クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

フォーク 自転車メンテ・改造

クロスバイクのフォークをカーボンフォークに交換する手順と方法5 コラムのカットとスターファングルナットの圧入

更新日:

クロスバイクのフォークを交換する手順5は新しく購入したフォークのコラムにスターファングルナットを圧入します。

スターファングルナットとは

圧入されたスターファングルナット

スターファングルナットはフォークコラムの内側に圧入されている星型のパーツです。

ヘッドキャップのボルトと連結してフォークを引き上げることで、ヘッドチューブとフォークを圧着させてフォークとフレームを固定させる役割がある必須パーツです。

新しいフォークには新しいスターファングルナットを圧入する必要がある

フォークコラムの長さはポジションやフレームによっても変わってくるので、それぞれで調整する必要があります。そのため新しくフォークを購入した場合などにはスターファングルナットは圧入されていません。

そのため、お店に作業をお願いしない場合は自分自身でスターファングルナットを圧入する必要があります。

コラムをカットする際にもスターファングルナットは位置調整が必要

コラムをカットする際にもスターファングルナットは位置調整が必要

関連事項として、クロスバイクやロードバイクに乗っていると、ポジション調整のためハンドルの高さを下げることがあります。

ハンドルの位置を低く調整するために、ステムの位置を下げると、ステムの上にコラムが飛び出した状態になってしまいます。そのままでは不格好なので普通はフォークコラムはカットすることになるのですが、ここで気を付けておかなければいけないのがスターファングルナットの位置です。

スターファングルナットは、コラム上辺から15mmほど下がった場所が定位置になるため、フォークコラムをカットする分だけスターファングルナットを下に移動させないといけないのです。例えばフォークコラムを2cmカットしたなら、スターファングルナットの位置も2cm下げないと機能しなくなってしまうのです。

スターファングルナットの圧入に使用する道具

スターファングルナットを圧入するには専用工具を使用します。
「スターファングルナット圧入工具」や「アンカーナットセッター」などと呼ばれる工具です。

スターファングルナットの圧入作業でも専用工具を使わずにホームセンターなどで長ネジやワッシャーなどを購入して代用するDIY工具を使用した方法があります。インターネットで見つかるスターファングルナットの圧入方法のほとんどはこのDIY工具を使用した方法が紹介されています。

実際問題で僕自身もDIY工具を使用した方法で圧入をしたことがあります。下記の記事はその様子をまとめたものになります。

参考 → 長ネジを使ったコラムカットの方法

しかし個人的にはDIY工具を使用するよりも、専用工具を使用することを推奨します

というのも、DIY工具はフォークの叉から長ネジを差し込んでスターファングルナットを引き下げる方法で作業をするわけですが、DIY工具では慎重に作業をおこなわないとスターファングルナットを引き下げ過ぎるという失敗を犯してしまう可能性があります。スターファングルナットは引き下げ過ぎると元に戻せないので間違うとフォーク自体が駄目になってしまうため、作業にはかなり神経を遣うことになります。

その点、専用工具のスターファングルナット圧入工具を使用すれば、ストッパーがあるため必要以上に圧入されないような仕組みになっているので安心して作業ができるのです。

スターファングルナットの圧入作業

準備するもの

スターファングルナット
スターファングルナット圧入工具
ハンマー
パイプカッター
金ヤスリ

スターファングルナット

スターファングルナット自体は数百円で購入できます。
注意点としてはコラムに合ったサイズのスターファングルナットを使用する必要があります。GIANT社のESCAPEシリーズなど多くのクロスバイクの場合は1 1/8"サイズのものを選択すれば間違いはないと思います。

手順1 コラムをカットする

コラムをカットする

スターファングルナットを圧入する位置はコラムの上辺から約1.5mm程度の場所なので、圧入作業はコラムの長さを調整した後になります。

最初は余裕を持った長さでカットする

コラムの長さはフレームのヘッドチューブの長さで変わるので、フレームが同じであれば基本的には元々使用していたフォークのコラムの長さに揃えれば良いと思います。

しかしその場合でも実際に組み付けてステムやスペーサーなどを取り付けた状態で確認した方が良いでしょう。短くカットし過ぎると元には戻せないため、まずは少し余裕を持たせた長さでカットするのが良いと思います

コラムをカットする道具や方法はコラムの材質によって変わります。
アルミコラムの場合はハンドルをカットする際に使用するようなパイプカッターでカットできます。カーボンコラムの場合はパイプカッターは使用できないのでソーガイドと金鋸を使用してカットすることになります。

アルミコラムにしろカーボンコラムにしろ無理のない程度に圧力を掛けつつ根気よく作業すれば5〜10分程度でカットできるものと思います。

ちなみに削りカスはそれなりに出ますし、有害物質と思われるのでマスクや保護メガネをして作業することをお勧めします。

アルミコラムをカットする道具
カーボンコラムをカットする道具

フレームにフォークをセットして微調整

コラムをカットできたら、一旦ヘッドチューブにコラムを通してステムやスペーサーなど必要なパーツを取り付けた状態で長さの確認をします。この時点で正確にカットする長さを確認してから、必要に応じてコラムを再度カットします。

コラムの長さの目安としては、少なくともステムの上に5mmのスペーサーが入れられるくらいの余裕を持たせた方が良いでしょう。1.5cmくらいコラムが長くてもそれほど見苦しくはならない範囲だと思うので、後々ステムを交換する予定がある場合などはステムの種類によってもサイズが異なるので多少は余裕のある長さにしておくとステムを変更した時にも安心かと思います。

ヤスリがけでバリ取り

カットしたコラムはバリを撮るためにヤスリがけ

カットしたコラムはバリを取るためにヤスリがけしてください。
カーボンコラムの場合は繊維のホツレを防ぐために瞬間接着剤で切断部分をコーティングするのが定番です。

スターファングルナット圧入工具でスターファングルナットを圧入

スターファングルナット圧入工具でスターファングルナットを圧入

スターファングルナット圧入工具を使用すれば、特に難しいことを考えなくてもハンマーでひたすら叩き込めばスターファングルナットを圧入することができます。

圧入と言うくらいですから、それなりに思い切りが必要ですし、すぐに入らないなどの苦戦を強いられることもあるかと思うので、最後まで集中力を切らさずに慎重に作業をおこなってください。ちなみにカーボンコラムの場合はコラムが割れてしまう可能性があるのでスターファングルナットは圧入できません。

一般的にアルミコラムにはスターファングルナットを圧入した方法になるので、スターファングルナットを基本に解説をしてみましたが、実はスターファングルナットを使用しなくても良い方法もあります。

スターファングルナットを圧入しないプレッシャーアンカーを使用する方法

スターファングルナットを圧入しない方法

コラム内にスターファングルナットを圧入しない方法としてプレッシャーアンカーと呼ばれるパーツを使用する方法があります。

プレッシャーアンカーとは

プレッシャーアンカー

プレッシャーアンカーは一般的にはスターファングルナットの圧入ができないカーボンコラムなどで使用するものですがアルミコラムのフォークにも使用できます。

プレッシャーアンカーとは

プレッシャーアンカーはいくつかの小さな金具が一体になったパーツで、センター部分のボルトを締めると金具が広がりコラムの内側に圧着するというもので、スターファングルナットが使い捨てなのに対して、スターファングルナットは何度でも使用できるものになります。

価格はスターファングルナットと比べるといくらか高くなりますが、作業も簡単ですし、専用工具も必要ないので、諸々工具まで買い揃えることを考えればプレッシャーアンカーで作業する方が断然おすすめです。

ちなみに僕が購入したのはフロアポンプのヘッドパーツで抜群の評価を得ているKUWAHARA HIRAMEが製造しているプレッシャーアンカーになります。精度も高く丁寧に作られたパーツなので安心して使用できると思います。

なので実際には僕がこの工程で行った作業はコラムのカットまでとなります。

関連記事

← クロスバイクのフォークをカーボンフォークに交換する手順と方法4 クラウンレースの圧入

クロスバイクのフォークをカーボンフォークに交換する手順と方法6 ブレーキ調整他

クロスバイクのフォークの交換についての記事は下記のページでまとめてありますので興味のある方は参考にしてみてください。

-フォーク, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2020 All Rights Reserved.