*

自転車の盗難を補償する保険まとめ

公開日: 保険, 自転車全般

自転車盗難を補償する保険

スポーツバイクに限らず自転車に付きまとう問題の1つが盗難ですが、自転車の盗難保険は僕がクロスバイクを購入した当初はほとんど無かったと思います。

実際問題でシティサイクルなどは数万円の範囲で買えるものですから、盗難されてしまえば、新しい自転車を買った方が手っ取り早いというところがありますから、盗難されても補償を考えることなどほとんどなかったのが理由かと思います。

しかしロードバイク等のスポーツバイクでは数十万円するものも珍しく無く、ブームとともに自転車の盗難に対応する保険なども増えて来ているようです。

基本的にはメーカーや自転車店などが自主的に提供している保険がほとんどではありますが、一般的な保険会社も自動車やバイクなどと同じように盗難補償を備えた保険を始めるような動きが感じられる今日この頃です。

というわけけで、自転車の盗難保険についてまとめてみました。

sponsored link

保険会社の自転車盗難保険

保険会社の自転車盗難保険

BICYCLE保険

日本少額短期保険株式会社が販売する自転車保険で、その名もズバリなBICYCLE保険

ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどのスポーツバイクに特化した保険で、自転車事故による自転車の破損(全損、半損)、自転車本体の他、他のサービスでは補償されることがないサイクルコンピューターやパーツの盗難などにも対する保険です。

保険金額は補償する自転車の金額等によって変わるようですが総額30万円程度の自転車であれば年額で10,000円程度。高額な自転車ほど加入しておいて損は無い保険かもしれません。

ちゃりぽ

ジャパン少額短期保険株式会社が販売する自転車保険で、購入後一ヶ月以内の自転車が加入出来る自転車盗難保険です。

自転車本体以外にフレームとホイールの盗難にも対応してくれています。

1年か2年の補償期間があり、保険料は自転車購入価格の約7%ということで、なかなか絶妙な保険料かと思います。

ちゃりぽ

自転車メーカーの自転車盗難保険

YAMAHA 製品保証登録(兼盗難保険登録)

YAMAHA(ヤマハ) 2016年モデル YPJ-R フレームサイズ:M(500mm) カラー:ブラック/グレー

YAMAHAはヤマハ電動アシスト自転車PASに対して購入から3年間の盗難補償を付けています。

YAMAHAと言えばニュースポーツモビリティとして登場させたスポーツバイクと電動アシストを融合させたシリーズがあるわけですが、これらもPASの一員ののようで保険が適用されるようです。

補償内容は2年目までは本体価格の30%、3年目は本体価格の50%を負担すれば同型車の新車が再購入できるというもの。

対象の条件としては購入後七日以内に製品保証登録(兼盗難保険)での登録と保証書が必要のようです。

盗難保険について|YAMAHA

Panasonic 盗難補償

Panasonic(パナソニック) ビビ・TX BAA適合車 BE-ELTX63T2 カッパーメタリック

購入から1年以内の盗難に対して適用される補償で希望小売価格の60%で再購入できるというもの。

ガチガチロック・ツインロックシリーズや電動アシスト自転車などの場合は少し補償内容が異なり、補償期間は3年間となり、電動自転車は希望小売価格の30%とその組立手数料4,000円、ガチガチロック・ツインロックシリーズは2,778円(税抜)で再購入できるようです。

盗難補償について|Panasonic

ブリヂストン 自転車盗難補償

BRIDGESTONE(ブリヂストン) アシスタベーシック A6B16 F.Xカラメルブラウン

ブリヂストンの場合は自転車盗難補償に加入すると3年補償か1年補償のいずれかが適用されるようになります。補償期間は車種によって異なるようで、いずれも加入料金は無料。※購入から20日以内の加入が必要。

補償内容は、3年補償の場合は自転車で3,000円、電動アシスト自転車は標準現金価格の30%、1年補償の場合は標準現金販売価格の60%と組立てて手数料で再購入できるというもの。

各種補償制度、防犯登録|ブリヂストン

MIYATA 盗難補償

ミヤタ(MIYATA) カリフォルニア スカイ-R ACSR526 クロスバイク700C ハーフマットブラック(OK26) 1032

クロモリのスポーツバイクなどで知られるミヤタサイクルでも購入から3年間の盗難補償を提供しています。

補償対処車種はシティサイクルの一部や施錠中の盗難限られるようですが、灯難された場合は丸々補償するサービスのようです。

サイクルショップの自転車保険

サイクルショップの自転車保険

サイクルベースあさひ サイクルメイト

自転車販売大手のサイクルベースあさひが提供する自転車総合保証サービス「サイクルメイト」に購入から3年間の自転車盗難補償が含まれています。

20万円以上の自転車には適用されないようですが、1年目は本体価格の20%、 2年目以降は本体価格の40%の金額で再購入できるとのこと。(※電動アシスト自転車はメーカー希望小売価格の20%)

自転車のあさひ

Y’sロード 盗難補償

スポーツバイク専門店大手のY’sロードでも盗難補償を提供していて加入日より2年間の補償をしています。適用は新車のみなので、実質購入日が加入日になるかと思います。

報償料金などは自転車の購入価格によって変動するようですが、保険料によって50%と100%の補償があり、スポーツバイク専門店ならではの、ツボを抑えた補償内容だと思います。

盗難補償|Y’sRoad

その他

サイクルベースあさひやY’sロード等の大手でなく、小さなショップ等でもサービスの一環として盗難補償を行なっているショップもいくつか見つかりました。

無施錠の自転車には補償が適用されない

無施錠の自転車には補償が適用されない

自転車の盗難補償に関しての条件としては、防犯登録に登録している、24時間以上放置しない、施錠などが条件になっている場合がほとんどで、無施錠の場合は補償されないというのは全てにおいて共通していました。

無施錠だと簡単に盗まれますし、そんなものを補償していては成り立たないですからね。盗難対策として施錠はやはり大切だということでもあると思います。

自宅室内や自宅駐輪場で盗難された場合

自宅室内や自宅駐輪場で盗難された場合

盲点になりやすいのが自転車は家財として取り扱われる点で、例えば空き巣に入られて、室内保管しているロードバイクなどを盗まれた場合、盗難補償が付帯している火災保険などに加入していると、補償されることがあるようです。

また、屋根付きというのが1つの条件にはなるようですが、住宅外の駐輪場などで盗難された場合にも補償が適用されることがあるようです。

僕自身、そのあたり全く知らず、クロスバイクのESCAPE Airを購入した当初に屋外保管をすると決めた当初は盗難を気にして不安で不安で仕方が無かったのですが、保険が適用されることを知っていればもう少し楽な気持ちで屋外保管に踏み切れていたかもしれません。

自転車の盗難補償まとめ

自転車の盗難補償まとめ

一般的な自転車保険は傷害保険と個人責任賠償保険で賄える部分が多いので、傷害保険や火災保険あるいは自動車保険に加入していれば無理に加入する必要はないケースも多いと思いますが、自転車盗難に関してはちょっと考えてみても良いかなと思うこともあったりします。

まぁ僕自身が乗っているのはクロスバイクのESCAPE Airなので、保険を掛けるほどの車体価格ではないですが、将来的にロードバイクを購入してそれがハイエンドなモデルだったりすると50万円クラスにはなるでしょうから、年間数万円の保険くらいだったら掛けておくかな・・・と考えるかもしれません。

自転車の保険自体が自動車やバイクと比べるとまだまだ少ない感じはしますが、盗難に関する補償などは需要があるところだと思いますし、この一年でも自転車保険は大きく変わった印象なので、今後は盗難に関する補償のある保険も増えて来るのを期待したいところです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑