*

自転車メンテにおすすめのショートヘッドタイプのボールポイント六角レンチ

公開日: おすすめ自転車工具, おすすめ自転車情報, 自転車用品, 道具・工具

ショートタイプの六角レン

L字
の短い方のレンチが通常の六角レンチよりも短いショートヘッドタイプのボールポイント六角レンチを買ってみました。

クロスバイクやロードバイクのメンテナンスの必須工具とも言える六角レンチは、僕も当然持ってはいますが、新しい六角レンチを購入してみたので、その特徴などについてレビューしてみようかなと思います。

新しい六角レンチが欲しかった理由

PB SWISS TOOLSのショートヘッドタイプのボールポイント六角レンチ

今回購入したのはPB SWISS TOOLSという六角レンチやドライバーなどのツールの世界ではトップクラスで知られている有名メーカーの六角レンチです。

今まで使っていた六角レンチでも特に不満点はなかったのですが、いくつかの理由があって新しい六角レンチを購入してみました。

本格的なツールが欲しかった

数あるロードバイクやクロスバイクのメンテナンス用品の中でもダントツで使用頻度の高いツールと言えば六角レンチですから、より気分良くメンテナンス作業が出来るように出来るだけ良い工具を使いたいという思いがかねてからありました。

PB SWISS TOOLSのような有名なメーカーの六角レンチなどは、一般的な工具と比べると結構な値段がするのですが、工具の場合は値段が高いほど工具自体の精度も高くなりますし、使い勝手も良くなるなんてことが言われます。

また、自転車のメンテナンスを行なうくらいの範囲で工具が壊れてしまうなんてことは滅多にないでしょうから、大抵の場合は一生使い続けるモノのようにも思えます。

つまり、よく使う。ずっと使う。というわけで、それならば少々値段が高くても使っていて嬉しくなれるような良い工具が欲しいと思ったわけです。

そんな中で目に留まったのが精度、耐久性、使いやすさなどで世界トップクラスの評判を誇るスイスのPB SWISS TOOLSの六角レンチだったというわけです。

ショートヘッドタイプの六角レンチが欲しかった

僕がこれまで所有していたのはノーマルタイプの六角レンチと、ボールポイントタイプの六角レンチの二種類でした。

大抵の場合はこの二つがあれば用事が足りてしまうのは確かですが、サドル調整など狭い場所で使用する際に、つっかえてしまったり、上手く六角レンチを回せなくなるような場面もあったりするのです。。

その問題を解決できるのが、ショートヘッドタイプの六角レンチというわけです。

ショートヘッドタイプの六角レンチはL字型の短い方のレンチが通常の六角レンチよりも短くなっていて、狭い場所でも使えるようにデザインされた六角レンチなのです。

レインボーカラーな六角レンチが欲しかった

クロスバイクやロードバイクのメンテナンスで使用する六角レンチのサイズは主に3mm~6mmが中心です。

六角レンチを使用していて有りがちなのがサイズの取り間違いです。
ボルトの見た目ではなかなか適切な太さが判断できず、六角レンチを取り間違えてしまうことが多々あります。

些細なことではありますが、結構な頻度で取り間違えると、それはそれでストレスになる為、それを改善したいと考えた時に便利なのが、六角レンチそれぞれに色がつけられたレインボーカラーの六角レンチなのです。

六角レンチに色が付いていることで、見た目の太さではなく色で太さを判断出来るのでサイズ間違いを少なくできるのです。

PB SWISS TOOLSのショートヘッドボールポイント六角レンチ

PB SWISS TOOLSのショートヘッドボールポイント六角レンチ

Amazonで購入して数日で届いたPB SWISS TOOLSのショートヘッドタイプのボールポイント六角レンチです。

僕が今まで使用していた六角レンチはKTCの六角レンチとBikeHandというメーカーの工具セットの中に含まれたいたボールポイント六角レンチで、いずれも千円以下で非常にリーズナブルな六角レンチでした。

それに対して、今回購入したPB SWISS TOOLSのショートヘッドボールポイント六角レンチは一万円前後もする高級品です。

他にも安くて有名なメーカーの六角レンチも沢山あるのでPB SWISS TOOLSでなくても良かったのですが、やはり憧れの工具ということで、思い切って購入してみたというわけです。

PBピービー レインボーショートヘッド六角レンチせっとの第一印象

PBピービー レインボーショートヘッド六角棒セット

で、届いて最初の印象としましては「デカいなぁーーー」でした。
写真では大きさがよく判らないと思いますが、僕が今まで持っていた六角レンチと比べるとデカいです。

六角レンチの大きさ比較

僕が所有している六角レンチとの大きさの比較です。
大きいというよりは長さが倍くらい違います。

六角レンチの価格差も納得出来るくらいに、見た目や質感の違いが歴然としています。所有していて嬉しくなるような工具なのは間違いありません。

PBピービー レインボーショートヘッド六角棒セット

PB SWISS TOOLSのショートヘッドボールポイント六角レンチには、一番細い1.5mmのモノ以外の全ての六角レンチにはシリアルナンバーなどがレーザ刻印されていて、他の工具とはちょっと違うんだゼというような雰囲気を漂わしてします。

PBピービー レインボーショートヘッド六角棒セット

サイズは1.5mmから10mmまでの9本セットで、クロスバイクやロードバイクのメンテナンスで頻繁に使う3mmから6mmも当然含まれています。

これだけサイズが揃っていれば、大抵の場合は用事が足りるのではないかと思います。

ショートヘッド六角レンチ

PBピービー レインボーショートヘッド六角棒セット

最大の特徴はL字の短い方のレンチが一般的なモノよりも短くなっている点。
短いおかかげで狭い場所でもレンチが使用できるようになります。

PBピービー レインボーショートヘッド六角棒セット

一般的なタイプの六角レンチとの比較です。
L字の短いレンチが半分程度の長さになっています。
また、直角ではなく、少しだけ角度が付いているのも特徴です。

普通の六角レンチ

ショートヘットの六角レンチ

角度が付いているのには勿論理由があります。
例えばステムなどのボルトを回そうと思った時に、L字の短い方のレンチが一般的な長さであればハンドルが邪魔にならずに済みますが、ショートヘッドタイプの場合、一般的な六角レンチと同じように直角になっているとハンドルに当たってしまい効率よく使用できません。

そのため角度を付けて近くのモノに当たらないような工夫がされているというわけで、ショートヘッドタイプの六角レンチ独特の仕様というわけです。

ボールポイント六角レンチ

ボールポイント六角レンチ

もう1つの特徴が、ボールポイント六角レンチになっているという点。
通常の六角レンチはボルト穴に対して垂直でないとレンチを入れることができませんが、先端がボール状になったボールポイント六角レンチの場合は、レンチを斜めにしてもボルトを回せるため、狭い場所や回しづらい場所にあるボルトを回せるようにしたものです。

通常の六角レンチに比べると、破断しやすいという弱点もありますが僕のように自転車のメンテナンスがメインの場合はそれほど高いトルクで締めるようなこともないので、あまり気にしなくても良いんじゃないかと思います。

持ち手の長い六角レンチ

持ち手の長い六角レンチ

持ち手が長いのも特徴と言えるでしょう。
持ち手が長いおかげで、テコの原理をより大きく効かせられるため、少ない力で締め付けたり緩めたリが出来るようになります。

例えば、ペダルの取り外しはペダルが固着していたりして硬いことも多いため、通常はペダルレンチを使用したりしますが、このPB SWISS TOOLSのショートヘッドボールポイント六角レンチの場合はペダルレンチを使用しなくてもペダルを取り外せそうです。

PB SWISS TOOLSのショートヘッドボールポイント六角レンチまとめ

PB SWISS TOOLSのショートヘッドボールポイント六角レンチまとめ

PB SWISS TOOLSのショートヘッドボールポイント六角レンチを実際に使用してみた感想としては、最初に長いと思った持ち手の長さが、実は手のひらサイズで丁度良く、非常に持ちやすい長さであることに気が付きました。

そのお陰で、しっかりと六角レンチを持つことができ、六角レンチの扱い易さも今までのモノと比べると数段良くなったように感じました。

見た目はほとんど同じでも、使ってみるとやっぱりよく考えられていて使用勝手が良いなと実感できて、使っていると自然と嬉しくなってしまうそんな素敵な工具ですね。

けして安くはないツールだとは思いますが、買って良かったなと思えるモノであるのは間違いなく、通常の六角レンチもこのPB SWISS TOOLSのモノに買い替えようかなと思ってしまうくらいの魅力は確実にある六角レンチだと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑