*

自転車タイヤの空気圧の管理にはデジタルゲージが便利

公開日: ポンプ・空気入れ, 自転車メンテ・改造

Panaracerの デュアルヘッドデジタルゲージ

クロスバイクやロードバイクなどのスポーツサイクルではタイヤの空気圧の管理は走行性能を維持するためにも必須です。

タイヤの空気圧の管理にはエアゲージを使います。最も身近なエアゲージと言えば、フロアポンプに付いているようなアナログタイプのものではないでしょうか。

僕の場合はフロアポンプにもエアゲージはありますが、出先での空気圧のチェックなどにはデジタルで空気圧を計測できるコンパクトなPanaracerのデュアルヘッドデジタルゲージを使用しています。

自転車のタイヤの空気圧のチェックにはエアゲージが必須

自転車のタイヤ空気圧のチェックにはエアゲージが必須

ロードバイクで一般的な23Cのタイヤの場合、適正な空気圧は体重が65kgの場合で750~800KPa(7.5〜8.0bar)程度(ブリヂストンサイクル)のようです。

適正な空気圧を管理するためにはエアゲージが必須なわけで、家庭で使うようなフロアポンプにはエアゲージが備わっていますが、出先で使うような小さな携帯ポンプにはゲージが無いものがほとんどです。

小型の携帯ポンプであるair bone
僕が愛用している小型の携帯ポンプであるair boneにもエアゲージはありません。

エアゲージがないので、出先でパンクした際には、タイヤを触りつつ感覚で空気を入れるしかありません。

Panaracerの デュアルヘッドデジタルゲージ

Panaracerの デュアルヘッドデジタルゲージ

そんな時に便利なのがパナレーサーのデュアルヘッドデジタルゲージです。
これがあると出先でも空気圧を正確に計ることができます。

Panaracerの デュアルヘッドデジタルゲージ
米式

Panaracerの デュアルヘッドデジタルゲージ
仏式

ヘッドをくるりと回すことによって米式と仏式の切り替えができるのでデュアルヘッドというわけです。

Panaracerの デュアルヘッドデジタルゲージ

ヘッドにバルブを差し込んで、二つのボタンを使って計測します。
手軽に計れますが、バルブにネジ切りのないタイプは計測できないとのことです。

Panaracerの デュアルヘッドデジタルゲージ

Panaracerの デュアルヘッドデジタルゲージの特徴の1つがLEDライトとバックライトが付いていること。ライトがあるお陰で暗い中でも作業ができるのはパンクした際などには非常に心強いと思います。

それほど明るいライトではありませんが、手元を照らすには十分で、出先でのトラブルの際には携帯ライトとしても活躍してくれそうです。

Panaracerの デュアルヘッドデジタルゲージ

気圧計の単位はbar、PSI、KPIの3種類で表示させることができます。

デュアルヘッドデジタルゲージまとめ

Panaracerの デュアルヘッドデジタルゲージ

出先でバンクした場合、選択肢は大きく二つあり、1つはとりあえず自走できる程度に空気を入れて、ショップか自宅まで戻るパターンと、再び同じコンディションで走り続けるというパターンがあります。

前者は、とりあえず自走出来れば良いのでそれほど空気圧はシビアでなくても良いと思いますが、後者の場合は空気圧はしっかりと管理しておいた方が良いのは間違いなく、そんな時にはこのPanaracerのデュアルヘッドデジタルゲージがあれば便利に使うことができます。

この手の気圧計はアナログよりもデジタルの方が誤差が少ないなどとも言いますし、手のひらサイズの小型設計なので持ち運びにも元気なので、1つ持っていても損ではないかなと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑