*

携帯ツール・携帯工具セットの選び方

公開日: 自転車メンテナンス・カスタマイズ, 道具・工具

携帯ツール

スポーツバイクなどに乗る際に必須の携行品と言えば、予備チューブやポンプなどのパンク対策品ですが、その他にも携行しておきたものの一つが折りたたみ式の工具セット、いわゆる携帯ツールです。

携帯ツールを持っていると、出先でのトラブルはもちろん、日頃のブレーキやディレイラーのちょっとした調整や、ボルト類の増し締めなどを、気が付いた時にチャチャッと出来るため非常に便利なため、僕にとっては自転車ライフで欠かすことのできない必須のツールでもあります。

僕が持っている携帯ツール・携帯工具セット

僕は現在TOPEAK ミニ6LとTOPEAK ヘキサス 2の二つの携帯ツールを所有しています。

同じメーカーの携帯ツールですが、実際使ってみると用途の向き不向きもありそうなので、タイプの違うこの二つの携帯ツールを紹介しつつ携帯ツールについて考えてみたいと思います。

TOPEAK ミニ 6L

携帯工具 TOPEAK
小型にこだわって装備を割り切った携帯ツールです。

六角レンチ5種類(2、3、4、5、6mm)
プラスドライバー
サイズはL66×W28×H18mm 73g。

小型で価格も安いですが、アルミボディでカッチリとした印象の携帯ツールです安っぽさはほとんど感じません。

この携帯ツールの最大の特徴は、小型にこだわって必要最低限のレンチとタイヤしか装備されていません。

工具は多い方が良いのは確かですが、あまり使用しないものまで携帯するというのも携帯品としては本末転倒な気がするわけで、思い切って必要最低限の工具に絞り込んでTOPEAK ミニ 6Lくらいに割り切った方が使い勝手は向上するように思います。

TOPEAK ミニ 6L実際問題でTOPEAK ミニ 6Lで自転車に使われている基本的なネジ・ボトル類は全てカバー出来ますから困る事もありません。ツールの数も少ないので、目的のツールを見つけるのも簡単で、スライドもカッチリとした感じでヨレがありません。

強いて言えば小型なため、トルクを掛けての増し締めはしづらい、という点くらいでしょうか。小型でも十分活躍できる、理想に近い携帯ツールのような気がしています。

TOPEAK ヘキサス 2

TOPEAK ヘキサス 2TOPEAK ミニ 6Lでも、ほぼほぼ満足だったわけですが、新しくTOPEAK ヘキサス 2という携帯ツールを購入しました。

TOPEAK ヘキサス 2TOPEAK ミニ 6LとTOPEAK ヘキサス 2の大きさ比較。
TOPEAK ミニ 6Lがかなり小さいこともあってTOPEAK ヘキサス 2が大きく見えます。

その分、装備は充実していて

六角レンチ:2、2.5、3、4(2本)、5、6、8mm
“Torx”レンチ:T25
プラスドライバー
マイナスドライバー
スポークレンチ:14G、15G
チェーンツール(シマノHG、UG、IG対応)
チェーンフック
エンジニアリングプラスチックタイヤレバー(2本)
L95×W44×H26mm
167g

これだけ揃っていれば、外出先で何があっても対応出来そうです。

携帯工具

TOPEAK ヘキサス 2今回TOPEAK ヘキサス 2を新たに購入した理由の一つとして、チェーンカッター付き、というのがあります。

TOPEAK ミニ 6Lでも十分と言えば十分なのですが、仮にチェーンが切れてしまった際にどうしようもなくなってしまうという問題がありました。そこでその不安を解消するために、チェーンカッター付きの携帯ツールを探していて見つけたのがこのTOPEAK ヘキサス 2でした。

TOPEAK ヘキサス 2またTOPEAK ヘキサス 2の大きな特徴として、ツールボディの左右に樹脂製のカバーがついていて、このカバーを外すとタイヤレバーとして使えるようになっています。

使い勝手が良いかどうかはわかりませんが、タイヤレバーは案外嵩張りますし、荷物を一つ減らせるというのはポイントが高いと思います。

TOPEAK ミニ 6LツールボックスからTOPEAK ミニ 6Lとタイヤレバーを取り除いて新しくTOPEAK ヘキサス 2を投入。スペースに少し余裕ができました。

携帯ツール・携帯工具セットの出番はあるのか?

携帯ツールを使うか使わないかということを考えた時に、人によって答えは違ってくるとは思いますが、僕個人で考えれば、かなり使う部類の道具で、絶対に必要なツールだと思っています。

というのも自転車に乗って走っていると、自転車には調子が悪くなる部分が出てきます。
例えばブレーキから異音がしはじめたり、変速がスムーズでなくなったり、ポジションを変更したくなったりします。そんな時に携帯ツール、携帯工具ツールがあれば、すぐに調整、対応することが出来るわけです。

異音や調子が悪い部分が出て来ると僕の場合は不安になったり、それが気になったりでサイクリング自体を楽しめなくなってしまったりするので、こうしてすぐに対処できる携帯ツールは必需品なのです。実際問題で今まで何度も走行中のトラブル対処として役立ってくれました。

携帯ツールで調整できるような問題は、走行に関してパンクのような致命的なものにならないことが殆どなので、アイテムとしてそれほど重要視されていないかもしれませんが、使用頻度で言えば、パンク修理キットや携帯ポンプなどよりもずっと多いです。

携帯ツール・携帯工具セットの選び方

携帯ツール・携帯工具セットは、超多機能ツールか、軽量コンパクトなツールかに分けられると思います。

大は小を兼ねるということで、多機能なものを今しておけば、自転車以外のシーンでも活用できる場面が増えるでしょうし、ほとんどの用事をこなせてしまうと思います。

逆を言えば、もし僕が最初にTOPEAK ヘキサス 2を購入していたならば、TOPEAK ミニ 6Lは購入していなかったと思うので、新しく携帯ツール・携帯工具セットの購入を考えているのであれば多機能なものを選択しておくと間違いがないかと思います。

どの携帯ツールを選んでも、六角レンチは基本的に装備されていると思いますが、自転車用で考えれば、チェーンカッター付きのものを選んでおくのが良いと思います。チェーンカッターは単体で持ち歩くと嵩張るものが多いですから、それがコンパクトな携帯ツールに装備されているだけでもかなり身軽な感じになります。

いやしかし、工具類は見ていて非常に楽しいです。
僕は今回、タイヤレバー付きというところに惹かれてTOPEAK ヘキサス 2を選択しましたが、携帯ツールは十徳ナイフのようで、見ていてワクワクしてしまうので、いくつも欲しくなってしまうのが困りものです(笑)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑