*

ロードバイクやクロスバイクのタイヤにはバルブ変換アダプターがあれば便利かもしれない

公開日: ホイール・タイヤ, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

バルブ変換アダプター

ロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクに限らず、自転車に乗っていればパンクの経験は誰でも一度や二度はあるはず。

パンクまでいかなくても、ちょっと空気が抜けてるかも・・・などと思った時に「空気入れ貸を貸していただけませんか?」と頼りになるのが自転車屋さんだと思います。

有料で貸し出しているお店もあるようですが、サービスの一環で無料で貸し出しているお店が大半ではないでしょうか。

一般の自転車屋さんは英式バルブが普通

ところが、街の自転車屋さんで貸りられる空気入れは、一般的なママチャリやシティサイクルで使われているタイヤで使用されているバルブの方式である英式バルブ用であることがほとんど。

そうなると、ロードバイクやクロスバイクなどで標準である仏式バルブは対応しておらず、九死に一生のところで、せっかく空気入れを借りられても、空気を入れられない、なんてことになります。

街の自転車屋さんとプロショップの壁

プロショップに行くと「一般の自転車のパンク修理は受けられません」というような張り紙を見ることがあります。

街の自転車屋さんでは快く受けてくれるパンク修理も、プロショップの場合はロードバイクやクロスバイクなどのスポーツバイクのパンク修理以外は受けられない、というお店は多いようです。

逆に、一般の自転車屋さんでは、前述したように、英式バルブ用の空気入れだったりして、ロードバイクやクロスバイクには空気を入れられない、というような状況も多いと思います。

いろいろな事情があるので、そのあたりは仕方がないとして、せっかく駆け込んだ自転車屋さんで、空気が入れられない!なんていう状況になってしまうのは、ちょっと寂しい。

バルブ変換アダプターで仏式バルブが英式バルブに

バルブ変換アダプター

そんな時に便利なのが、バルブ変換アダプター。
その名の通り、バルブの形式を変換してくれるアダプターです。

ここで、鋭い人はピンと来るかと思いますが、クロスバイクのescape airには最初からこのバルブ変換アダプターが標準装備されています。

普段はまず使う事がないので、取り外していますが、いざと言う時にはバルブ変換アダプターがあれば、街の自転車屋さんでも空気入れを借りることができるので、難を凌げることもありそうです。

バルブ変換アダプター仏式バルブを

バルブ変換アダプター英式バルブに変換できます。

バルブ変換アダプターの種類

escape airに最初から装備されている変換アダプターは、仏式→英式という標準的なバルブ変換アダプターですが、他には米式→英式 英式→仏式な、各方式へ変換できるアダプターが販売されています。

コンパクトな物ですから、日頃は使わなくても、ツールボックスの中などに入れておけば、いざという時に、持ってて良かった!と思えるかもしれません。



Comment

  1. あろえ より:

    バルブ変換アダプター買ってみましたけど、ある一定の気圧以上に空気を入れようとすると隙間から空気が漏れてしまってどんなに頑張ってもそれ以上入らなくなって結局無駄な買い物でしたね…

    • escape air より:

      あろえさま
      通常使いというよりは、あくまで緊急時用と考えるのが正解なのでしょうね。
      貴重な情報有り難うございます!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑