フロアポンプ・携帯ポンプ レビュー

自転車タイヤの空気圧の管理にはデジタルエアゲージが便利

更新日:

Panaracerの デュアルヘッドデジタルエアゲージ

クロスバイクやロードバイクで、快適なコンディションで走るためには、タイヤの空気圧の管理は必須です。

タイヤの空気圧の管理には、空気圧を表示できるエアゲージを使います。

最も身近なエアゲージと言えば、フロアポンプに付いているような空気圧計でしょう。

僕が使用しているフロアポンプにもエアゲージはありますが、自宅用となります。

エアゲージが付いたポンプは大きすぎて、出先では使用できないので、携帯用としてデジタルで空気圧を計測できる、コンパクトなPanaracerのデュアルヘッドデジタルゲージを使用しています。

小さいながらも便利で正確な空気圧が計測できるナイスなアイテムなので、紹介したいと思います。

自転車タイヤの空気圧チェックには空気圧計が必須

自転車タイヤの空気圧チェックにはエアゲージが必須

ロードバイクやクロスバイクで使用されることの多い25Cのタイヤの場合、適正な空気圧は75~95psi(5〜6.5bar)程度のようです。

適正な空気圧にすれば、タイヤの性能を活かして快適なサイクリングができるわけですが、感覚ではなかなか適正な空気圧の判断ができないため、空気圧を管理するために空気圧計が必須となります。

そんなわけで、クロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクに乗るには、空気圧計の付いたポンプが必須となるのです。

小型の携帯ポンプであるair bone

空気圧を管理しなければいけない場面は、自宅だけではありません。

出先でも、パンクなどのトラブルに見舞われれば、パンク修理をする必要がありますし、適正な空気圧にするには、空気圧計が必要になります。

しかし、出先で使うような小さな携帯ポンプには、空気圧計が無いものがほとんどです。

例えば、僕が愛用している小型の携帯ポンプであるair boneにも、空気圧計はありません。

実際問題でエアゲージがなければ、とりあえず自走できる程度に空気を入れてから、自転車屋さんを探して、自転車屋さんで適正な空気圧まで空気を入れればよいわけですが、できるならその場で適正な空気圧を計れた方が安心です。

そのために必要になるのが、小型の空気圧計になります。

air bone(エアボーン) スーパーミニポンプ ブルー

air bone(エアボーン) スーパーミニポンプ ブルー

2,090円(09/27 21:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

Panaracerの デュアルヘッドデジタルゲージ

Panaracerの デュアルヘッドデジタルゲージ

出先で適正な空気圧を計測するのに便利なのが、パナレーサーのデュアルヘッドデジタルゲージです。

これがあれば、出先でも空気圧を正確に計ることができます。

もちろん、自宅でもなるべく正確に空気圧を管理する場合に使用するのも良いと思います。

デュアルヘッド 米式と仏式に対応

米式バルブ

米式バルブ

デュアルヘッドというだけあって、スポーツバイクのタイヤチューブで一般的なバルブである、「米式」と「仏式」の2種類に対応しています。

上記の写真が米式で、BMXやマウンテンバイクなどで多く採用されているバルブになります。

仏式バルブ

仏式バルブ

上記の写真は、仏式と呼ばれるバルブで、ロードバイクやクロスバイクのタイヤのバルブの形式になります。

ヘッドを「くるり」と180度回転させることによって、米式と仏式の切り替えができるようになっています。

空気圧の計測方法

空気圧の計測方法

ヘッドにバルブを差し込んで計測します。

手軽に計れますが、バルブにネジ切りのないタイプは計測できないとのことなので、購入を検討している人は気をつけてください。

LEDライトとバックライト付きで暗い場所でも安心

LEDライト付きで暗い場所でも安心

Panaracerのデュアルヘッドデジタルゲージの優れた機能が、LEDライトとバックライトが付いている点です。

パンクするのは昼間だけどは限りません。

暗い場所だとバルブの位置さえ確認するのが大変ですが、付属のLEDライトで手元を照らし、バックライトで計測した値ちゃんと確認することができます。

付属のLEDライトはそれほど明るいライトではありませんが、手元を照らすには十分で、出先でのトラブルの際には携帯ライトとしても活躍してくれそうです。

気圧計の単位が選択できる

Panaracerの デュアルヘッドデジタルゲージ

気圧計の単位はbar、PSI、KPIの3種類で表示させることができます。

デュアルヘッドデジタルゲージまとめ

Panaracerの デュアルヘッドデジタルゲージ

出先でバンクした場合、選択肢は大きく二つあり、1つはとりあえず自走できる程度に空気を入れて、ショップか自宅まで戻るパターンと、再び同じコンディションで走り続けるというパターンがあります。

前者は、とりあえず自走出来れば良いのでそれほど空気圧はシビアに考えなくても良いと思いますが、後者の場合は空気圧はしっかりと管理しておいた方が良いのは間違いありません。

そんな時には、このPanaracerのデュアルヘッドデジタルゲージがあれば、確実に適正な数値で空気圧を管理することができるので重宝するはずです。

この手の気圧計はアナログよりもデジタルの方が、誤差が少ないなどとも言いますし、日頃のメンテナンスの際にも使えて便利だと思います。

空気入れ・フロアポンプに関する記事一覧

自転車の空気入れ・フロアポンプの選び方



-フロアポンプ・携帯ポンプ, レビュー

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2022 All Rights Reserved.