*

クロスバイクやロードバイクに乗るなら有ると便利なメンテナンスブック

公開日: その他, 自転車全般

ロードバイクメンテナンスブック

クロスバイクやロードバイクに乗ろうと思った時に、自転車本体以外にも、フロアポンプやライトなど、いろいろ必要なものがあります。

僕は、それらの基本的な装備品と一緒に、メンテナンスブックを購入しました

メンテナンスブックって何?

ロードバイクメンテナンスブック
クロスバイクやロードバイク・・・に限らずママチャリもそうだと思うのですが、日頃のメンテナンスというのは、快適に乗り続けるためには必須の作業です。

乗り物ですから、長い時間乗っていれば、オイルが切れたり、チェーン等も汚れてきます。ネジだって緩みます。タイヤの空気圧だってどんどん下がってくるわけです。

タイヤの空気の入れ方などは、購入した時に教えてもらえたりはしますが、オイルの注し方や清掃の仕方、日頃のメンテナンスや走行前準備などについては、ほとんど教えてもらえないのではないでしょうか。

そんなわけで、僕もクロスバイクのescape airを乗ろうと思った時に、基本メンテナンスどころか、空気の入れ方すら知らない状態でしたから、何か教科書のようなものが必要、ということでメンテナンスブックを手に入れることにしたのでした。

メンテナンスブックには、日頃の走行前点検の方法や、パンク修理、チェーン清掃など、すぐに必要になる情報はもちろん、それらに必要な道具や、もう少しアドバンスなパーツの交換や調整方法等について書かれている本です。

メンテナンスブックを探せば、沢山出てきますが、基本的には上記のような内容が収録されているものと思います。

ネットにも情報はあるけどメンテナンスブックな理由

ロードバイクメンテナンスブックの情報

僕が自転車の改造・メンテナンスをする際には、必ずインターネットで情報も探しますが、いざ何かの作業に取りかかる際には、メンテナンスブックを必ず見るようにしています。

情報量で言えば、ネットの方が遥かに多いわけですが、メンテナンスブックほど丁寧に解説してくれているモノになると圧倒的に少なく、また情報の信頼性においても、メンテナンスブックの方が優れているんじゃないかと思うので、最終的にはメンテナンスブックの情報を優先してしまうわけです。

メンテナンスブックが必要と思う理由

クロスバイクのescape airを買った当初の僕は、前述した通り、殆ど何も出来ない状態でした。

そんな人間が、いくらネットで情報を探しても、情報の正しさを判断できるはずもなく、また、何から調べれば良いのかもよく解りません。

正しいと思った情報ですら、基本的な道具の使い方などを知らないので、間違った整備をしてしまう可能性も大いにあります。厄介なのは、自分がやっていることが正しいのか間違っているかの判断さえつかない点です。

そんな時にメンテナンスブックがあると、ネジの締め方から解説してくれていたり、基本的なメンテナンス方法などで基本を学ぶことができたりするので、何にも知らずに手探りで作業を行うよな不安が払拭されるのです。

メンテナンスブックに書かれている方法が全てではないでしょうが、まぁ間違いのない方法を覚える、ということは非常に意味が有ると思いますし、基本を理解してこそ、そこから応用で、いろいろな人のテクニックやアイディアを参考にできるのではないかと思います

そうすることで、最初は何にも出来なかった僕が、一人でもペダルの交換やワイヤーの交換、ディレイらーの調整、果てはコンポーネントの交換までも出来てしまうようになるわけですから、メンテナンスブックって偉大なのです。

僕が持っているメンテナンスブック

僕が持っているメンテナンスブックは2冊。
最初に購入したのがスポーツバイク・メンテナンス&チューンアップというタイトルのメンテナンスブックで、ロードバイクやクロスバイク、MTBなどの基本的なメンテナンス方法について書かれています。

クロスバイクをオフロードバイク寄りにカスタムする方法など、メンテナンスの他に、カスタム方法なども記載されているのが、初期の頃の僕には非常に役立つ情報でした。

ロードバイクメンテナンスブックの基本情報
メンテナンスに必要な基本的な道具や、ケミカルなどの情報も乗っていて、初心者にとっては有り難い情報です。こういった情報はネットでは基本過ぎて、見つけるのが大変なのですよね。

もう1冊は、コンポーネントをShimano 105に乾燥する際に購入した
ロードバイクメンテナンスブック最新版

最新版はこっちかな

ロードバイクメンテナンスブック105専用
105の事がパーツの分解レベルまで解説されている本です。もちろん、乗車前の基本点検や、タイヤ、チューブの交換、基本メンテナンスなどの情報もちゃんと掲載されています。

ロードバイクメンテナンスブック シマノ
何が良いかと言うと、シマノの説明書をベースに解説しているという点で、説明書を読んでからメンテナンスブックを読むと、写真等も豊富なので、ものすごく解りやすいのです。

実際問題で、このメンテナンスブックを購入していなければ、僕は105への換装は出来ていなかったと思います。

メンテナンスブックのまとめ

どのメンテナンスブックも掲載されている内容はだいたい似通っていると思いますし、基本的にはどれを選んでも同じような内容だとは思いますので、直感でお好きな本を1冊選んでみるのが良いと思います。

それで日頃のメンテナンスで、今まで触らなかった部分について調べてみて、恐る恐るでも触れてみる事で、少しずつ自転車慣れしてくるようになるものです。

一度でも調整や交換の経験があれば、出先でトラブルに見舞われても、なんだかんだで焦らずに対処できるようになると思います。

そんなわけで、今でも必要な時には見直すくらいメンテナンスブックは僕の自転車ライフにおいて必要不可欠なものになっています。

ちなみに、お勧めは、やはり写真が多めのフルカラーのものが良いと思います。それに応じて価格も少し高めにはなりますが、写真が多いか少ないかで理解しやすさが全く変わってくると思います。

また1冊だけではなく、別の物も持っておくと、同じメンテナンスでも少し内容が違っていたりして、応用が利かせられるようになりますし、足りない部分の情報を埋め合わせることもできたりします。

何はともあれ、クロスバイクやロードバイクなど、自転車のある家庭には最低1冊はメンテナンスブックがあれば良いですよ!というお話でした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑