ライト 自転車メンテ・改造

KCNCのライトアダプターを買ってみた

投稿日:

KCNCのライトアダプター

KCNCのハブパーツである軽量なライトアダプターを買ってみました。

KCNC ライトアダプターは自転車のハブ部分に設置するもので、通常ハンドルなどに取付けてあるライトがハブ部分にも取付けられるようになり、ライトをハンドルから移動させてハンドル周りをスッキリさせられたり、暗い山道などで補助ライトを増やしたい場合などの目的で使用できます。

個人的に、ハンドル周りをスッキリさせたいという思いが以前からあり、目に留まったのがこのKCNC ライトアダプターで、それほど高いモノでもなかったため、物は試しと思い購入してみました。

KCNCのライトアダプター

KCNCのライトアダプター

KCNCのライトアダプター。
全長は約6mmほどのパーツで、これをクイックリリースのシャフトに取付けて使用します。

KCNCのライトアダプター

素材は薄く、中空になっていて見た目よりも軽量です。
エンドにズレ落ち防止の突起などは有りませんが、全体にローレット加工がされているため、振動があったとしてもライトがズレ落ちたりする心配は無さそうです。

KCNCのライトアダプターを装着

KCNCのライトアダプターを装着

KCNCのライトアダプターをフロントハブに装着してみたイメージです。
取付けは至って簡単で、クイックリリースのエンドパーツの代わりにKCNCのライトアダプターを使用して装着するだけです。

見慣れないせいもあるでしょうが、ちょっと存在感のあるパーツです。

KCNCのライトアダプターにライトを装着

KCNCのライトアダプターにライトを装着してみました。
自転車パーツとしての違和感はそれほどありませんが、やはり少し存在感が気になります。

僕の使用しているライトはknogのBrinder Roadという横長のライトですが、一般的な縦長のライトだともっと存在感が出るような気がします。

カットする人も居るようです

KCNCのライトアダプターのレビューを見ていると、普通にライトを取付ける場合にはマウント部分が長過ぎて突起感が気になるためパイプカッターなどで必要な長さにカットしている人が多かったです。

素材自体はハンドルよりも薄いと思うので、パイプカッターがあれば簡単にカットできると思います。

KCNCのライトアダプターにライトを装着

ハンドル位置からの視点です。
こうして見てみると、正面から見るのと比べれば、それほど気になるものではありません。

ライトアダプターのエンドが中空になっているので、この部分にハンドル部分に取付けるようなバックミラーを装備してみるのも良いかもしれません。きっと見やすいと思います。

KCNCのライトアダプターにライトを装着

KCNCのライトアダプターにライトを装着してライトを点灯してみました。

昔から慣れ親しんだダイナモブロック式のライトと近い感じで、路面に近い位置からの照射になるので、路面状態はより判りやすくなりそうです。

補助ライト用マウントとしても良さそうです

ハンドルライトを装備して、補助ライトをハブのライトアダプターに装着すると異なった位置から照らせて、より路面状態は把握しやすくなると思われ、山道や街灯の無い場所を走るには良さそうです。

KCNCのライトアダプターをリアハブに装着

KCNCのライトアダプターをリアハブに装着

KCNCのライトアダプターの製品イメージはフロントハブに取付けているモノがほとんどですが、レビューを見ていると、リアハブに取付けている人も居るようなので、リアハブに取付けてみました。

元々リアディレイラーやスプロケットなどでメカメカしい部分でもあるので、KCNCのライトアダプターを取付けても一体化した感じでフロントハブに取付けた時ほどの存在感はありません。

リアディレイラーやワイヤーとの干渉が気になったのですが特に問題無く使用できそうです。

KCNCのライトアダプターをリアハブに装着

KCNCのライトアダプターをリアハブに取付けてみるとディレイラーガードとしての役割もしてくれそうな感じが調子が良いなと思いました。

KCNCのライトアダプターにライトを装着

リアハブに装着したKCNCのライトアダプターにライトを付けてみました。

多くのセーフティライト(リア用ライト)はシートポストに使用することを前提にしていると思うので、シートポストで使用する時とは縦横関係が違ってきます。つまり、縦位置タイプのモノを取付けると横位置の配置になります。

そんなわけで僕が使用しているリアライトであるknogのBrinder Road Rも縦位置のライトですがKCNCのライトアダプターに取付けると横位置になりますが、ロゴが縦になってしまう意外は特に気になりません。

KCNCのライトアダプター

ライトをオンしてみました。
中央よりも車道側にライトが配置できるのも車両に対してより存在をアピールできて良いかもしれません。

KCNCのライトアダプター

実際問題で個人的にはシートポストよりもリアステーなどを使用して自転車の右側にライトを装備したいと思っていたので、これはこれでなかなか良いのではないかと思います。

KCNCのライトアダプター

この位置からの照射だと右方面はリムやスポークも照射することになり、横からの視認性も良さそうです。

KCNCのライトアダプターまとめ

KCNCのライトアダプターまとめ

ハンドル周りをスッキリさせたくて、ライトをハブの位置に移動出来れば・・・と思い購入してみたKCNCのライトアダプター。

目的の用途をしっかりと叶えてくれますし、KCNCのライトアダプターがあることでライトの配置や活用方法に幅が出るのは間違いないと思います。

ただ、個人的にはフロントハブに装着した際の突起感が気になったため、フロントハブよりはリアハブに取付けた方が、いろいろと調子が良いのではと思ったので、当面はリアハブに装着した状態で使用してみようかと思います。

以上、KCNCのライトアダプターについてのレビューでした。

● フロントハブだと突起感がある
● 人によっては余分な部分はカットして使用している
● ライトの配置や活用方法に幅が出る
● ハンドルエンド用のバックミラーも付けられるかも
● リアハブで使用している人も居る
● リアハブでリアライトを使用するとライトの縦横が変わる

-ライト, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2017 All Rights Reserved.