*

激安自転車パーツ販売サイトにご用心

公開日: その他, 自転車全般

自転車の改造・カスタマイズを自分でするようになることの、メリットの一つに、工賃がかからないことと、お店で買うよりも安価でパーツを仕入れられること、つまりは、お金を節約できるという点があります。

とかく出費の嵩む、スポーツバイクという趣味において、できるだけ安くパーツを仕入れる、というのは趣味の継続を考えた時に、非常に重要なポイントであると言えるでしょう。

なので、パーツを買う際には、いくつものお店を調べて、最安ショップを探し出しすことも、自転車ライフを送る上で必要な事だと思っています。

自転車用品を安く仕入れるためには?

自転車用品を安く仕入れるにはどうすれば良いか?

基本的にはネットショップの方が安い

自転車用品に限らずで、実店舗よりもネットショップの方が安く販売されていることが多いと思います。また、目当ての商品が有る場合は、すぐに見つけられるのもネットショップの強みで、多くの店舗の中から最安のお店を選ぶ事も簡単です。

なので、安く仕入れることを考えれば、ネット中心の買い物になってしまうのは仕方が無いことだと思います。

その代わり、届くまで実物を見る事が出来ないので、届いてみて、イメージが違う・・・なんてことや、買い間違えのリスク等も、店員さんに相談できないぶん多くなるものと思います。

実店舗が安い場合も多々ある

かと言って、ネットショップが全て安いかと言うと、そうでもなく、実店舗もタイミングが良ければ、セール品などが出ていることがあり、掘り出し物を見つけることも出来ます。

オイルやワイヤー、ブレーキパッドなどの、元々の価格がそれほど高くないものに関しては、送料がかからない分、実店舗で購入した方が安いものも沢山あります。

その当たりを踏まえて、必要に応じて、ネットで買ったり、実店舗で買ったりするのが良いと思います。

さらには、ネットショップとは違い、実物が購入前に見られる点、店員さんに相談しやすい点などでは、圧倒的に実店舗の方がメリットが大きく、価格以外のことを考えるなら、実店舗も必要不可欠です。

激安パーツ販売サイトにご用心

僕はと言えば、ネットショップでの購入が圧倒的に多いわけですが、出来るだけ安く仕入れようと価格を比較していたりすると、時として、相場よりもかなり安い価格で販売している激安サイトを見つけたりします。

例えば、相場で30,000円くらいで販売されているものが、20,000円とか15,000円などという、他のショップと比較して圧倒的に安い価格で販売しているのです。

「安い!ラッキー!これからはここで買おう!」

などと、見つけた瞬間は嬉しくなってしまいますが、極端に安い値段で売っている販売サイトは、代金だけ受け取って、商品を発送しないなどの詐欺サイトの可能性もあり、注意が必要です。

150911_1

例えば、WH-7900-C35-CLの前後セットが 56,800円(税込)です。

参考までにAmazonでの同商品の価格が前後合わせると13万円以上ですから、値段が不自然なほど安いのが分かると思います。

激安ショップを見つけたら詐欺サイトの可能性を疑ってみよう

本当にバーゲン品で安いならば良いですが、極端に安い価格設定の場合は、詐欺サイトである可能性が非常に高いと思った方が良いかもしれません。

その他のパーツも安い場合には「絶対に怪しい」と疑った方が良いでしょう。

もしもそのような販売サイトで購入してしまった場合、お金だけ取られて、商品は送って来ない、連絡しても返事無し、なんてことになりかねません。

なので、安いサイトを見つけて嬉しい気持ちを一旦沈めて、このサイトちょっと怪しくないか?と疑ってみることが大切だと思います。

怪しい詐欺ショップの特徴

怪しい詐欺ショップは、自転車部品を販売するショップに限らず、スキー用品や、レジャー用品、家具など、ありとあらゆるジャンルで存在しているようです。

詐欺ショップに引っかからないように、詐欺ショップの特徴やポイントについてまとめてみると下記のような感じです。

価格が極端に安い

安売りをしているお店は世の中に沢山ありますが、多少の差はあっても、極端に安い場合はワケあり品や完全に見切り品に限られ、大抵の場合は相場近辺の価格になると思います。

相場価格よりも大幅に安い場合は、まず疑ってみた方が良いでしょう。

所々何かおかしい

一見、どこにでもあるWebショップのカタチをしているため、怪しいかどうかを見抜くのが難しい場合もありますが、よく見ると不自然な点が多々見つかります。

例えば

・問い合わせページがエラーになる
・PR画像などに違うショップ名が記載されている。
・バナーをクリックしてもリンクが正しくない
・問い合わせメールアドレスのドメインがショップドメインと違う
・不審な住所
・画像の歪み(伸びて歪んでいる)
・おかしな日本語がある

などの、普通のショップでは有り得ないような、不審な点が多々見受けられることが多いのです。

おそらくですが、これは、既存のサイトからホームページのソースコードをコピペしたりして使用し、一括変換などで対応しきれなかった部分(画像に打たれた文字など)がそのまま残ってしまっているためと思われます。

詐欺サイトは大量に作って、数打てば当たるの世界なので、どうしてもヤッツケな部分が出て来てしまうのではないでしょうか。

このショップ怪しい・・・と思ったら

上記のような特徴に当てはまり、このショップ怪しい・・・と少しでも思ったら、そんなショップからは買わない事が最も良い選択だと思います。

しかし、せっかく安いショップを見つけたわけですし、詐欺ショップとも言い切れません。

実際問題で、僕がこの記事を書こうとした際に、怪しいショップをいくつかチェックしていますが、確証もないので、そのショップのリンクなどは貼れないわけです。

かと言って、購入した後に気が付いても後の祭りなので、購入前に確認しておきたい点は下記の通り。

会社情報を確認する

通常、Webショップでは会社情報は必ず記載されていますし、特定商取引法によって、掲載しておかないといけない情報があります。

まずはこれらの情報が記載されているページを探し、不審な点が無いかを確認します。このページが見つからない場合はその時点でアウト!と思って間違いないと思います。

見つかった場合は下記を確認

問い合わせ先のメールアドレスに不審な点は無いか?
ドメイン名とメールアドレスが一致するか?など
一致しないなどの不審な点がある場合はまずNGです。

住所をGoogleマップなどで検索する
Googleマップやページ検索を行なってみてください。
到底店舗があるような場所が指定されていたり、不明な場合は、かなり怪しいです。
ページ検索して、お店の情報が出ない場合も、やはり怪しいと思って間違いないと思います。

電話番号を確認する
怪しいショップは実店舗があるように装っていながら、電話番号を記載していない場合が多いです。お店をやる上で電話場号が無いこと自体が不自然です。

もし電話番号が掲載されている場合は、電話番号を検索してみるのはもちろん、何故そんなに安いのかを念のため電話して問い合わせてみるのも良いかもしれません。

責任者名で検索する
代表やショップ運営責任者の名前を検索してください。
住所と同様に、怪しい場合は情報が出て来なかったり、怪しいと思った人たちの書き込みなどが結果として出てきた場合は、やはりNGでしょう。

商品画像を画像検索する
詐欺サイトの場合は、当然、自分達で商品を撮影していません。
メーカーオフィシャルの画像を使用している場合もありますが、どこかのお店の画像を流用している場合は、画像検索からオリジナルの画像を掲載しているサイトが見つかったりすることがあります。

怪しさを確定するためのチェックポイント

ドメイン名を検索してください。

ドメインの所有者情報等を検索できるWhois検索が出来るサイトでドメイン名を検索してみると、いろいろと有益な判断材料が見つかることがあります。

怪しげなドメインを多数取得していたり、日本のショップなのに、取得先が中国など、海外だったりすると、ほぼ確定だと思います。その他、全く情報が見つからない、というのも怪しいと判断できる材料の一つです。

怪しい激安詐欺ショップについてのまとめ

僕自身、ネットショップで沢山モノを買うので、こういった怪しいショップに出会うことも沢山あります。

引っかかったことは幸い一度もありませんが、引っかかりそうになったことは何度かあります。どうにかこうにか詐欺にひっかからずに来れたのは、怪しいと思った時は、ショップ情報を必ず検索して、不審な点は無いかをハッキリさせるようにしていたからだと思います。

大抵の場合、怪しいショップは、既に誰かが怪しいとチェックを入れていて、どこかのコミュニティサイトに情報を掲載していたりしますし、逆に全く情報が出て来なかったりする場合がほとんどです。

実際の店舗やショップの場合には、そのようなことは殆ど無いため、怪しいショップかどうかを見極めるには、検索、という手段は非常に有効なフィルターにできると思います。

安くパーツを仕入れることに熱心になるあまり、分かりやすい詐欺に引っかかってしまう可能性もあります。くれぐれも怪しいショップで買い物をしてしまわないように、店舗に関する情報はしっかりと調べた上で、安心出来ると判断出来るショップからのみ購入するように心掛けたいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑