交通安全 自転車全般 道路交通法・マナー・交通安全

【自転車】反射シールや反射素材で夜間の視認性をアップ【交通安全】

投稿日:

反射シールを貼って自転車の視認性アップ!

反射シールを自転車に貼れば、夜間でも視認性が良くなって、交通安全に良いと思ったので、紹介しておきます。

自転車用反射シール

自転車リフレクトシール

アマゾンあたりで「反射シール」や「反射素材 自転車」などで探すと、様々なサイズの反射シールや反射素材を使用した交通安全グッズが見つかります。

反射シールは、ライトの光を反射してくれるシールで、夜間の走行時などの際に、自動車のライトなどを反射してくれて、存在をアピールしてくれる効果があります。

自転車反射シール

サイクルウェアやサイクルバッグなどには、反射素材が使用されていたりするかと思いますが、デザインを気にしているせいか、控え目に使用していることがほとんどで、あまりアピールできていないような気がしています。

そこで、ヘルメットや自転車のサドルなど、より目立つと思われる場所に反射シールを貼れば、自動車やバイクに対して存在をアピールできるようになり、交通安全に繋げることができると思います。

反射シール リフレクライン OV ホワイト RR-OV

反射シール リフレクライン OV ホワイト RR-OV

290円(05/24 12:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

反射シールを自転車に貼ってみた

自転車用反射シールを貼ってみた

反射シールを、子供の自転車に貼ってみました。

自転車にも反射板は備わっていますが、実際問題であまり目立たないという問題があります。

そこで自転車の反射板だけではなく、サドルやチェーンステー、フォークなどにも反射シールを貼ってみました。

フォークなどに反射シールを貼ると、横から見ても視認性が上がるので、自動車から見ても、自転車を発見しやすくなるはずです。

子供の自転車などは小さいですから、反射シールで視認性を良くするというのは、なかなか良いアイディアだと思います。

反射素材を使用したリストバンドやタスキでも良い

自転車に貼れる反射シールを紹介してみましたが、反射素材を使用した着用できるグッズでも良いなと思います。

例えば、反射素材を使用した自転車の安全グッズといえば、リストバンドやタスキなどがあります。

もっと目立とうと思うと、交通誘導をしている方が着用しているような反射素材のベストなどでも良いかもしれません。

交通安全の第一歩は目立つこと」、などと言われたりもするので、夜間に自転車に乗ることが多い人は、反射素材を使用したアイテムを着用すると、より安全に自転車に乗ることができるはずです。

例えば、僕なんかは、黒い服ばかりを好んで着用するので、サイクルウェアもほぼ真っ黒です。

そうすると、夜間は存在が闇に溶けてしまって、自動車などから発見してもらうのが遅れてしまう可能性が高くなります。

そこで、反射素材を使用した交通安全グッズを使用すれば、早い段階で発見してもらえることになり、交通事故のリスクを減らせられるようになり、ストレスの少ないサイクリングができるようになるはずです。



-交通安全, 自転車全般, 道路交通法・マナー・交通安全
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2022 All Rights Reserved.