クロスバイクの改造やロードバイク自転車

ESCAPE Airと自転車ライフ

ハンドル ハンドル周り 自転車メンテ・改造

クロスバイクのハンドルをカットする方法と作業のポイント

更新日:

クロスバイクのハンドルを短くカットして解ったこと

クロスバイクのハンドルが純正のままだと幅広過ぎる感じだったのでカットして短くしてみました。

クロスバイクで採用されているストレートバーと呼ばれる真一文字のハンドルの長さを短くすると一体何が変わるのか?という点も含めてクロスバイクのハンドルのカット方法についてまとめてみたいと思います。

クロスバイクのハンドルをカットして短くしてしまおう

自転車のハンドルに幅についての基本情報

僕の愛車であるクロスバイクのESCAPE Air純正のハンドル幅は540mmです。おそらく他のクロスバイクのほとんども540mmあたりを基準に調整されていると思います。

それに対してロードバイクに採用されるドロップハンドルの幅は440mm程度が標準サイズです。

クロスバイク 540mm
ロードバイク 440mm

ストレートバーとドロップハンドルとでは全く違うハンドルなので比較するのはナンセンスかもしれませんが、クロスバイクのストレートバーの方がドロップハンドルよりも10cm程度幅が広いという感じです。

ハンドル幅が広いと自転車を安定させやすくなります。
ハドル幅が狭いと安定はしなくなりますが体を小さく丸めることができるようになるので空気抵抗が少なくなります。

ハンドル幅が広いと自転車を安定させやすい

なので、マウンテンバイクなどのオフロードを走ることを前提にした自転車の場合、幅の広いハンドルが採用されていますし、ロードバイクなど整備された道を走ることを前提とした自転車の場合は、空気抵抗を少なくする目的などからハンドル幅は狭くなっています。

そしてマウンテンバイクとロードバイクの良いとこ取りをしたクロスバイクのハンドル幅はマウンテンバイク寄りの幅広なハンドルが採用されているのが一般的です。

街中や交通量の多い場所を走る際にはハンドル幅が広いとハンドルが邪魔で走りくなります。

いわゆるメッセンジャーと呼ばれる人たちが乗っているような自転車が「これでもか!」ってくらいにハンドル幅を短くしているのは、見た目がカッコいいからだけではなく、マンハッタンなどの車が密集している道路をスイスイと縫って進む為の工夫でもあるらしいです。

そんなわけでハンドルの幅にはそれぞれ理由があり、どちらがどうというわけでもなく用途に応じて選ぶというのが正しいようです。

僕はクロスバイクのESCAPE Airをロードバイク寄りに改造をしたいと考えているので、なるべく空気抵抗を小さくするためにハンドル幅を切り詰めて短くすることにしました。

スポーツバイクの適正なハンドル幅はどれくらい?

ロードバイクのようなドロップハンドルの場合、適正なハンドル幅は乗る人の肩幅程度が適正のようで、販売されているドロップハンドルの幅も38mm~44mm程度のものが主流のようです。

それに対してマウンテンバイクやクロスバイクで採用されているストレートバーの場合はドロップハンドルよりも幅広なハンドルが採用されています。販売されているハンドルは580mmのものが多いようですが、マウンテンバイクの場合はそれよりも幅広なハンドルが採用されていることもあります。

ちなみにJIS規格では自転車のハンドル幅は600mm以下と決められています。
販売されているフラットバーの幅が580mmのものが多いのはそのあたりが関係しているのではと思います。

クロスバイクのストレートバーに必要なハンドル幅

ときどき恐ろしく幅の狭いフラットバーハンドルを取り付けている自転車を見かけることがあります。いわゆるオシャレ系の自転車に乗っている人でよく見かけます。それが良い悪いは別として、それらの自転車の多くはシングルギアの自転車です。

シングルギアの自転車がそういうオシャレ系の人たちに支持されているという理由もありますが、シングルギアの自転車でなければ極端にハンドルを短くすることができません。

シングルギアの自転車の場合、シフトレバーが無いので少なくともその分はハンドルをより短くカットできるというわけです。

しかし、ESCAPEシリーズなどのクロスバイクは一般的に多段ギアでシフトレバーが必要ですから、シングルギアの自転車ほどハンドルを切り詰めたりできるわけではなく、最低でもグリップ部分、シフトレバーやブレーキレバーの設置スペースは確保する必要があります。

それ以外にもサイクルコンピューターやライト、ベルなどの設置スペースも確保しておかないと不便になります。

ESCAPE Airを例に挙げると、純正のハンドル幅は540mmで、シフトレバーなどのスペースを確保しながら切り詰めると500mmくらいにになります。さらに切り詰めるためにはグリップ部分を切り詰めることになり、安全を考えると450mm程度ハンドルをカットできる短さの限界になります。

つまり、元々ハンドルの長さが540mmあるクロスバイクのESCAPE Airの場合だと、左右それぞれ45mmカットしたトータルで90mmがカットできる上限ということになります。

これ以上短くするとグリップ部分から手のひらがはみ出してしまうので、ちょっと荒れた道を走行する際や、急な衝撃があった場合にハンドルを滑らせてしまう危険があるのでやめたほうが良いでしょう。個人差はありますがバランスの良いのは500mmくらいだと思います。

自転車のハンドル幅は10mm違っても操作感が大きく違う

クロスバイクのハンドルをカット出来る上限が片側で45mmと考えると、ほんの少ししかカット出来ないように思いますが、実際にハンドルをカットして乗ってみるとたとえ10mmでも操作感覚は大きく変わります。

僕はビビリ&慎重派なので、いきなり45mmカットをせずに10mmずつカットして段階的に短くしたのですが、わずか10mm程度のカットでも体感ではかなり短くなったように感じます。

自転車のポジションを調整する際にステムの長さやハンドルの角度など細かく調整したりしますが、ハンドル周りはほんの少しの差でも乗り心地や操作感は大きく変わるのです。

クロスバイクのハンドルをカットする方法

ハンドルをカットする道具

クロスバイクのハンドルをカットするパイプカッター

クロスバイクのハンドルをカットする方法はハンドルの素材によっても違ってきます。
アルミのハンドルの場合はパイプカッターを使えばカットすることができます。

パイプカッターは100円ショップでも購入できると思いますが、個人的には刃物などは100円ショップなどで買ったりせず、それなりの値段のモノを買った方が良いと思います。結果的にストレスも少なく買い替えも少なくなります。

というわけでパイプカッターはAmazonで買いました。

パイプカッターでアルミをカットするとカットした後にバリが残るのでバリを取る為のヤスリも忘れずに入手しておきましょう。

ハンドルを購入する際はハンドル径とクランプ径に注意

クロスバイクのハンドルの太さ

クロスバイクのハンドルを交換する祭はハンドルのクランプ径と、にぎり径をきちんと把握しておきましょう。

クランプ径とはステムで挟み込む部分でハンドルの中央の太い部分のサイズです。
にぎり径とはグリップ部分でシフトレバーやブレーキレバーなどもここの太さを基準にします。

フラットバーが採用されているクロスバイクの場合はにぎり径が22.2mmのものがほとんどですが、クランプ径に関してはステムによって違ってきます。ロードバイクなどの場合は31.8mmが標準サイズになります。

ESCAPEシリーズを例に挙げると、もともとのハンドルのクランプ経が25.4mmだったりするので、仮に31.8mmのクランプ経のハンドルを購入した場合、ステムも31.8mmに対応したものに交換しないとハンドルの取付けができないという問題が発生します。

逆にステムが31.8mmに対応していてハンドルのクランプ経が25.4mmだとしてもシムと呼ばれるスペーサーを入れることで問題なく使用できます。

せっかくロードバイク寄りに改造カスタマイズするのであればクランプ経は31.8mmのものを購入しステムも一緒に交換したほうが良いかもしれません。というのもロード用のそれなりのグレードのステムなどはほとんど31.8mmなので選択肢も多いのです。

長さを確認してカットする

カットする前の準備としてブレーキレバー、シフトレバー、ライト、サイクルコンピューター、ベルなど、実際に走行する際にを取り付けるパーツやアイテムのスペースを確保しておきます。もちろんグリップの幅も忘れずに確保しておきましょう。それらのスペースを計算した上で適当と思われる場所に印をしてからカットを開始します。

ハンドルの長さが余る分には困ることはありませんが、短くカットしてしまったり、左右の長さが違う場合はどうしようもなくなるのでしっかりと計測してからカットするようにしましょう。

パイプカッターでハンドルをカットする方法

パイプカッターの刃をフラットバーハンドルのカットしたい部分に当てて、調整ネジを軽く締めてください。

そのままパイプカッターをグルグルと回転させてハンドルをカットします。あまりキツく締め付けるとパイプカッターを痛めてしまうことになるので、慌てずに程よく刃先でハンドルに圧力をかけながらカットするようにするのが良いと思います。

2〜3回転させるとパイプが削れて締め付けが緩くなるので数回転ごとにパイプカッターの締め付けを少しずつ強くしながら根気よくグルグルと回します。

のんびりと5分ほどグルグル回す、締め付けるを繰り返しているとパキパキっとした感じでカットできると思います。
片方がカットできれば反対側も同じ幅でカットします。
カットした部分のバリを取るためにヤスリ掛けして作業完了です。

ちなみに、カーボンハンドルの場合は糸ノコギリとソーガイドを使用してカットするようにしましょう。


クロスバイクのハンドルを短くカットしたら何が変わる?

クロスバイクのハンドルを短くカットしたら何が変わる?

クロスバイクの見た目が変わる

クロスバイクのハンドルを短くカットするとブレーキレバーやシフトレバーなどのパーツが中央に寄せられたりする関係もあってクロスバイクの見た目の印象が変わります。

個人的にはハンドルが短くなることによりスポーティなルックスに変わったので満足できる改造カスタマイズでした。

クロスバイクの軽量化

微々たるものですがハンドルをカットして捨てた分が軽くなります。
実際問題で軽量化を目的にハンドルをカットする人も多いようです。

クロスバイクの操作性が変わった

安定性が悪くなる

クロスバイクのハンドル幅を狭くすると、幅広いハンドルと比べるとフラフラしやすく安定させるのが難しくなります。

最初から判っていたことですが想像していたよりも変化が大きくて最初は戸惑ってしまいました。
しかしそれほど心配する必要はなく、乗っているうちに自然と慣れてしまいます。

ハンドル操作がシビアになる

ロスバイクのハンドル幅を狭くすると操作性が変わる

ハンドル幅が短くなった分、少しのハンドル振りでも以前よりも大きくタイヤが振られるようになります。つまり少しふらついた程度でも大きくブレてしまうことになるのでより細かいハンドルを操作する意識が必要になります。

上の図を見ると判ると思いますが、タイヤを同じ角度回転させようとした場合、ハンドルが短い方がハンドルを井戸させる距離が短くなります。つまりハンドルを短くすればするほどハンドル操作がシビアになってくるというわけです。

速度アップに繋がったかも

ハンドルをカットすると速度アップにつながると思われます。
自転車の速度アップには空気抵抗を如何に減らすかが重要なポイントでこの空気抵抗を減らすためにスポークを減らしたりきしめん状態にしたり、すね毛を剃ったりするほどです。

それほど速度と空気抵抗は大きく関係しているわけですが、ハンドル幅を狭くすると自然と脇を締めたポジションになるため、正面から見ると脇を開いていた時よりも空気抵抗を受ける面積は少なくなるため速度の維持がしやすくなる、というわけです。

狭い場所を通行しやすくなった

ハンドルをカットしたことで行き違いをする際や狭い場所を走る際には通行しやすいと感じることが多くなりました。

自動車に幅寄せされて追い抜かれる際にも今まで最も幅が大きかったハンドル部分がカットされたので、スペースに少し余裕が持てる感じがあります。

クロスバイクのハンドルをカットしてハンドル幅を短くするのまとめ

クロスバイクのハンドルをカットして短くした結果、よりスポーティなルックスになり、走行性能も上がった感じがしてカットして良かったなぁと思える改造カスタマイズでした。

クロスバイクをロードバイク寄りに近づけたいと考えている人にとっては必須の改造カスタマイズと言えるかもしれません。

ただし、安定性や操作感は犠牲になってしまうので、そちらを大切にしたい人はカットしないというのも正しい選択だと思います。クロスバイクを改造カスタマイズをすると気がつくことですがロードバイクに近づけるような改造カスタマイズをすると走行性能は高くなりますが、それと引き換えに口笛を吹きながら乗るような快適さは失われていきます。

その点を踏まえて、適当な長さを探りながら少しずつカットしていくというのが良いかもしれません。

以上、クロスバイクのハンドルを短くカットする方法とその効果についてまとめてみました。

-ハンドル, ハンドル周り, 自転車メンテ・改造
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.