クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

ポンプ・空気入れ 自転車メンテ・改造

携帯ポンプのair boneとお助けチューブでどの程度空気を入れられるかを試した結果

更新日:

携帯ポンプのair boneとお助けチューブでどの程度空気を入れられるかを試した結果

僕が使用している携帯用ポンプはair boneと呼ばれる小型のポプです。

なるべく携行品は少なく軽くしたいとの思いから選択した携帯ポンプで、遠出した際のパンクに備えたパンク修理キットの一つとして携行しています。全長が10cm程度で他の携帯用ポンプと比べてもダントツで短く抜群の携帯性があります。

反面、そのコンパクトさに故に一度のポンピングで入れられる空気の量が少ない為、何度もポンピングしなければいけないことや、MAXで入れられる空気圧が空気入れのスペックとしてはやや物足りない100PSI(7bar)というのが欠点になります。

いくら携帯性が良くても、いざという場面で使い勝手が悪かったり、思ったような使い方ができないようであれば意味が無いわけで、外出先でパンクしたことを想定して、携帯ポンプのair boneでどの程度まで空気が入れられるのかを試してみることにしました。

この手の小型の携帯用ポンプは多くの場合チューブが付属していないので、空気を入れる際には不便を感じることも多いので、ノズル部分に取り付けられる延長チューブである「お助けチューブ」を併用するようにしています。今回のテストではair boneとお助けチューブを併用しました。

携帯ポンプのair boneとお助けチューブ

compact bicycle pump airbone

お助けチューブ

まず前提として、携帯ポンプのair boneにはチューブがありません。air boneに限らずですが、チューブがない携帯ポンプは非常に空気が入れづらいのです。

チューブが無いと、無理な体勢で入れるようになり、華奢な仏式バルブを痛めてしまう場合もあるので、僕は携帯ポンプにもチューブはセットで必要と考えています。

今回のテストもチューブ無しではロクに空気を入れられないと予め分かっているので、air bone専用の延長チューブと言っても過言ではない、お助けチューブを併せて使用することにしました。

お助けチューブと携帯ポンプを接続

compact bicycle pump airboneにチューブを装着

携帯用小型エアポンプのair boneにお助けチューブを装着した状態です。小さく短いチューブですが、これで段違いに空気が入れやすくなります。

compact bicycle pump airboneバルブ

このお助けチューブの先はネジ式でバルブに固定するため、バルブにねじ切りが無いタイプのものだと使用できないかもしれないので注意が必要です。

このタイプだとバルブを痛めづらくてストレス無く空気を入れられるので個人的には好きな形状です。

compact bicycle pump airbone空気を入れる

このように、地面にポンプを置いて体重をかけながらシュコシュコやる方法もありますが、今回は完全に手持ちにこだわり、片手でポンプを握り、もう片方の掌で受け止めながら空気を入れることにしました。

つまり、グーを上下させながら、パーで受け止めるという「ガッテン!」の動作を繰り返すような感じでポンピングします。

実際問題で屋外でパンクした場合、地面を上手く使えないような場所も考えられますからね。

携帯ポンプのair boneで空気を入れてみる

compact bicycle pump airbone空気を入れる

携帯ポンプのair boneで空気をシュコシュコと入れてみます。

空気ゼロの状態からだと数百回はシュコシュコしないと、押し返されるような手応えが感じられないため、本当に空気が入っているのか不安になるレベルです。

それでも根気よく続け、額が汗ばむころになると、なんとなくポンプを押し返されるような手応えが出てきます。抵抗を感じるようになってから後は、ポンピングを繰り返すのは大変ですが、ある程度までは余裕で入れられると思います。

compact bicycle pump airboneで空気を入れる

手でタイヤを触ってみて硬さを確かめます。段差に気をつけながらゆっくり走ればなんとか自走できそうかな・・・と思える程度まで空気を入れたところで空気圧を計測してみました。

空気圧は38.8PSI(2.68bar)でした。

手応えの割に空気圧が低いなと思いましたが、3bar程度もあれば一般的なシティサイクルと同じレベルの空気圧になってきますし、15km/h未満のスピードで段差を意識しつつ慎重に走るのであれば、とりあえず自走できるレベルじゃなかろうかと思います。

ヒルクライムなどで人里離れた山に出掛けているような場合だとこの空気圧だと不安が残りますが、街でパンクした場合には自転車屋さんを見つければ問題は解決するので、自走できるレベルまで空気が入れられればそれで良いと思います。

compact bicycle pump airbone空気を入れる空気圧

そこからさらに空気をシュコシュコと入れ続けます。

最初の計測からさらに200シュコシュコほど入れてみました。さすがにポンピングに硬さを覚える程度の抵抗を感じますが、男性であればまだまだ入れられると思います。

compact bicycle pump airbone空気圧計測

ここいらで空気圧を測ってみたところ48.7PSI(3.36bar)でした。

もう少し頑張れば60PSI(4.1bar)あたりまでは問題なく入れられそうかなと思いましたが、草臥れてしまったのであえなく終了。

実際問題で4barあたりまで空気が入れられれば、タイヤを握ってみてもそこそこ硬いと思える程度にはなっていると思うので、20km/h程度で走行してもなんとかなるんじゃないかと思います。

携帯ポンプのari boneで空気を入れてみた結果と結論

限界まで入れてもポンプの上限には到達はしないと思う

携帯ポンプのair boneとお助けチューブを使用した場合、手だけのポンピングであれば60PSI(4.1bar)あたりから限界が見え始めると思います。

結構な抵抗があるのでポンプを地面に押し当てる方法で頑張ったとしてもair boneの限界値の100PSI(6.9bar)あたりまで入れるのは実際問題として難しいんじゃないかなと感じました。

逆に言えば、air boneにはエアゲージがありませんが、airゲージなんて確認しなくても、爆発してしまうほどの高い空気圧を入れることは不可能だということが分かりました。つまり、力一杯空気を入れたとしても安心なエアポンプというわけです。

結論として、携帯ポンプのair boneは小さいボディながらも自走できる程度には空気を入れられるので、十分にその役目を果たしてくれると携帯ポンプだと言えると思いますが、適正な空気圧まで空気を入れるのは難しいと思った方が良いでしょう。

小型で高気圧まで空気を入れられる自転車用のポンプとして最近人気のポンプはLAND CASTと呼ばれるポンプです。全長は20cmでair boneと比べると長くなりますが、長めのツールボックスではギリギリ収まるサイズで300PSIまでいけるというものです。

僕自身は試していませんが、レビューなどを見てもなかなか良さげなのでいつか購入したいと思う携帯用ポンプです。

-ポンプ・空気入れ, 自転車メンテ・改造
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.