまとめ

ハンドル周りをあまりゴチャゴチャさせたくないという気持ちから、今までマウンターを使用していませんでしたが、毎度取り付け取り外しをしなくてはいけないライトの取り付け位置でストレスを感じていたので、モノは試しということで、ライトマウンター/サイクルコンピューターマウンターを購入してみたのでした。

正直なところ、マウンター自体の存在感はそれなりにありますし、マウンターを取り付けていない状態と比べると、スポーツバイクの見た目の美しさを損ねている感じがしないでもありません。

しかしながら、実際取り付けて走行してみると、マウンターの存在感はほとんど感じませんし、サイクルコンピューターなどが見やすく、快適さは向上され、なかなか良いものだと思いました。

マウンター自体の値段もそれほど高いものではないので、駄目なら駄目で諦めのつくという気軽さでカスタマイズできるパーツなので、日頃からハンドル周りの備品の取り付け位置に悩んでいたりする方にはお勧めできるものだと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑