*

長ネジを使った定番の方法でクロスバイクのコラムカットに挑戦した結果

クロスバイクのコラムカット

愛車のクロスバイクのESCAPE Airのポジションもほぼ決まり、これ以上はほとんどポジションを変更することも無いだろうというわけで、ステムの上に飛び出てお団子状になった見苦しい突起を取り除くために、コラムをカットしたおはなしです。

初めての作業ということもあり、事前に情報を収集して万全の態勢で臨んだコラムカットでありましたが、途中失敗したなぁと思うこともいくつかあり、結構大変な思いをしたので、そのあたりの失敗の内容や対策も含めてコラムカットについてまとめてみたいと思います。

クロスバイクコラムはカットしないとカッコ悪い

クロスバイクコラムはカットしないとカッコ悪い

クロスバイクのEscape Airを購入した当初は、ステムはコラムの一番上に付けられていたため、コラム部分にお団子のような突起はありませんでした。

しかし、しばらく乗り続けていると、前傾姿勢に少しずつ慣れてきたり、もっと本格的な走りを追求したいとの思いからポジション調整を行なうようになると、ステムの位置を下げたりするようになります。

ステムの位置を下げるためには、今までステムの下にあったコラムスペーサーをステムの上に移動させる必要があり、ステムを最下部まで移動させると、コラム部分にお団子のような突起が出来上がるわけです。

この突起は不要なモノになるのでカットしてしまうのが一般的ですが、一度カットしてしまうと後戻りできないこともあり、完全にポジションが確定した後にカットするのが普通です。

なので、僕のように改造・カスタムを繰り返す場合は、頻繁にポジションも変更になる為、無闇矢鱈にコラムをカットすることができず、コラム部分にお団子状のものが残ったままになってしまうのです。

このコラム部分のお団子をそのままにしていても、街乗りレベルでは特に困ることもないのですが、とにかく見た目がみっともない感じがしてしまうのです。

そんなわけで、晴れてメインの改造カスタマイズもほぼ終了し、これ以上ポジションが大きく変わることもないだろうというところまで来たので、コラムをカットしようと決め、もっとも定番であるとされる長ネジを使用した方法でコラムのカットに挑戦した記録です。

コラムカットの最大の難関はスターファングルナットの圧入

コラムカットの最大の難関はスターファングルナットの圧入

コラムをカットするのは良いのですが、ハンドルをカットするレベルの簡単な作業で済むわけではありません。

コラムカットをする際の最大の難関として、コラムの中に圧入されているスターファングルナットを押し下げる、という作業があります。

通常、スターファングルナットはコラムの先端から約15mmほど押し込まれた場所に圧入されていて、コラムをカットする前に、カットする位置を確定し、カットする位置から約15mmほど押し下げた場所までスターファングルナットを押し込まなくてはいけないのです。

この作業が非常に大変で、コラムカットの最大の難関となり、ここをどう乗り切るかが肝になるわけです。

一般的なスターファングルナットの圧入方法

自転車屋さんなどは、スターナットセッターなどと呼ばれる専用工具を使用して、上からスターファングルナットを叩いて押し下げるようです。

この工具を使うと、センター出しをしながら押し込むことができ、また、押し下げし過ぎないように、規定の場所で止まるようなストッパーも付いているため失敗がありません。

しかしながら、一般人であればこの工具を使うような機会はそれほど多くなく、生業として自転車を改造・カスタムしている人以外は、このためだけにわざわざ買うというのも、勿体ない気がして購入をちょっとためらってしまうものであもります。

※結論から言うと、そんなに高いモノでは無いですし。作業の効率や正確さを考えればスターナットセッターを購入した方がベストだと思います・・・。

その工具代をケチッて、少し長めのボルトなどをスターファングルナットの中央に当てて、ゴムハンマーなどで叩くという強引な方法もあるようですが、均等に圧力がかけられていなかったりするとスターファングルナットが斜めに入ってしまい、コラムキャップが付けられないなどの問題が発生します。その他にも、強く叩き過ぎて、予定以上に深くまで押し込んでしまったりなどの問題が考えられるわけです。

斜めに押し込んでしまったり、深く押し込みし過ぎた場合、後戻りができなくなってしまうのでフォークを捨ててしまわないといけないような最悪な状態になることもあるので、作業には慎重さが必要になるのです。

また、仮に上手に叩けたとしても、叩く際にそれなりの衝撃があるわけで、フォークを地面や床に付けてとか、タイヤを付けたままとかでは作業するべきではないでしょうし、専用の作業台のようなものが無いと実際問題で難しいのではないかと思います。

長ネジを使ったスターファングルナットの圧入方法

DIYでコラムカットをされている方々がスターファングルナットを圧入する定番の方法として、長ネジを使った方法があります。

これはフォークの股部分に開いた穴から長ネジを差し込んでスターファングルナットに差し込み、そのまま引き下げる方法で、フォークの股部分の方から締め上げてスターファングルナットを引き下げるというもので、必要な工具を揃える費用も安く、失敗の少ない確実な方法として、多くの方が実践しているようです。

これならば、叩いたりの作業も必要なく、集合住宅住まいの身としては魅力的な方法のようにも感じられ、僕も長ネジを使った方法を採用することにしました。

しかし、そこにはいくつもの落とし穴がありました。
事前にいろいろ調べたりはしたものの、実際にやってみないと判らないことって多いですね・・・。
そんな失敗談も含めた長ネジを使用したコラムカットの方法を以下で解説します。

クロスバイクのコラムを長ネジを使った方法でカットする

長ネジを使ったコラムカットの準備物

● 6Mの長ネジ ※285mm以上であればほぼ問題ないかと
● 6Mのナット サイズに注意
● 6Mのワッシャー

基本的にこれだけあれば、作業は可能です。
ネットでも購入できますが、全部揃えても数百円のものなので、近くにホームセンターなどがある場合は、直接購入した方が安いと思います。ちなみに僕は東急ハンズで揃えました。


長ネジを使ったコラムカットの方法

スポーツサイクル コラムカット
それぞれの部品の位置関係は上の図のような感じです。

コラムをカットする位置を決定

クロスバイクの コラムカット実践

まずは、コラムをカットする位置を決定します。
余分なヘッドセットパーツを外してカットした後の状態と同じパーツ構成にします。

僕の場合だと、ステムが最も下で、セオリー通りにステムの上に薄いスペーサー(5mm)を一枚挟んだ状態にします。

ロスバイクの コラムカット ステム位置

スペーサーの上面の位置をマーキングします。
この位置はカットする位置とは違います。

ロスバイクのコラムカット スペーサー

次に、一番上のスペーサーを外した状態で最初に引いたマーキングよりも3mmほど下側にマーキングします。カットする位置はこのラインになります。

コラムスペーサーの上面のラインではなく、わざわざ3mmほど下がった位置でカットする理由は、スペーサーがコラムのカット面よりも高い位置にないと、ヘッドセットパーツを締め付けた際にフレームに圧力をかけて密着させることができず、フォークが固定できずガタガタしてしまうからなのです。

スターファングルナットの押し下げ位置の確認

スターファングルナットの押し下げ位置の確認

現状ではスターファングルナットがカットする位置よりも上側にあるのでこのままカットするとスターファングルナットが居なくなってしまいます。

なので、カットする位置よりも下までスターファングルナットを引き下げることになります。スターファングルナットの位置ですが、通常はコラムの上辺から15mmほど下がった場所にセットされるもののようです。

クロスバイクののコラムカット

自転車を裏返す

スポーツサイクル コラムカット 長ネジ

カットする位置を決めた後は、スターファングルナットを引き下げることになります。

この際に、フォークをヘッドチューブから抜く、という方法もありますが、ヘッドチューブ内にはベアリングなどが仕組まれていて、下調べ無しではあまりいじりたくない部分なので、今回はフォークを引き抜かずにそのままの状態で作業を行うため、自転車を裏返します。

裏返した後に、ホイールを取り外して作業出来るようにします。
ロードバイクなどの場合はブレーキも邪魔になるのでブレーキ類も一緒に取り外す必要があるようですが、クロスバイクの場合はVブレーキなので、ブレーキを取り外さなくても作業は可能です。※面倒でなければ外した方が作業は多少なりにしやすくなるとは思います。

長ネジとスターファングルナットを直結させる

スポーツサイクル コラムカット ホイールはずす

自転車からすると見られなくない恥ずかしい部分かもしれませんが、このフォークの恥ずかしい部分の穴に長ネジを差し込んで、スターファングルナットと直結させます。

スポーツサイクル コラムカット ナット引き上げ

スターファングルナットの引き下げのために必要なものとして僕が東急ハンズで仕入れてきたものです。

● M6の285mmの長ネジ
● M6のナット
● M6のワッシャー

総額で600円ほど。
東急ハンズはどちらかと言えば価格はやや高めなので、国道沿いなどにあるようなホームセンターの方がさらに安く仕入れられると思います。いずれにしても専用工具を購入するよりは遥かに安価で済ませられます。

作業開始で僕が犯した3つの間違い

必要な道具も揃って、いよいよスターファングルナットの引き下げです。

ここからの作業をなるべく細かく写真を撮って、より詳しい記事にしたいと考えていたのですが、いろいろとトラブルが発生し、写真を撮ってる場合じゃない精神状態になってしまったため、肝心の作業方法などの写真がほとんどありません。

というのも、僕はこの作業の段階において、3つの間違いをしていたからです。

僕が犯した3つの間違い:ワッシャーのサイズ

スポーツサイクル コラムカット ワッシャー

スターファングルナットの引き下げにはワッシャーが必要で、ワッシャーはフォークの股の部分の穴を塞いでナットのストッパーになるために使用します。

ワッシャーがストッパーになってくれるので、ナットを締め上げると長ネジが移動し、スターファングルナットを引き下げることができるようになるのです。

しかしながら、僕が購入したワッシャーのサイズは22mmでした。
それに対してフォークの恥ずかしい部分の穴のサイズは30mmほどはあるかと思います。

つまり僕が購入したワッシャーのサイズではフォークの穴を塞ぐことが出来ないのです。

よくよく考えれば、フォークの恥ずかしい部分に開いている穴のサイズは、フォークコラムのサイズとほとんど一緒なわけで、普通に考えれば35mm程度のワッシャーを仕入れれば問題ないものと思われます

ところが何故か僕は22mmのワッシャーを仕入れてくるというオッチョコチョイをやらかしてしまいました。

当然、長ネジを差し込んでワッシャーをネジに通しても、フォークの恥ずかしい部分の穴には引っかからずにそのまま落ちてしまいます・・・。

クロスバイクのコラムカット

作業を中止しようかとも思いましたが、ワッシャーのためだけに東急ハンズに再び行くのも面倒だったので、工具箱をガチャガチャと探して見つけた鉄製のタイヤレバー二本駆使して上記の写真のようにしてワッシャーがナットのストッパーになるように対応しました。

ウェスを使用しているのは、フォークに傷がつくのを防ぐ為で、35mmのワッシャーを使用した通常の方法で作業する場合にも、フォークとワッシャーとの間にはウェスやゴムなどを挟んだ歩が良いでしょう。

出鼻を挫かれた感じで、一気にテンションはダダ下がりで、スターファングルナットの引き下げ作業の写真はこの一枚のみとなっております(汗)

ちなみに僕が購入した長ネジの長さは285mmだったのですが、ワッシャーとフォークの間にクッション等を挟む場合は結構ギリギリな長さになります。探せば300mmを超すものも有るようなので、長いものを選択した方が良いと思います。

僕が犯した3つの間違い:ナットの選択

クロスバイクのコラムカッ

僕が購入したナットはナイロンナットと呼ばれるナットでした。
何も考えずに、目の前にあったM6サイズのナットを手に取ったわけですが、これが大間違いでした。

ナイロンナットは、ナットのネジ部にナイロンが仕組まれたナットで、ナットが抜け落ちづらい構造になったナットです。本来の目的にかなった用途で使用すれば、かなり気の利いたナットになるのでしょうが、今回の作業では全く不要です。

というのもナイロン部分になると、急に摩擦が強くなり、簡単にナットが回せない状態になります。回転させるのにものすごく力が必要になるわけで、これが作業に非常に支障をきたすものとなります。

僕が犯した3つの間違い:レンチが無かった

僕がクロスバイクのESCAPE Airの改造・カスタマイズを始める以前は、工具と言えばドライバーくらいしか所有していませんでしたが、なんだかんだで工具を買い揃え、かなり種類も増えていたので、M6のナットを回す道具くらいは持っているだろうと思っていたのですが、まさかの適合するレンチ無し。

作業前にはきちんと工具類も揃っているかを確認した方が良いでしょう。

立て続けの準備不足によるトラブルで心が折れそうになりましたが、こちらに関してもペンチで対応することでなんとか作業を続行することができました。

実際問題でペンチでも十分作業はできるものと思いますが、上記の通り、ナットがナイロンナットだったため、かなりの力でナットを挟む必要があり、ペンチでの作業は困難を極めました。

小型のモンキーレンチを持ってさえいれば・・・しなくて良い苦労をしなくても良かったのです。ちなみに今回の作業に限らずですが、モンキーレンチはラチェット式のものを持っていると圧倒的に便利です。

スターファングルナットの引き下げのポイント

そんなこんなの失敗も踏まえて、失敗せずに引き下げをするためのポイントは下記の通り。

● 長ネジは300mm以上が良い
● ワッシャーのサイズは35mm程度
● ワッシャーは2枚重ねにする
● ナットは通常のナットを使用する
● M6対応のレンチの準備
● 引き下げ具合を時々確認する

パイプカッターでコラムをカットする

パイプカッターでコラムをカットする

スターファングルナットを引き下げたら、次はコラムをカットします。
最初にマーキングした位置にパイプカッターを当ててグルグルと回転させてカットします。

ハンドルのカットをした時と同じパイプカッターですが、ハンドルよりも厚手のため、カットするには多少の時間がかかります。

根気よく数回回転させたら少し締め上げるという作業を繰り返して、慌てず根気よくカットしていけば必ずカット出来ると思います。

カットしたあとは、バリが発生するので、ヤスリで落としてからステムをハメます。バリがそのままだと怪我をしてしまうことにもなりかねませんし、ステムもすんなりハメることができません。


クロスバイクのコラムカット完了のビフォーアフター

クロスバイクのコラムカット作業前
before

クロスバイクのコラムカット 完成
after

コラムを少しだけ余裕をもたせてカットしているため写真では10mmのスペーサーが乗っかっています。5mm程度でも良かったのですが、まだいろいろと試せる余地を残したいという考えから10mm残すことにしました。

それでもカット前と比べると、随分スッキリした感じになったと思います。

クロスバイクのコラムカット作業前
before

クロスバイクのコラムカット 完成
after

クロスバイクのコラムカット作業前
before

クロスバイクのコラムカット 完成
after

クロスバイクのコラムカット作業前
before

クロスバイクのコラムカット 完成
after

長ネジを使ったコラムカットのまとめ

準備不足のせいもあって余計な苦労が多かったので、無駄に時間と労力を使ってしまいましたが、きちんと準備されている場合は、難易度はそれほど高い作業ではなく、スターファングルナットの下げ過ぎさえ注意しておけば、多くの方が実践される定番の方法だけあって、どうということのない作業かと思います。

僕の場合はいろいろと準備不足もあって、途中作業を中断してしまおうかと思ったりもするほどのハードな作業になってしまいましたが、なんとかやり切れて良かったと思います。

終わった後の感想としては、二度目の作業であれば、上記の失敗も踏まえて万全な準備と対策をするので、ほとんど苦労せずに出来ると思います。

しかし、長ネジを使った方法はスターファングルナットを引き下げ過ぎてしまう可能性もあるわけで、ガレージや作業台のようなものがあるのであれば、専用工具のスターファングルナットセッターを使用するのが最も手っ取り早く確実な方法だと思います。

とにもかくにも、パーツ変更を繰り返したりする関係上でポジションが変わることも考えて、最後の最後まで残していたコラムカットですが、ようやくカット出来た状態にすることができ、クロスバイクのEscape Airの見た目もグッとGoodになったと思います。

関連記事
クロスバイクのescape airのコラムをカットする前の予習

Comment

  1. Makooooota より:

    はじめてコメントさせて頂きます。

    いつもブログを拝見させて頂いており、大変参考になっております。
    この度、勝手ながら私のブログにて当記事のリンクを貼らして頂きました。もし、ご迷惑であればお申しつけ下さい。

    リンク貼り付け先
    http://makooooota.blog.fc2.com/blog-entry-22.html

    • escape air より:

      Makoooootaさま
      コメント有り難うございます。失敗を無理矢理ネタにしたような記事ですが参考になったのであれば嬉しく思います。失敗もしてみるものですね。今後ともよろしくお願いいたします。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑