クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

バッグ・財布 自転車全般

メッセンジャーバッグとバックパックの用途の違い

更新日:

メッセンジャーバッグとバックパックの用途の違い

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクには前カゴなどが無いため、何か荷物を運ぶ時はメッセンジャーバッグやバックパックなどを使用するのが普通です。

大きさやデザインは様々で用途に応じて使い分けることになり、僕自身も自転車用のバッグをいくつか持っていて用途に応じて使い分けるようにしています。

自転車用バッグと言えばメッセンジャーバッグかバックパックの特徴をまとめて適した用途や向き不向きを考えてみようと思います。

メッセンジャーバッグとバックパックの用途の違い

メッセンジャーバッグとバックパックの違い

バックパックが適した場面や用途

自転車で重い荷物を運ぶとき

クロスバイクやロードバイクで重い荷物を運ぶ時はメッセンジャーバッグよりもバックパックの方が絶対に楽です。

メッセンジャーバッグのように方掛け式だと片方の肩に負荷が掛かってしまうため重い荷物を運ぶのには適していません。またバランスも悪くなってしまうのでバランスを取ろうとして無駄な力が入ってしまうので余計に疲れてしまうのです。

バックパックの場合は均等に負荷が掛かるためバランスが取りやすく重い荷物を運んでもそれほど疲れません。

自転車で長距離走るロングライドのとき

自転車で長距離を走るロングライドをおこなうときはメッセンジャーバッグよりもバックパックの方が適しています。

やはり方掛けのメッセンジャーバッグは左右のバランスが悪いのでバランスをとるために余計な力が入ってしまうのです。たとえ荷物が軽くても徐々に辛くなってくるため長距離を走る際にはバランスの良いバックパックの方がおすすめです。

荷物をたくさん入れた時の見た目が良いのはバックパック

メッセンジャーバッグは沢山のモノを入れて膨らんでしまうとカッコ悪くなってしまうので少ない荷物でバッグの形が崩れず身体に巻き付ける感じで使用するのが見た目的には良いと思います。

逆にバックパックは荷物を入れた方が形が綺麗になるので、ある程度荷物がある場合にはバックパックがおすすめです。

背中の汗対策が出来るのはバックパック

メッセンジャーバッグにせよバックパックにせよ自転車でバッグを背負う際に一番大きな問題となるのは背中とバッグが密着した部分の汗です。

メッセンジャーバッグよりもリュックの方が密着度が高くて、暑くなってもバッグをズラすなどが出来ないため、どちらかと言えばメッセンジャーバッグの方が背中の汗問題はマシとも言えるでしょう。

しかし汗対策グッズはメッセンジャーバッグよりもリュックサックの方が充実しています。
代表的な対策グッズとしては汗とおる君やドイターのレースエアーです。

汗とおる君はバックパックに後付けするアイテムで網状のパッドをバックパックと背中の間にセットすることで密着するのを防ぐことができます。

ドイターのレースエアーは最初から汗とおる君のようなシステムが備わったバックパックです。

実際に使用している人の評価も高く、僕自身も使用していますがかなり快適です。

汗とおる君 デイパックに取り付けて背中の蒸れを防ぐ
汗とおる君 デイパックに取り付けて背中の蒸れを防ぐ
  • メーカー : こんなん堂
  • 価格 : ¥ 2,350
  • 特徴 : ◆汗とおる君 デイパックに取り付けると背中を風が通り抜けて蒸れを防ぐグッズです。 デイパックを気持ちよく背負えます。, サイズ:横24cm×高さ43cm×厚1.8cm 2枚パネルの間隔1.5cm ※バッグは商品に含まれません。, カラー:トワイライトグレー ・材質 (本体) ポリプロピレン 95g, ◆使用団体  ・函館岳友会/二本松健康歩く会/藤代歩々えみ会/上越歩く会/富岡歩こう会/朝日新聞山の会/太田ハイキング/上尾ハイキング/静岡越百ハイキング/大東市山岳連盟/北丹沢山岳センター/, 奈良県歩け協会/つるが山楽会/鳴門岳友会/小豆島山の会/東松山スリーデーマーチ/新城探検隊/やまびこ合唱団・・・  自転車 サイクリング時に利用される方も多いです。

メッセンジャーバッグが適した場面や用途

オシャレ自転車に乗るならメッセンジャーバッグ

シングルギアのオシャレ自転車に乗るならメッセンジャーバッグが良く似合います。

バックパックはスポーツ用途を意識したようなデザインが多くオシャレなものが少ない印象です。特に自転車用のバックパックはドイターのバックパック代表されるようにツートーンのスニーカーのようなデザインであまりオシャレとは言えません。

DEUTER(ドイター) Race EXP Air (レースEXPエアー) ブラック バックパック 14L (3207318-7000)
DEUTER(ドイター) Race EXP Air (レースEXPエアー) ブラック バックパック 14L (3207318-7000)
  • メーカー : DEUTER(ドイター)
  • 価格 : ¥ 12,960
  • 特徴 : 容量:14 + 3L■重量:890g■サイズ:H46 × W26 × D18cm, 素材:Deuter クロスヘックス100D/ マクロライト210D■カラー:ブラック(7000), エアコンフォート システム■エクスパンダブル■外部ポケット■チェストストラップ, レインカバー内蔵■ストレッチコンパートメント■ヘルメットホルダー, ハイドレーションシステム3.0L装着可能■オーガナイザーポケット

なのでピチピチのサイクルウェアとの愛称は良いのですが、ジーンズや短パンなどのカジュアルな服装とは相性が悪いのです。

メッセンジャーバッグはデザインも様々でChromeなどの人気メーカーなどもあり、選択肢が広いです。

元々ストリート系のファッションの一部のようなアイテムなのでカジュアルな服装にも合わせやすくて自転車に乗っていない時に背負っていても違和感もありません。

メッセンジャーバッグと言えば

CHROME(クローム)
TIMBUK2(ティンバックツー)
MISSIONWORKSHOP(ミッションワークショップ)

あたりが有名です

[クローム] CHROME MINI METRO RT SHLDR BG004ALLBNANA ALL BLACK (オールブラック)
クローム CHROME MINI METRO RT SHLDR BG004ALLBNANA ALL BLACK (オールブラック)
  • CHROME(クローム)
  • 参考価格 : ¥ 17,280
  • 商品ランキング : 388,219 位

荷物を見つけやすく取り出しやすいのはメッセンジャーバッグ

バックパックよりもにメッセンジャーバッグの方が荷物の出し入れがしやすいと思います。

メッセンジャーバッグは横に長いのでバッグの中に入れておいたものを取り出したり見つけたりしやすいのです。バッグの中にかなり物を入れても目当てのものをすぐに見つけられるという利点があります。

メッセンジャーバッグとバックパックの違いのまとめ

メッセンジャーバッグとバックパックの違いのまとめ

僕がクロスバイクに乗り始めた当初は自転車用バッグ=メッセンジャーバッグというイメージがあったことや街乗りメインでカジュアルに乗りたいと思っていたこともあり自転車用のバッグとしてメッセンジャーバッグを購入しました。

しかし、ある程度の距離を乗る際には方掛けタイプのメッセンジャーバッグよりもバックパックの方が快適だということに気が付いてからは自転車に乗る際のバッグはもっぱらバックパックをを使用しするようになりました。

ただメッセンジャーバッグは機能的に優れていると感じる部分が多いのでちょっとしたお出かけの時には使用したりもしますし、結局のところは自転車で使用するバッグは好みや用途によって使い分けるのが一番なのだと思います。

ちなみにバッグの容量に関しては20リットル前後のものがコンパクトで良いのですがスペースにあまり余裕がなく荷物の扱いに悩むことが多くなります。30リットル前後容量があれば身の回りのものや着替えを入れてもまだ余裕ああるのでかなり使いやすいサイズになると思います。

以上、メッセンジャーバッグとバッグパックの用途の違いについてでした。

MISSIONWORKSHOP(ミッションワークショップ) The Rummy Black Silver Buckle
MISSIONWORKSHOP(ミッションワークショップ) The Rummy Black Silver Buckle
  • メーカー : MISSIONWORKSHOP(ミッションワークショップ)
  • 特徴 : Shed、Rummy、Montyのメッセンジャーバッグのラインナップの中で、中間の大きさがこのRummy。しっかりと作りこまれたアメリカ製です。ショルダー取り外し可能だから左右どちらの肩でも使える便利なメッセンジャーバッグ!フラップをロールトップすることも可能!, ・防水性の高い構造 ・全天候型のメインコンパートメント ・クイックにアクセス可能なポケット ・内側にジッパー式ポケット ・両肩で装着可能なリバーシブルショルダーストラップ ・耐水性ウレタンコーティング済み, 素材:コーデュラナイロン, サイズ:約46cmx約28cmx約14cm

クロスバイクやロードバイク用バッグの選び方と僕が使っているバッグの紹介

-バッグ・財布, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.