クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

自転車に掛かる費用 自転車全般

安い自転車用品の評価や評判は?安物買いの銭失いになる理由

更新日:

自転車用品は安物買いの銭失いになりやすい

クロスバイクやロードバイクなどで必要な自転車用品は沢山あります。多くの選択肢の中から何を買うかで迷う事も多いわけですが、僕は価格に関係なく自分が買いたいものを買うべきだと思っています。

欲しい自転車用品を選択すると、大抵の場合は金額的に高価になってしまいますが、安いパーツと高価なパーツで迷うような場合は絶対に高価なパーツを選択した方が後々後悔することも少ないです。

いろいろとクロスバイクの改造カスタマイズを繰り返す中で気が付いたことですが、自転車関連のアイテムはとかく安物買いの銭失いになりやすいのです。

なので、最近はAmazonなどでも中華製の安いパーツや自転車関連の製品も多く見かけますが、迂闊に手を出すと、結局は後から高い方の自転車用品を購入しなおすことになりがちで、個人的にはあまりおすすめしたくありません。

以下、僕自身の安物買いの銭失いの経験などについてまとめています。

自転車関連品は安物を買うと買い直ししたくなる

自転車関連品は安物を買うと買い直ししたくなる

価格の違いは性能や見た目でハッキリ判る

僕の場合、自転車用のパーツや関連製品を買う時には、レビューなどをするためにあれこれ弄るというのが前提になるため、購入するのは高価なパーツよりも安物のパーツの方が圧倒的に多くなります。

しかし、本当に必要だと思ったもの、今後は交換する予定が無いパーツなどに関しては、自分なりに判断してそれなりに評判や性能の良いパーツを買うようにしています。

というのも、自転車関連製品は、自転車のフレーム本体はもちろん、コンポーネントや、ライトやサイクルコンピューター、整備メンテナンス用の工具なども含めて、安物買いの銭失いになりやすいと感じているからです。

僕がそう感じるようになったのは、クロスバイクの改造カスタマイズを繰り返して行く中で、安物はそれなりの品質であること、そして少々価格が高くても良いパーツはやっぱり品質が良いということを実感するようになったからです。

それなりの品質のパーツを購入しておけば、性能が良いのははもちろん、見た目の質感の違いや乗っている時の気分など、色々な部分で差が出てくるのです。

安物パーツを買うと後悔することが多い

クロスバイクrを購入した当初の僕は、自転車には色々と買わなくてはいけないものが多いことに気が付き、自転車関連の出費を抑えようと、なるべく安いパーツや自転車用品ばかりを選ぶようにしていました。

例えば、ライトを購入する際にもGIANTストアに陳列していたライトの中で最も安いライトを選択したりしましたが、結局のところ、ボタン電池式でランニングコストが高くなることや、明るさが全然足りなかったために、わずか数ヶ月でknogというメーカーのライトに買い替えました。

knogはオーストラリアの自転車アクセサリーのメーカーでライトは安物のシティサイクルが一台買えてしまうような価格ですが、購入して一年以上経った今でも気分良く使用できています。

総合的に考えれば、購入時の価格が高いにしてもずっと気に入って使えることを思えばけして高い買い物ではないですし、逆に数ヶ月しか使わなかったライトの方が無駄な買い物だったということになります。

他にもハンドルやステム、シートポスト、クランプなど、クロスバイクのESCAPE Airの純正パーツから換えたものの、新たに買い直したものは多く、工具などに関しても、最初に購入した安い工具セットの工具は使い勝手や強度、精度もあまり良くなく、よく使う六角レンチなどはKTCやPB SWISS TOOLSなどの信頼できるメーカーのものに換えました。

安物買いの銭失いの最たるものはサイクルコンピューターかもしれません。サイクルコンピューターは絶対に高いモデルを買った方が良いのですが、その理由については下記の記事にまとめていますので参考にしてみてください。

参考 → サイクルコンピューターのおすすめ必須機能と購入のポイントについて解説

僕の場合タイヤは最初から評判の良いコンチネンタル GrandPrix 4000 S II(現行5000)を購入したおかげで気に入らなくて買い換えるということはなく、今現在も同じ製品を買い続けています。

安物自転車パーツは必要かどうかを見極めるためのお試し品である

安物自転車パーツは必要かどうかを見極めるためのお試し品である

絶対に必要なパーツは本当に欲しいパーツを買う

クロスバイクの改造カスタマイズを繰り返してきた中で気がついたのは、自転車関連用品は安物を買っても後々はグレードの高いパーツや道具を改めて買い直すことが多く、安物買いの銭失いになりやすいということでした。

そこから学んだのは、いくつか買いたいと思う候補があって悩むのであれば、価格は考えないようにしてなるべくスペックの高いパーツや、自分自身が本当に欲しいと思うものを購入するようにしています。その方が、その後もずっと満足して使い続けられるからです。

中途半端に妥協してしまうと、結局は気になって後から購入し直すということを繰り返してしまうのです。

必要かどうかで迷うものは安いパーツでお試しする

しかしながら、いきなりハイスペックなパーツを購入すれば間違いない選択ができるかと言えば、実際に使用してみて初めて判ることも多いところがまた難しいのです。

例えばスポーツサイクルの初心者が初めてのスポーツバイクで思い切ってハイスペックなロードバイクを買っても、その有り難みを理解できるかどうか判りませんし、そもそも自転車にハマるかどうかも判りません。

本当にそれらが必要なものかをきちんと見極めるためには少なからず経験も必要になるわけで、最初はいろいろと試しながら経験していくことが大切なんじゃないかと思います。そして、その経験をするために必要なものがお試し用としての安価な入門機と考えることができると思います。

僕の場合、愛車のクロスバイクのパーツのほとんどを既に交換してしまいましたが、スポーツサイクルの入門機の代表とも言えるGIANTのクロスバイクであるESCAPEシリーズを買うことによって、自分にとって自転車はすごく楽しいものだと判りましたし、自転車の改造カスタマイズを通じて自転車自体に詳しくなりたいという当初の目的も達成できたので、僕にとっては非常に大きな財産になっています。

もしも最初からハイスペックなロードバイクを購入していたら、すぐに自転車に飽きてしまっていたかもしれません。要するに僕にとって安物のクロスバイクはスポーツバイクは何たるかを知るために必要なものだったのです。

このあたりは自転車本体に限らず、パーツや道具などに関しても同じだと思います。

以上、安い自転車や自転車用品についての考えをまとめてみました。参考になれば幸いです。

-自転車に掛かる費用, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.