クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

感想・考察・レポート 自転車全般 道路

自転車専用レーンを走ってみた感想を書いてみる

更新日:

自転車専用レーンを走ってみた感想

旧玉川水道道路の自転車専用レーンを走って来たのでその感想です。僕にとって初めての自転車レーンでもあります。

旧玉川水道道路

旧玉川水道道路の自転車専用レーンは、幡ヶ谷不動尊入口交差点(山手通り付近)から環七通り付近までの約2.3キロメートルの道です。

甲州街道に併行するように整備された道ですが、この区間は甲州街道も非常に走行しやすいため、日頃はもっぱら甲州街道を走ることが多く、すぐ隣に自転車レーンが備わった道路があるなんて全く知りませんでした。

車道の両脇に1メートルほどの青い自転車専用レーンが設けられています。

自転車専用レーンって何?

自転車専用レーンは正式には自転車専用通行帯と呼ばれ、自転車だけが通行できる道というわけで、自動車はもちろん、オートバイや原付バイクなども通行できない道です。

自転車は、道路標識・道路標示で指定された車両通行帯を、自動車と同じ方向に走行しなければならず、双方向通行ができる歩道と違って逆走は禁止になっています。

旧玉川水道道路の自転車専用レーン

旧玉川水道道路の自転車専用レーンについて行政の資料等などを調べてみると、山手通り付近から環七道路付近までの約2.3キロメートルの区間に整備にされた自転車専用通行帯で、この区間には約幅1メートルで青く塗られた道路があり、路肩と含めて約幅1.5メートルの自転車レーンがあります。

以前より運用されていた区間1.2キロメートルに加えて平成22年3月31日より、1.1キロメートルが延長されて、総距離約2.3キロメートルの自転車専用レーンとして運用されているとのことです。

整備以前はガードレールで車道と仕切られた歩道を、歩行者と自転車が行き交っていたそうです。

旧玉川水道道路の自転車レーンの概要(pdf)

自転車専用レーンを走ってみた感想

自転車専用レーンを走った感想

はじめての自転車専用レーン

自転車専用レーンを初めて走行しました。

東京は2020年の東京オリンピックまでの間に自転車専用レーンをどんどん延長する計画があるようなので日に日に増えているものと思われますが、実際問題でまだまだ頻繁に遭遇できるものではありません。

それでもこうしてたまたま自転車専用レーンに遭遇するようになったのもその方針のお陰かもしれません。何はともあれ「いつかは自転車レーンを走ってみたいなぁ」と常日頃思っていたので、その自転車専用レーンが突如として目の前に現れたのですから、嬉しくないはずがありません。

特に、車道を走る時は背後の自動車に常にビビりながら走る小心者の僕にとっては、自転車専用レーンは本当に心から待ち詫びた道でもあります。

自転車で堂々と走れる道は気持ちが良い

自転車が車道を走る場合、自動車やバイクなどからは邪魔者扱いされているような嫌なプレッシャーを感じながら走らなければいけません。

慣れの問題や、乗る人の性格の問題もあるとは思いますが、常に自動車の存在を意識しなければいけないため、車道を走るのを苦手に感じている人も多いのではないかと思います。

そんな人にとって嬉しいのが自転車専用レーンで、バイクや自動車に遠慮することなく、堂々と走ることができる道なのです。

その自転車レーンを走ってみた感想ですが、いやあ、これが想像以上に気持ち良かったです。

何と言いましょうか、自由を満喫している感じと言うか、特別感と言うか、とにもかくにも自動車やバイクに遠慮せずに堂々と車道を走れるというのは、想像以上に快適なものでした。

自転車専用レーンの無い道と比べると、自動車の幅寄せで冷やっとするようなことも一切無く、専用道路がこんなにも走りやすいとは・・・と驚いてしまうほど。

旧玉川水道道路の自転車専用レーンの青く塗られた部分の幅は1メートルほどで、見た目の印象としてはそれほど広くはないですが、路肩部分との境目も滑らかなので、段差を気にする必要もなく、快適に走れる道でした。

駐停車している自動車の問題もある

旧玉川水道道路の自転車専用レーンには駐停車している自動車がチラホラ存在します。

こういう場合は駐車されている自動車を避けるために自転車専用レーンからはみ出して車道を走るしかありません。たまたまなのかいつもなのかわかりませんが、旧玉川水道道路の交通量が少なかったこともあり、車道にはみ出して走ること自体にはそれほどストレスに感じたりはしまでした。

しかしながら、昼間の交通量が多い時間帯だと、危ない状況にも出会いそうですし、とにもかくにも進行方向を駐車した自動車で塞がれている感じになるので、駐停車車両があるだけで快適さは半減すると思われます。

この駐停車車両が有る限り、自転車専用レーンと言えども、サイクリングロードのような快適さの中で走ることは不可能です。現状では自転車専用レーンがあるだけでも大変有り難い状態なので、駐車問題までをどうにかして欲しいというのは贅沢な要求だとは思いますが、ゆくゆくは対策されるように期待したいところです。

自転車専用レーンを走った感想のまとめ

自転車専用レーンを走った感想のまとめ

自転車専用レーンを初めて走ってみた感想は「自転車専用レーンって走りやすいなぁ、もっと増えれば良いなぁ」というのが正直な感想です。

あまりの快適さに、もっといろいろな自転車レーンを走ってみたいと思い、他に自転車レーンが整備された道はないものかと調べてみたほどでした。

そこで判ったのですが、今回走った旧玉川水道道路の自転車レーンは、比較的評判の良い(走行しやすい)自転車専用レーンのようで、いくら自転車専用レーンという名前が付いていても、全て快適というわけではないようです。

自転車レーンにもいろいろあるわけですね。

何はともあれ東京都では現在約126キロメートル(2015年4月現)の自転車専用レーンがあり、平成32年(2020)までに、倍増される計画のようですので、その頃には今よりもずっと快適な自転車環境になっているものと思われます。

「全ての道に自転車レーンを!」というのは国土の狭い日本では難しいでしょうが、少しでも自転車を取り巻く環境が良くなれば、自転車ももっと楽しく快適になるのになぁと改めて思った次第です。

以上、自転車専用レーンを走ってみた感想でした。

自転車レーン関連リンク

自転車通行空間の整備 (東京国道事務所)
2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて「自転車推奨ルート」の整備に取り組みます

ちなみに玉川上水はもともと東京の水路だったようで歴史を調べてみるとなかなかおもしろい発見があります。

-感想・考察・レポート, 自転車全般, 道路
-,

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.