*

フロアポンプのアナログの空気圧計とデジタル空気圧計を比較した結果

公開日: ポンプ・空気入れ, 自転車メンテナンス・カスタマイズ

自転車空気圧計

クロスバイクやロードバイクに乗るならば、タイヤの空気圧の管理は非常に重要です。
特に23Cなどの細いタイヤは空気圧が高いうえに空気量が少ないため、数日空気を入れないだけで適正な空気圧よりもかなり低くなってしまい、走行性能が著しく低下してしまうため、走行前には必ず空気を入れてから走行する、というのが常識かと思います。

僕もクロスバイクのESCAPE Airに乗る際にはシュコシュコとフロアポンプを使ってタイヤに空気を入れているわけですが、心配なことが一つあるんです。

僕が使っているフロアポンプにはアナログの空気圧計が付いているのですが、動きが多少怪しいこともあり、「このエアゲージ、本当に正しいんだろうか・・・」などと、不安になってしまうのです。

そこで、フロアポンプのアナログ空気圧計とパナレーサーのデジタル空気圧計との計測結果を比較してみて、どこまで信用出来るのかを調べてみることにしました。

フロアポンプのアナログエアゲージの動きが不安定で不安

フロアポンプのアナログエアゲージの動きが不安定

クロスバイクのESCAPE AirをGIANTストアで購入した際に、スポーツバイクの必需品ということで、エアゲージ付きのフロアポンプも一緒に購入しました。

以来、自転車に乗る前にはシュコシュコと空気を入れいるわけですが、このところエアゲージの動きが不安定なのです。

反応が鈍いのか、何度もシュコシュコとやっても目盛りが動かないことがあるのです。ようやく動いたかと思うと、今度は一気に10psiほど目盛りが振れることも多く、いつもいつも「本当に大丈夫かな・・・」という不安な気持ちで空気を入れています。

僕の体重は75kg前後なので、適正な空気圧まで入れようと思うと、23Cタイヤで120psiまで入れることになります。つまり一般的なロードバイクなどのタイヤの空気圧の上限あたりまで入れる必要があるわけです。

ところが何度もシュコシュコしているのにも関わらずゲージが動かないのです。低圧ならまだ良いのですが、110psiあたりで動かないとなると少々事情が変わってきます。

空気を入れながら、バーストしてしまわないか不安になってくるのです。「大丈夫かなぁ・・・」などと恐る恐る空気を入れて行くと、一気にゲージが振れて120psiを指したりするのです。

時には120psiをオーバーしてしまうこともあり、フロアポンプに付いているエアゲージに対する信頼感はなくなり、不信感ばかりが募るようになってきます。

馴れた人はゲージは目安くらいにして、自分の感覚で空気を入れたりするなんてことを聞いたことがありますが、実際問題で、フロアポンプを信用するよりも、自分の手の感覚を信じた方がより安全で正確な数値が出そうに思えたりもするのです。

そんな状態でしばらくは騙し騙しで使用してきたわけですが、不安を残したまま使い続けるのは精神衛生上良くないので、ここはひとつ、パナレーサーのデジタルエアゲージを使って空気圧を計測し、フロアポンプの空気圧計が正しく動作しているかどうかを比較してみることにしてみました。

タイヤの空気圧をアナログゲージとデジタルゲージで比較してみた

使用するデジタルエアゲージはパナレーサーのデジタルエアゲージです。

これを使ってフロアポンプのアナログのエアゲージの数値と比較してみます。

自転車空気圧計アナログ
まずはアナログゲージで80psiまで入れてみました。

自転車空気圧計 デジタル
デジタルエアゲージで計測した結果はは86.9psi

自転車空気圧計再計測
計測時に空気が少し抜けたので、もう一度80psiまでアナログゲージで空気をいれます。

自転車空気圧計再計測デジタル
そして再びデジタルエアゲージで計測してみます。
結果は94.2psi

アナログエアゲージとデジタルエアゲージを比較した結果から思うこと

上記のように、かなりズレのある結果になってしまいました。
特に二度目に関しては2割程度もズレがあります。

写真以外にも、空気を抜いたり入れたりをしながら何度か比較してみましたが、アナログエアゲージとデジタルエアゲージの数値は近似値ではあるものの、常に1割程度のズレはあるような感じでした。

二度目の計測時は、シュコシュコと頑張ってもアナログエアゲージの針がなかなか上がらないといういつもの症状が出た時で「大丈夫かな・・・」と思いながらシュコシュコしていたので、アナログゲージが示している数値よりも、実際は高めに空気が入っていたものと思われます。

デジタルエアゲージが間違っているという可能性も捨てきれないので、アナログゲージとデジタルゲージのどちらが正しいかを判断するには、もう一つ別のゲージを手に入れて試してみると分かりそうですが、いずれにしても、エアゲージの数値を信用しすぎるのも危ないのかな・・・と思える程度の結果となりました。

そんなわけで、あくまでエアゲージの数値は目安と考えて「これ以上入れると危ないかな・・・」「これ以上入れると入れ過ぎなんじゃないかな・・・」というような、感覚も大切にした方が良いのではと思います。

また、色々な人の意見を参考にしていると、空気圧の管理は大切だということは共通しているようですが、数値をきっちりと適正値に合わせることが大切というわけではなく、その日その日の体調や天候などのコンディションに合わせて調整するのがベストのようです。

要するに、日頃から体調や走りの調子などを意識しつつ、少しでも調子が悪ければ、空気圧などを見直して、その日その日で最適なな状態で走れるように調整をすることが大切で、それをやっていく中で、経験的にベストな空気圧が感覚的に分かるようになる、ということなのでしょう。

僕の場合は今後もエアゲージ頼りの空気圧管理となりそうですが、今後はエアゲージはあくまで空気圧の目安を知る為の道具、と考えて感覚の部分も大切にしてみようと思います。

とりあえずフロアポンプのエアゲージはやはり調子がよろしくなさそうなのは判りました。
しかしデジタルのエアゲージは手軽で細かな数値が確認できますがリアルタイムで計測できないのがやや不便で、家で空気を入れるためというよりは出先でササッと計測するのに適したツールだと思います。

Comment

  1. 通りすがり より:

    こんばんは
    記事を読む限りデジタルとアナログの差と言うよりポンプがダメなのではないかと
    GIYOの安物ポンプを使っていますが一押し毎に確実にゲージが変動します
    デジタルゲージ等の検証機器はもっていませんが乗り心地等から概ね再現性は問題ないように思います
    高圧まで入れてデジタルゲージで抜くのも手だとは思いますが
    手間を考えるなら個人的にはポンプを買い替えます

    • escape air より:

      そうなのですよね。記憶では購入当初はもう少しスムースに気圧計は動いてくれていた気がするのですが・・・というところからのアナログ気圧計への不信感からのテストでした。
      とりあえず、怪しいな・・・と思えば空気を入れるのをやめて気圧チェックをするカタチで対応かな。という感じです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑