*

僕らがサイクリングコースを目指す理由

公開日: 感想・考察・レポート, 自転車全般

サイクリングコースを目指す理由

サイクリングコースは自転車で走る専用の道、というわけではありませんが、自転車で走ると快適に走れる道、というのは間違いないと思います。

それ故、自転車を趣味にしている人ならば、一度は走ってみたいと考えるのがサイクリングロードであり、僕自身もクロスバイクのescape airを購入する前から、いつかは走ってみたいと考えていたのがサイクリングコースなのであります。

では、サイクリングコースと一般道路とで、一体何が違うのか?何故に自転車乗りはサイクリングコースを目指すのかを、僕なりの視点で考えてみたいと思います。

サイクリングコースって何?

サイクリングコース
サイクリングコースとは「歩行者と自転車の両者が共に利用できる道路」です。

サイクリングコースという呼び名から自転車専用の道路だと思っている人も多いようですし、事実、自転車に乗る前の僕もそう思っていました。

しかし、実際は自転車に限らず、歩行者のための道路でもあり、普通にサイクリングコースでは散歩している人やジョギングしている人なども多く居ます。

スピードは出し過ぎてはいけません

自転車専用の道路だと勘違いしてしまっている自転車乗りも多いせいか、事故なども多く、特に速度については度々苦情や自転車のマナーとして問題視されることがあります。

サイクリングコースは、競技用の道でもトレーニングコースでもありません。

サイクリングコースとは、歩行者と自転車のための道で、自転車で快適に走れる道ではあるけれど、スピードは控えめに安全な範囲で走行すべき道、という認識をもつことが大切だと思います。

サイクリングコースのマナー関連については、自転車乗り、歩行者、行政など様々な立場から書かれた意見や対策がインターネットでも沢山見つかりますし、何が正しいかの判断に迷う部分もあるかと思いますが、下記の点を意識していれば大きな問題にはならないのではと思います。

サイクリングコースを走る際のマナー

・左側通行 キープレフト
・スピードは出さない(20km/h程度が目安のようです)
・譲り合いの精神

サイクリングコースって最高!と思うポイント

サイクリングコースは最高
僕の場合、日中に自転車に乗る時間は、たまの自転車通勤時くらいしかないので、サイクリングコースを走った回数もそれほど多くはないのですが、数回走った程度でも「あぁ、なるほど、だから自転車乗りはサイクリングコースを目指すのか」と納得できるサイクリングコースって最高だぜ!と思えるポイントがいくつかあるので、それを紹介してみたいと思います。

サイクリングコースは信号が少なくて快適

一般道路とサイクリングコースの大きな違いの一つに信号の数の違いがあると思います。

一般道と比べてサイクリングコースの信号の数は非常に少ないのです。

僕自身が自転車に乗る際に、最もストレスに感じているのが信号で、スピードに乗って来たタイミングで赤信号になったり、何度も連続して赤信号に引っかかったりするとイライラっとなってしまったりします。

そんなイライラがサイクリングコースを走っているとほとんどありません。長距離をストップ無しに走れるというのは、ものすごく快適で気持ちの良いことなのです。

また疲労度にも大きく影響し、ストップ&ゴーを繰り返さなくていけない街中を僕が走った場合、30kmほども走ればかなり疲れてしまうのですが、サイクリングロードの場合は、30km程度の距離は楽々走れます。

まだ僕は100km/日という距離を走ったことはありませんが、サイクリングコースで60kmほど走った時(途中パンクでトーンダウンして帰宅)は「あ、100kmって案外楽に走れてしまうのかも」と思えたほどでした。

止まらずに走り続けられるという快適さは、一般道路ではまず味わうことができません。

サイクリングコースは車が走っていなくて快適

サイクリングコースは、基本的に歩行者と自転車のための道です。つまり自動車が走っていません。それだけで後方からの嫌なプレッシャーを感じずに、のんびりマイペースで走ることができます。

走行時の緊張感も全く違うんですよね。そのあたりは長時間乗った時の疲労感にも大きく関係してくるものと思うのですが、自動車の存在を意識しなくて良い分、純粋に自転車に乗る、ということを楽しむことができるように思います。

サイクリングコースは環境を楽しめて快適

サイクリングコースに行けば、当然ですが、自転車に乗っている人に多数遭遇します。特に会話をしたり絡んだりするようなことは、余程の目立つ常連でない限りほとんど無いと思いますが、それでも、なんとなく親近感をもって走れるのです。

レースやフィットネスクラブなどにも通じるところなのかもしれませんが、目的もなく、なんとなくブラブラとサイクリングするよりも、同じ道を走る人達と一緒に走り続けるだけで、なぜかテンションやモチベーションがあがってくるのです。

このあたりの精神的な高揚感は、日頃走れないような長距離でも爽快に走れることができる一因なのだと思います。

また、河川敷などでは、自転車の他にもジョギングや、サッカー、野球などのスポーツをする人も多く、健康志向に関してものすごくポジティブな気分になれる場所でもあり、汗をかくことでとても清々しい気分になれるのです。これも通勤等では絶対に味わえない感覚です。

クロスバイクのescape airでサイクリングコースを走った感想

サイクリングコースを走る
初めてクロスバイクのescape airでサイクリングコースに行ってみた時は、バリバリのロードレーサー達が勢い良く走っているような場所を想像していたため、僕のような初心者がクロスバイクで乗り込んだりすると「チンタラ走ってるんじゃねえ!あっちイケ!邪魔だ!」などのような扱いをうけるのかな・・・などと思っていました。

しかし実際はそういったことは一切無く、むしろそういうやる気な人達の方が、逆に「わざわざこんな場所にこなくても良いんじゃない」的な扱いを受けているような感じもしてしまうのがサイクリングコースだったりします。

勿論、走るコースにもよるでしょうが、レース思考の人達の中で有名な場所でない限り、一般のサイクリングコースの場合は、のんびりサイクリングを楽しみに来ている人達がほとんどで、初心者だろうと何だろうと、堂々と走れる場所です。

それまで一般道路ばかり走っていた僕にとっては、サイクリングコースはとても快適に走れる道で、純粋に「あぁ、自転車って楽しいなぁ」と思いながら延々走り続けられるような場所でした。

また、コースには終点があり、その終点まで辿り着くという目標を持って走れるのも、目的無しで走るサイクリングとは違い、達成感を味わえて良いですし、道中の景色をのんびりと眺めながら走れ、四季を存分に感じたりするのにもサイクリングコースは最適の場所なのではないでしょうか。

そんなこんなで、一度サイクリングコースを走ってみると「自転車って快適だなぁ、楽しいなぁ」ときっと再認識するに違い有りません。

というわけで、一度は言ってみたり、あらゆるサイクリングコース巡りをしたりするのも一つの自転車の楽しみ方のカタチじゃないかなと思います。

Comment

  1. うなぽん より:

    サイクリングロード(CR)良いですね。
    僕は浜松に住んでいて、天竜川東岸のCRからしおさい竜洋まで行き、風呂と昼食をとって、帰ってきます。往復32キロ、平均時速17km、歩行者、ママチャリ、公園の家族ずれ、すれ違う時や追い抜く時は必ずあいさつ、声掛けします。後ろから抜かれることはないので、時に蛇行や手放し運転して解放感を味わっています。普通道路を70キロ走ったこともありますが、今ではCR専門です。

    • escape air より:

      サイクリングロードの70kmと普通道路の70kmでは随分違いますよね。
      挨拶は個人的に登山を思い出したりするんですが、気分良く走れる要因の一つかもしれません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑