クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

おすすめ自転車工具 おすすめ自転車情報 自転車全般 道具・工具

自転車の工具を収納整理するおすすめ工具箱・ツールボックス

更新日:

自転車の工具類を収納整理するおすすめ工具箱・ボックス

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクを快適に乗り続けるためにはメンテナンスは必要不可欠です。そしてメンテナンスには工具が必要で、数ある工具を整理して収納するための工具箱が必要です。

というわけで、増えてきた工具類を上手に収納整理する工具箱・ツールボックスについて考えてみたいと思います。

自転車をメンテナンスする工具を収納する

自転車メンテナンスに欠かせない工具類を収納する方法

自転車のメンテナンスには工具が必要です。基本的なメンテナンスのために必要な工具と言えば六角レンチとドライバーがあれば十分ですが、いろいろ細かいところまでメンテナンスをしようと思うと、必然的にいろいろな工具が必要になりますし、自転車歴とともに工具類もどんどん増えていくものです。

最初は小さな工具袋に収まっていたものが、次第に納まりきらなくなり、部屋の片隅に無造作に積まれるようになってくると、そろそろ工具を収納整理するための工具箱が必要だなと思うようになってきます。

そんなわけで、僕の場合も工具やパーツ類が増え、適当に放置しておくわけにもいかなくなったので、工具やパーツを収納するための工具箱・ツールボックスの購入を検討する必要がでてきました。

工具類の収納ならリングスターの工具箱がおすすめ

リングスターの工具箱

さぁ、工具箱を買うぞ!と僕が選んだのがRING STAR(リングスター)というメーカーの工具箱でした。

クロスバイクやロードバイクなどの自転車を趣味にしている人たちにはあまり馴染みがないかもしれませんが、釣りをする人たちの間ではよく知られているメーカーです。

釣り具箱の他にも一般的な工具箱などを製造していて、豊富なサイズと手頃な値段で選り取り見取りな感じでおすすめです。

個人的な趣味で言えば、工具箱は金属製のしっかりとしたものが好きなのですが、マンション住まいの身としては、鉄製の工具箱はフローリングを傷だらけにしてしまう可能性もあるため候補からはずさざるをえません。

そこで選択肢に挙がったのが、ポリカーボネート樹脂製の工具箱で、その代表的なメーカーであるリングスターの工具箱というわけです。

今回購入したのは、リングスター スーパーボックス グレーSR-530です。

品番のSR-530の530は、横幅サイズで530mmということです。
ちなみにサイズは幅530mm / 高さ253mm / 奥行220mmで、大きすぎず、小さすぎずの程良いサイズです。

リングスターの工具箱に工具を収納してみる

上部トレイ

リングスターの工具箱

リングスターの工具箱のスーパーボックスの中身は二層式になっていてます。上段は間仕切りのあるトレイで、間仕切りはある程度自由に入れ替えてレイアウトを変えることができます。

下部収納スペース

リングスターの工具箱で道具の整理

上部のトレイを外した状態です。深さもあり、大きいモノも収納出来ます。

工具類を収納

自転車の工具を収納する方法

リングスターの工具箱に自転車用の工具類などを収納してみました。

二層式になっているので、上部のトレイにはよく使用する工具をメインに収納して、トレイの下のスペースには、ワイヤー類や予備のチューブ、バーテープ、ブレーキシューなどの消耗品をストックするような使い方ができます。

上部トレイは間仕切りでカスタム可能

レイアウトが帰られる収納スペース

リングスターの工具箱の上の部分のトレイの間仕切りは取り付けや取り外しができてレイアウトが変えられるので、いろいろな長さの工具を綺麗に別けて収納することが出来ます。

収納したい場所にきちんと収納出来て工具を見つけやすくなり、とても便利です。

半透明のツールボックス

小物収納

白い半透明のツールボックスが同梱されていました。小部屋に分れていて、ボルト類やコラムスペーサー、ミッシングリンクやクリートなど、細々としたパーツ類を収納するのに大変便利です。

リングスターの工具箱の良いところ

リングスターの工具箱の良いところ

リングスターの工具箱は丈夫で軽い

リングスターの工具箱は車のバンパーなどで使用されているというポリカーボネート樹脂製(高耐衝撃性コーポリマー樹脂)なので丈夫にできているそうです。

なので、自転車のメンテナンスをする際などには、腰掛けなどとして使用しても全く問題ありません。丈夫でありながら軽量なのも魅力です。

また、金属のようにフローリングを傷つけたりもしないですし、自転車のメンテナンスでグリスや油、ケミカルなどで汚れた場合もウェスで拭き取れば簡単に汚れが落ちて手入れも簡単です。

リングスターの工具箱は積み重ねができる

クロスバイクやロードバイクを改造、カスタマイズしたりしていると、工具類の他にも細々としたパーツなどがどんどん増えてきます。

そうなると当然、1つの工具箱には収まらなくなるわけですが、リングスターの工具箱は、同サイズのものを購入すれば、積み重ねができるので、部屋の中で嵩張ることもありません。

リングスターの工具箱は安い

リングスターの工具箱は丈夫で使い勝手が良いくせに、価格は数千円から購入できます。金属製の憧れの工具箱の場合数万円するものも珍しくありませんが、そんな中でリングスターの工具箱は非常にリーズナブルな価格で販売されています。

リングスターの工具箱はサイズが豊富

リングスターの工具箱は様々なサイズがラインナップされています。僕が購入した幅530mmは家庭で使用するのに丁度良いサイズだとは思いますが、もっと幅が狭いものや、もっと幅が広いものもあります。

バケツのような高さのあるものもあり、用途や目的に応じて適したサイズの工具箱を選ぶことができます

よく使う工具の収納はツールロールが便利

ツールロール

工具の中には滅多に使わない工具も多いため使用頻度の低い工具は工具箱の底の方にでも入れておけば良いのですが、ドライバーや六角レンチなど、日頃からよく使う工具類などは持ち運びが便利なようにツールロールにまとめています

ツールロールを使うと工具の持ち運びや取り出しが楽になるのでドライバーなどは工具箱で収納するよりもずっと使い勝手がよくなります。

ツールロール

ツールロールは広げると小さなポケットで仕切られていて、よく使うドライバーやスパナなどの工具をバラ付かないように収納することができます。

ツールロールは丸めた状態から一気に広げられて、目当ての工具を見つけるのも簡単で、お気に入りの工具類ばかり集めたりしても楽しくておすすめです。

自転車メンテナンスに必要な工具などを上手に収納したいまとめ

自転車メンテナンスに必要な工具などを上手に収納したい

僕が自転車に乗り始めた頃はそんなに工具類は持っておらず、+-ドライバーを各1本とペンチくらいしか持っていませんでした。それがクロスバイクに乗るようになり、メンテナンスを自分で行なうようになってから一気に工具類が増えました。

やりたいメンテナンスやカスタマイズをしようとすると、どうしても工具類が必要になりますから、あれよあれよという感じで一気に工具が増えてしまったのでした。

最初は厚手のビニール袋にひとまとめにして入れておいたのですが、工具が増えてくると目当ての工具を探すのが大変になり、それ自体がストレスになっていたことや見た目的にも悪かったので、何か上手に工具類を整理収納する方法はないかと調べて、見つかったのがリングスターの工具箱でした。

リングスターの工具箱を買った結果、ゴチャゴチャになっていた工具類を一つにまとめることができ、メンテナンスの際にも必要な道具がすぐに見つけられ、自転車をメンテナンスするモチベーションもぐっと上がったような気がします。

以上、自転車のメンテナンスに必要不可欠な工具類の収納奉納についてのまとめでした。リングスターの工具箱、おすすめです。

関連記事

自転車のメンテナンスツールや工具に関する情報は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-おすすめ自転車工具, おすすめ自転車情報, 自転車全般, 道具・工具

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.