Amazon セール

フォーク 自転車メンテナンス・カスタム

カーボンフォークに交換するメリットと効果|ロードバイク・クロスバイク

更新日:

クロスバイクやロードバイクのフロントフォークをカーボンフォークに交換した場合のメリットや得られる効果についてまとめています。

フロントフォークをカーボンフォークに交換するメリット

フロントフォークをカーボンフォークに交換するメリッ

クロスバイクやロードバイクのフォークをカーボンフォークへ交換すると下記のような効果やメリットが得られると言われています。

カーボンフォークで軽量化できる

一般的なクロスバイクに使用されているフォークはアルミやクロモリ製です。メーカーにもよりますが重量は1kg程度あるのが普通で、自転車全体のパーツ単体で考えると、クランクと並んで重たいパーツになります。

一方で、フルカーボン製のフォークになると500〜600g前後が平均的な重さになるので、カーボンフォークに交換することで500g程度の軽量化ができます。

軽量化は行き着くとボルト一本一本をチタンボルトに交換するなどのグラム単位の軽量化をするようになりますが、1グラム軽量化するのに対して数千円の費用が必要になることもあります。それを考えればカーボンフォークへの交換は非常にコストパフォーマンスが高い軽量化ができることになります。

カーボンフォークで振動が軽減される

クロスバイクやロードバイクに乗っているとアスファルトの路面の微細な凸凹が振動としてタイヤからハンドルに伝わってくるのが分かります。

細かな振動ですが、長時間自転車に乗っていると疲労度や乗り心地にも影響してくるのであなどれない問題です。

この振動はアルミパーツの場合はビビビッというエッジの効いた振動なのですが、カーボンパーツを使うとボボボッという感じで丸みを帯びた柔らかな振動に変わります

例えばカーボンフレームの自転車に乗ると「水面の上を走っているような感じ」と例えられたりしますが。それだけフレームの素材の違いによる乗り心地の違いは大きくなります。

フレームほどではありませんが、ハンドルやフォークなどでもカーボン製のパーツに変更するとアルミパーツとの違いはすぐに気づけるはずです。

僕のクロスバイクはフラットバーハンドルをアルミ製からカーボン製に交換していますが、カーボンパーツに交換したことで、独特の柔らかな振動に変わり快適な乗り心地になりました。

小さなパーツであるハンドルですら大きな変化を感じるわけですから、ハンドルよりも大きく、タイヤからの振動を直接受けるパーツでもあるフォークがカーボン製になれば、地面からの振動はかなり消されて乗り心地の改善が期待できると思われます。

カーボンフォークで見た目の変化が得られる

黒い車体の自転車の場合はあまり変化は得られないと思いますが、白や赤など明るい色のフレームの場合はカーボンフォークにすることで大きな見た目の変化が偉得られます。

一般的にアルミ製のフォークの場合は、フレームの色と同じ色のフォークが選択されるのですが、カーボンフォークはカーボン柄を活かすために黒いフォークになることが殆どです。

結果、カーボン製のフォークに交換すると、黒いストッキングを履いたような特徴的な見た目に変わり、ひと目でカーボンフォークということが判り、特別感が出るのもまたカーボン製のフォークの魅力だと思います。

クロスバイクをカーボンフォークへ交換する際の問題点

クロスバイクをカーボンフォークへ換装する際の問題点

アルミフォークからカーボンフォークへ交換する場合は、基本的にはメリットしかないので、予算の都合さえつけば、すぐにでもカーボンフォーク化をしたいところですが、クロスバイクをカーボンフォーク化する際にはいくつかの問題をクリアする必要があります。

カーボンフォークの殆どがVブレーキに非対応

クロスバイクで使用されているブレーキはVブレーキが主流ですが、カーボンフォークの場合、Vブレーキが取り付けられるカーボンフォークがほとんど無いというのが現状です。(MTB用は除く)

一般的なカーボンフォークのブレーキ台座のほとんどが、ロードバイクなどで主流のキャリパーブレーキ用になっていて、クロスバイクに採用されているVブレーキは取り付けられないという問題があります。

つまり、もしもクロスバイクのフォークをキャリパーブレーキ用の台座の付いたフォークに交換した場合は、Vブレーキは取り付けられないので、ブレーキもVブレーキからキャリパーブレーキに交換する必要があります。

キャリパーブレーキ用のフォークの問題点

キャリパーブレーキ用のフロントフォークを使用すること事態は問題がありませんが、フロントのブレーキをVブレーキからキャリパーブレーキに交換する必要があります。

キャリパーブレーキはロードバイクで一般的なブレーキなので、気分的にはロードバイクに一歩近づいた感じで嬉しいのですが、問題はVブレーキが基本のクロスバイクのフレームにはキャリパーブレーキが取り付けられないのです。

つまり、リアブレーキはVブレーキのままということになります。

結果として、フロントがキャリパーブレーキ、リアはVブレーキというチグハグな構成になってしまうのです。良い言い方をすればハイブリッドですが、やはり見た目や仕様的にはあまり良くない状態です。

この問題をクリアするためにはクロスバイクのフォークを交換する際にはVブレーキ対応のフォークを探さないといけないということになるのですが、選択肢はほとんどありません。

実質OnebyESUというブランドのカーボンフォークしか候補が無い状態です。

Vブレーキ対応のカーボンフォークについては下記の記事でまとめていますので、参考にしてください。

関連記事

クロスバイクのフォークの交換についての記事は下記のページでまとめてありますので興味のある方は参考にしてみてください。

シータ

360度カメラ リコーシータ
360度写真をワンボタンで撮影できるカメラです。
いろいろな場所を記録していける素晴らしいカメラです。

自転車保険

自転車保険
自転車でも保険の加入が基本になってきています。
ロードサービスや盗難補償が付いた自転車向けの保険も有るので未加入の方は検討してみると良いでしょう。

ICAN

ICAN ホイール・フレーム クーポン

国内発送商品ならAmazonよりも直販サイトの方が安く購入できます。

Amazon

Amazon 自転車用品

Escapeショップ

Google

-フォーク, 自転車メンテナンス・カスタム

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2021 All Rights Reserved.