クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

フォーク 自転車メンテ・改造

クロスバイクのフォークをカーボンフォークに交換する手順と方法4 クラウンレースの圧入

更新日:

クロスバイクのフォークを交換する手順4はクラウンレース(下玉押し)の圧入です。

元のフォークコラムから取り外したクラウンレースを新しいフォークに圧入します。フォーク交換の改造カスタマイズの作業の中では恐らく最も難易度が高いのがこのクラウンレースの圧入の工程になると思います。

以下、クラウンレースの圧入方法と注意点などについてまとめています。

新しいフォークにクラウンレース(下玉押し)を圧入する

新しいフォークにクラウンレースを圧入する

クラウンレースの圧入に必要な道具

● クラウンレース(下玉押し)
クラウンレースインストーラー

クラウンレースの圧入

クラウンレースの圧入は元のフォークコラムから取り外したクラウンレースを新しいフォークのコラムに元と同じように根本まで圧入する作業です。

クラウンレースを圧入するにはクラウンレースインストーラーと呼ばれる専用工具を使用することになります。

専用工具とDIY工具について

塩ビパイプでクラウンレースの圧入

クラウンレースインストーラーと呼ばれる専用工具は、単純に言えば鉄パイプなので、サイズさえ合えば他のモノでも代用できます。そのため塩ビパイプを代用して作業を行う人が多いようです。

そんなわけで、僕自身も塩ビパイプをホームセンターで50cmほどの長さにカットしてもらったものを購入して作業に取り掛かりました。

GIANT社のクロスバイクのESCAPEシリーズのコラム径は、その他のクロスバイクなどと同じ28.6mm(1-1/8インチ)なので、使用する塩ビパイプの内径が約30mmのものを使用するとクラウンレースの内径とほぼ同じになり圧入工具の代用として使用できます。PV-30と呼ばれるサイズが該当するサイズです。

しかしながら、確実に作業するには、やはり専用工具を使用した方が良いと個人的には思います。

DIY工具

● 塩ビパイプ(PV-30)
● ハンマー

クラウンレースの圧入作業

クラウンレースの圧入作業

クラウンレースを通したフォークコラムに塩ビパイプを被せます。クラウンレースには予めグリスを塗っておきましょう。

クラウンレースの圧入作業

クラウンレースと塩ビパイプのサイズが見事にピッタリです。後はパイプの上からハンマーで叩けばクラウンレースが圧入されます。

無事圧入されれば作業はそれで終了となりますが、当然ながら簡単に圧入できるようであれば誰も苦労しないわけで、僕自身も作業の途中で投げ出してしまいたくなるくらいの大きな難関となりました。

圧入方法

圧入方法

参考までにどのように圧入をしようとしていたかを書くと、フォークは手持ちの状態でゴムハンマーで叩いていました。人によってはフォークを逆さに持って塩ビパプごと地面に叩き落として圧入したりするようです。

クラウンレースの圧入作業で問題となったこと

音の問題

クラウンレースの圧入作業で最初の問題になったのはです。ハンマーでパイプを思い切り叩いて圧入するわけですからそれなりの音が出ます。

田舎の一軒家であれば恐らく問題にならないと思いますが、僕のように集合住宅で作業をしようとした場合、たとえ日中であっても問題になりそうなくらい大きな音が出ます。

夜中に作業をした際に、数回叩いて「この音はマズイ」と判断して、大きな公園までフォークとハンマーを持って出かけて作業を行いました。

深夜の人気のない公園で自転車のパーツを持ってカコーン!カコーン!カン!カン!カン!と大きな音を響き渡らせる中年男性は不審者以外の何者でもなかったと思いますが、とにもかくにもそうするしか方法は無いと思われたので、必死になって叩きました。それでもなお、響き渡る音を気にしながらの作業となりました。

結局それでも圧入できなかったので、最終的には日中に自宅室内で圧入作業を行いましたが音に関してはかなり気を遣うことになると思います。

圧入出来ない問題

最も大きな問題が簡単には圧入出来ないということ。いくら頑張って叩いてもクラウンレースが圧入できないので、作業を投げ出してしまおうかと思ったほどでした。

工夫に工夫を重ねてなんとか最終的には圧入することが出来ましたが、かなり大変な思いをしました。

圧入できなかった原因としては以下のようなことが考えられます。

道具選定間違いが原因

クラウンレースをなかなか圧入できなかった理由として塩ビパイプとゴムハンマーという選択がそもそもの間違いだったと思われます。

というのも、ゴムハンマーでは衝撃がマイルドになってしまうので圧入するには不向きだということです。鋭い衝撃を与えられる鉄ハンマーを使用するべきだったと思います。

次に衝撃を均等にクラウンレースに伝えられなかった点が挙げられます。なるべく均等に衝撃を伝えたいと考えてパイプ全体を叩けるようにハンマーヘッドの大きいゴムハンマーを選択したのですが、やはり均等に衝撃を伝えるのは難しく、叩いてもクラウンレースが斜めになってしまうという問題がありました。

クラウンレースインストーラーの打点

この点、専用工具のクラウンレースインストーラーの打点は円錐状になっているので打点が小さくなり均等に圧力がかけられるようになっています。

そして肝心の塩ビパイプですが、叩いている最中に割れてしまいました。上記のように圧力が均等にかけられないまま叩いたことが原因かと思いますが、割れてしまっては使い物にならないので塩ビパイプで作業する場合にはテープなどでグルグルと巻いて補強などをしてからの方が良さそうです。

そんなことからも、最初からクラウンレースインストーラーを使用しておけば、もっとすんなり作業できたのではないかと思います。

クラウンレースの圧入の難易度には差がある

参考としてクラウンレースの圧入の難易度はケースバイケースで、いろいろな作業例を調べてみてもかなり差があるようです。

僕のように苦労する人が多いのは確かですが、あっさりと圧入できる場合もあるようです。

簡単に圧入できるのが標準レベルだと考えれば、塩ビパプとハンマーでも問題がないかも知れませんが、それでも数千円をケチって不必要な苦労をするくらいであれば、最初から専用工具を購入するのが良いと思います。

ネット上にある改造カスタマイズ情報は僕も非常に参考にさせてもらって実作業でも助けられることは多いですが、DIY系の工具での作業については専用工具を使用した方が良かったと思うことの方が圧倒的に多いですね。

クラウンレースが圧入出来ない場合の対処法

クラウンレースがなかなか圧入できない場合は下記のような方法をとると圧入しやすくなる場合があります。

熱膨張を利用する

熱膨張を利用する

物は熱くなると熱膨張で大きくなる性質を利用して圧入しやすくする方法です。クラウンレースを熱湯にしばらく浸けてアチアチの状態にしてから作業すると熱膨張で輪が広がるため圧入しやすくなるというわけです。

僕も試してみましたが、うまくできませんでした。

専用工具を使用する

クラウンレースインストーラーは滅多に使用することのない道具なので購入するのは勿体無いと考えて、ホームセンターで買い集めたDIY工具を使用する人が多いわけですが、作業の効率や正確さを考えれば専用工具を買ってしまった方が絶対に良いと思います。

クラウンレースインストーラーは一見ただの鉄パイプですが、ハンマーで叩く打面が円錐状になっていて、衝撃が均等にクラウンレースに伝わるようになっているので斜めに圧入されてしまうなどの失敗を防ぐこともできます。

割入りクラウンレースを使用する

割入クラウンレースを使用する

クラウンレースは通常は継ぎ目のないリング状ですが、一部が切断されて割りが入ったクラウンレースもあります。割りが入っているために圧入作業が非常に簡単に行なえます。

一般的にはあまり強い圧力をかけられないフルカーボンフォークなどで使用されることが多いものと思います。

もちろん使用するヘッドパーツのクラウンレースと同じサイズでないと使用することができません。GIANT社のクロスバイクのクラウンレースだと1-1/8"サイズのものであれば使用できると思われますが、サイズ以外にも角度の問題もあるので、全てに適合するわけではなさそうです。

一番手軽で簡単そうですが、あまり実践している人がいないというのは、きっと適合しないなどの問題があるからだと思われます。

お店に持ち込む

お店に持ち込むのが最も確実な方法になると思います。プロショップによっては持ち込みを嫌がられることもあるかと思いますが、大手自転車店であるサイクルあさひなどは持ち込みやすいのではないかと思います。実際に調べたところ、圧入作業だけをお願いしている人もチラホラ見かけました。

お店にお願いしても工賃もそれほど高くはないようなので、どうしても駄目だという時にはお任せするのが良いでしょう。

僕が成功したクラウンレース圧入方法

クラウンレース圧入方法

クラウンレースの圧入方法として王道と思われる塩ビパイプとゴムハンマーで挑んだ結果、全く圧入できなかったので、他の方法を試みるしかありませんでした。

いろいろ検討した結果、使用していないステムを使って金槌で叩く方法で圧入しました。ステムはコラムのサイズにピッタリなのでパイプ代わりに使用できるというわけです。実際にこの方法を実践している人もいたのでそれを参考にダメ元でチャレンジしてみました。

コラムに通したステムの上から金槌でカチンカチンと叩き込むという方法を取りました。

乱暴な方法のように思えましたが、金属パーツと金槌を使用したおかげで鋭い衝撃を与えることができ、一叩きごとにクラウンレースが少しずつ圧入されて数分でクラウンレースの圧入作業が完了しました。

結果として無事に圧入作業は出来ましたが、誰かに推奨できるかと言われれば、あまり推奨できない方法だと思います。

ちなみにフォークは地面に置いたりせず、片手にフォークを持って宙に浮かせた状態で叩き込みました。

そんなこともあって、やはり最初から専用工具で作業をしておけば何のトラブルもなくすんなりと圧入できていたと思われ、素直に専用工具を購入しておけば良かったと改めて思うわけです。

クラウンレースの圧入作業についてのまとめ

クラウンレースの圧入作業について

フォーク交換作業の中で最難関と思われるクラウンレースの圧入でしたが、予想通りの大苦戦でした。

戦犯は専用工具を使用しなかったことの一点に尽きると思います。

パーツ的にはフォークとクラウンレースだけなので、自転車屋さんにも持ち込みやすいということもあり、ダメ元で大胆な叩き込みが出来たわけですが、半分諦めかけていたのも事実です。

自転車のパーツは圧入が必要な作業がいくつかありますが、素人作業で充分な作業場所が確保できないような状況では圧入作業はできるだけやりたくない作業ですね。経験としては非常に貴重で重要なものだとは思いますが、素直に自転車屋さんにお願いするのが良いなと改めて思いました。

ちなみに作業途中でクラウンレースを曲げてしまった場合などは新しいクラウンレースを入手する必要があります。GIANT社のクロスバイクの場合、GIANTストアにお願いするとスモールパーツとして取り寄せができるようです。

何はともあれクラウンレースの圧入が終わったので、精神的にはかなり楽になりました。これでフォーク交換作業の工程的には折り返し地点となりますが、気分的にはほぼ終わったような感じがします。

関連記事

クロスバイクのフォークをカーボンフォークに交換する手順と方法3 ヘッドパーツの取り外し
クロスバイクのフォークをカーボンフォークに交換する手順と方法5 スターファングルナットの圧入

クロスバイクのフォークの交換についての記事は下記のページでまとめてありますので興味のある方は参考にしてみてください。

-フォーク, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.