ホイール・タイヤ 自転車メンテ・改造

クロスバイクのホイールをロード用ホイールに換えてみた結果

更新日:

クロスバイクのタイヤとホイールをロード用にした感想

クロスバイクのESCAPE Airのホイールをミドルクラスのロード用ホイールであるFulcrum Racing3に交換し、ついでにタイヤもロードバイク乗りの方々から高い評価を得ているコンチネンタル グランプリ 4000S2の23Cに変更してみました。

早速、週末に70kmほど乗ってきたので、クロスバイクのホイールをロード用ホイールに換えると走りの具合がどう変わるかなど、いろいろな感想をまとめて書いておくことにします。

クロスバイクのホイールとタイヤをロードバイク用に換えたら変わったこと

クロスバイクのホイールとタイヤをロードバイク用に換えたら変わったこと

クロスバイクの漕ぎ出しの違い

漕ぎ出しが劇的に変わった!と書きたいところですが、実はあまり変化がありませんでした。

むしろ漕ぎ出しに関しては、僕の愛車であるクロスバイクのESCAPE AirのオリジナルホイールSPIN FORCE SL Wheelset 20Hの方が軽いのではないかと思います。

純正の方が軽いのはおかしいから気のせいかな・・・とも考えましたが、ストップ&ゴーを繰り返していくうちにそれは次第に確信になりました。漕ぎ出しに関して言えば、SPIN FORCE SL Wheelset 20Hの方がFulcrum Racing3よりも絶対に軽いです。

正直なところ、漕ぎ出しから値段の違いによるホイールの性能さを堪能できると思っていたので、これは拍子抜けでした。まさかESCAPE Air純正の安物ホイールの方が軽いとは・・・夢にも思わなかったのです。

しかしながらこの評価は他のクロスバイク全般にはおそらく当て嵌まらず、ESCAPE Airのホイールが特殊なのだと思います。ESCAPE Airは街乗りをコンセプトに軽量化したクロスバイクでホイールもスポーク数を減らすなどして軽量化が図られていて、性能はともかくも価格の割に軽いホイールを履いています。

そうすることで街乗りで頻繁にあるストップ&ゴーをしやすい自転車にしている感じで、ストップ&ゴーに関してはSPIN FORCE SL Wheelset 20Hはなかなか優秀なホイールなのです。

SPIN FORCE SL Wheelset 20Hについての詳しい情報は「ESCAPE AirのホイールSPIN FORCE SL Wheelset 20H について調べてみる」に詳しくまとめてあります。

〜20km/h付近の違い

漕ぎ出しこそ、ESCAPE AirのホイールSPIN FORCE SL Wheelset 20Hの方が軽いと感じはしましたが、fulcrum Racing 3が重いかなと感じるのは最初の数メートルだけで、スピードが乗ってくると一気に加速する感じでスルスルと走り、20km/hくらいまではすぐに加速しちゃいます。

ペダルを踏むのをやめても、速度がすぐに落ちたりもせず、スルスルと惰性で転がって行くのには驚きました。俗に言う「良く回るホイール」ということなのかもしれませんが、これはSPIN FORCE SL Wheelset 20Hでは全く無かった感覚でした。

20km/h〜30km/h付近

SPIN FORCE SL Wheelset 20Hの時は無理の無い状態でペダルを踏んでいる時の速度は平均で22km/hくらいでした。25km/h以上を維持するためにはそれなりに踏み込む必要がありました。

それが、ホールをfulcrum racing 3に換えると、すぐに20km/h〜のスピードが出るようになり、無理なくペダルを踏んでいる状態でも25km/h以上が維持出来るようになりました。踏めば進む、踏めば踏むほど進むというような感じなのです。

踏めば進む、当たり前のようなことに聞こえるかもしれませんが、SPIN FORCE SL Wheelset 20Hの時は、踏んでも踏んでも、ある程度まで来るとあとは速度維持をするために踏んでいるような感じでそこから先は全く進まない感じだったのですが、fulcrum racing 3の場合は踏むと踏むだけ速度が乗る感じがあるのです。

30km/h〜40km/h付近

SPIN FORCE SL Wheelset 20Hの時は坂道じゃないと出ないスピードでした。
30km/hは出る時もありましたが、維持するのが困難なでした。

また、30km/h出たとしても、ペダルを踏むのを止めると一気に減速し、クロスバイクで出せる速度はこのあたりが限界かなと思ったものでした。

ところが、fulcrum racing 3だと少し頑張ってペダルを踏めば30km/hは余裕で出せるようになりました。道路状況にもよりますが、30km/h〜をしばらく維持しながら走り続けるのも無理ではなくなった感じです。

調子が良ければ40km/hくらいも出るので、もっと鍛えれば45km/hなどで走るロードバイクの人達にも離されないくらいになるかもという可能性も感じることができました。

ペダルを踏むのをやめてもスピードがほとんど落ちずスルスルと滑るような感覚で前へ進むので、慣れるまでは恐いとさえ思ったものでした。

ホイール換装前後のクロスバイクの速度の比較

クロスバイクのescape airの速度の変化

クロスバイクのESCAPE Airのホイール交換前

ホイール:SPIN FORCE SL Wheelset 20H
巡航速度 24km/hぐらい
道路の条件が良い場合 27km/hぐらい
少し頑張って 30km/hくらい
全力 35kmhくらい

クロスバイクのESCAPE Airのホイール交換後

ホイール:fulcrum racing 3
巡航速度 24km/h → 27km/h
道路の条件が良い場合 27km/h → 32km/h
少し頑張って 30km/h → 35km/h
全力 35km/h → 40km/h

というような感じで、あらゆる場面で3~5km/h速度が増した感じで、特に高速域での速度維持がしやすく、速度の変化以上に違いを感じることができます。

ロード用ホイールに換えて見えたロードバイクの世界の入り口

ホイールとロードバイクの世界の入り口
自転車好きな人達と自転車のスペックの話をしていると頻繁に出て来るのが「剛性」という言葉。

僕はこの剛性の意味がなかなか理解出来ずにいましたが、fulcrum racing 3にすると踏めば踏むほど、きちんとスピードが乗る感じがして、ペダルを踏み込んだ力がちゃんと動力になっているのを感じられ「なるほど、剛性とはこういうことか」と納得することができました。

SPIN FORCE SL Wheelset 20Hの場合は、スピードが乗って来ると、後は踏めば踏むほど力を吸収されているようなフニャフニャしたような柔らかい感触だったのです。

ところが、ホイールを換えた瞬間にキビキビした走りになり、何か生き物のように、勝手に動いていくような感じになるのです。これなら信号の少ない郊外の道やサイクリングロードに出かければ30km/hくらいでずっと走れそうで、ロードバイクで平均的と言われる巡行30km/hも夢ではない気がします。

今回のホイールとタイヤの換装費用は7万円程度でクロスバイクがもう一台買えてしまう値段になると思います。そんな金額をつぎ込むのは少し迷う所ではあったんですが、これだけ乗り心地が違うと「7万円出して良かったなあ」と思えてしまいます。

それどころか「Racing 3でこれくらい違うのだから、倍の値段のRacing zeroだとどれくらい違うんだろう」などと、さらなる上のホイールに興味を持ち始めるから不思議です。

クロスバイクのホイールをロード用ホイールに換装のすすめ

クロスバイクのescape airのホイール交換のすすめ

クロスバイクのホイールろロード用ホイールに換装した満足度は非常に高い

正直なところ、ESCAPE Airのオリジナルホイールでも、それなりに快適に走れてましたし、コンポーネント等はシマノ105に換装していたので、ノーマルな状態のESCAPE Airと比べると、換装前でもそれなりにスピードアップも出来ていたので特に不満は無かったのです。

しかし、周りの自転車乗りからのホイールを換えると全く別の自転車になるなどの意見を聞いていると、沸々とわき上がるロード用ホイールが欲しいという欲望を抑えることができなくなった末に、ロード用ホイールの購入に踏み切りました。

クロスバイクを購入した金額と同じくらいの金額を出してホイールを購入するのは思い切りが必要でしたし、購入する前までは「本当に効果があるのかな・・・」と半信半疑でした。

しかし、いざ換装して走ってみると、驚くほどの変化を感じることができ、もっと良いホイールを買っても良かったかも・・・と思うほどで、今までの改造、カスタマイズの中でも圧倒的な変化と満足感を得られたのでした。

ホイールを換えれば見た目の印象も随分変わりますし、「俺のクロスバイクのホイールはロード用!」などと乗っているときの気分の良さもあるわけで、他人にもお勧めしたくなる改造、カスタマイズなのだなと思います。

必要なのは購入する思い切りだけで、換装作業も簡単ですし、クロスバイクを劇的に変える改造カスタマイズとして超おすすめです。

ちなみにfulcrum racing3はシマノ10速用11速用ですが9速や8速でも対応しているようです。

-ホイール・タイヤ, 自転車メンテ・改造
-, ,

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2017 All Rights Reserved.