*

クリンチャータイヤとチューブラータイヤでチューブ交換式のタイヤはどっち?

公開日: 問題解決・疑問解決, 自転車全般 , ,

クリンチャーとチューブラー

ロードバイクやクロスバイクで使用するタイヤにはクリンチャーとチューブラーの2種類があります。

一つはチューブとタイヤが固定された方式で、一つはパンク修理などでも馴染みのある、チューブ交換できる方式になり、それぞれに適合したホイールを使用する必要があります。

さて、ここで問題です。
パンク修理時にチューブを交換できるのはどちらのタイヤでしょうか?

実は、この2つが僕の中でゴチャゴチャになってよく判らなくなってしまい、調べても忘れてしまうので、何度も何度もネットで調べるということを繰り返しているのです・・・。

sponsored link

クリンチャータイヤとチューブラータイヤの違い

クリンチャータイヤ

クリンチャータイヤ
・チューブが膨らんだ際の圧力でリムとタイヤを固定させる。
・パンク時はチューブ交換だけで済むので楽。
・チューブラーに比べて重くなる。
・一般的に使用されているのはクリンチャー。
チューブ交換式

チューブラータイヤ

チューブラータイヤ
・タイヤの中にチューブを縫い込んでいる。
・軽量化できる。
・パンク時は修理が難しいのでタイヤごと換える。
・リムテープまたはリムセメントを用いてリムにタイヤを固定させる。
・プロ選手の多くは試合ではチューブラータイヤを使用している。
・リム打ちをしづらい。

チューブレスタイヤ

クリンチャーとチューブラーの他に、チューブを使用しないチューブレスタイヤも存在して、チューブレスと呼ばれています。マウンテンバイクの世界ではそれなりに普及しているようですが、ロードバイクなどのオンロード方面では、ホイールの選択肢も少なくあまり普及していない印象です。

特徴として
・チューブを使用しないのでパンクのリスクが低い。
・交換が大変。
などが挙げられます。

クリンチャーとチューブラーどっちがチューブ交換式か迷う

ということで正解はクリンチャーがチューブを交換出来るタイヤということが判りました。終わり。

ってな感じで毎度毎度納得はするのですが、また新しいホイールを検討しようとする際などに「あれ?どっちだっけ?」と悩んでしまい、その度に調べ直すということを繰り返しているのが現状です。

迷ってしまう理由として、チューブラーという名前でチューブを連想してしまい、チューブラーの方をチューブ交換式だと思ってしまうのです。

そもそも、チューブラーとかクリンチャーという言葉の意味もよく理解していないのがいけないのだと思います。というわけでクリンチャーとチューブラーの意味を調べてみました。

クリンチャーの意味

clincher
くぎを留める人、ボルトの締め付け工のこと。

うーん・・・イマイチしっくり来ませんね。

チューブラーの意味

tubular
管の、管状の、管式の

あ、なるほど。
管状になっているのでチューブラーと呼ばれるのか!

ということは、今後はチューブラー=管状と覚えておけば、クリンチャーとの区別ができそうです。

クリンチャーとチューブラーどっちがチューブ交換式のまとめ

クリンチャーはチューブ交換式
チューブラーは管状なのでチューブとタイヤの固定式。

という感じ。
チューブラーはチューブ交換式じゃないずらー
くらいに思っておいた方が間違いがないかな・・・。


Comment

  1. 苣木 泰彦 より:

    31年前のBSの自転車を保存(愛用とまではいきませんでした。)ですが、チューブラータイヤが装着されているリムにクリンチャーケブラータイヤの装着は困難なんでしょうネ。リムの断面構造図を見て初めて知りました。チューブラータイヤの入手しかないのですね。(・・・と、云うほどのド素人でした。)

    • escape air より:

      苣木様 コメント有り難うございます。
      そうですね。無理だと思います。
      ただクリンチャーとチューブラー兼用のタイヤはもあるようですよ。

  2. tako monkey より:

    クリンチャーはボクシングのクリンチと同じで、相手に抱きつくようにリムに抱きつく物という理解でいかがでしょう?

    • escape air より:

      tako monkey様 clinchで間違いないと思いますが、抱きつくという意味よりも引っ掛けるという意味かと思います。
      日本語で言うと、引掛け式タイヤがいわゆるクリンチャータイヤで、リムの返し部分にタイヤを引っ掛けることから引掛け式と呼ぶようです。
      興味深い質問ありがとうございました!

  3. Hino より:

    チューブラというのはリムの種別であり,「チューブ(中空の管)でできているリム」ということです。「クリンチャーリムも中空ではないか」という疑問があるかと思いますが,昔は中空ではありませんでした。アルミ合金の製品が出てきて,クリンチャーリムの中空化が可能となり,従来の製品と区別して「中空リム」と呼んでいました。一方,従来のリムはソリッドリムと言っていたと記憶します。
    なお,現在「クリンチャー」と呼ばれているリムは,タイヤの内径側にワイヤ(ビード)が入っていて,それを引っかける(クランチャー)断面形状のリムです。昔は,ワイヤードオン(WO)リムと呼んでいました。

    それぞれの特徴は,既にあげられていることの他に,

    チューブラ
    ・高圧化できる
    ・段差乗り越え時の「ハの字パンク」少ない
    ・タイヤ交換時,リムセメントが乾くまでに時間が必要
    ・パンク修理時は裁縫が必要

    WO式
    ・あまり高圧化できない
    ・段差乗り越え時に,リムと段差に挟まれて発生する「ハの字パンク」が発生し易い
    ・サイズにも依るが,一般にチューブラよりも普及しており,国内での入手性が高い。
    ・修理時間が短い(予備チューブ交換による修理の場合)
    ・パンク修理はゴムパッチ貼付で済むことが多い

    チューブラとWOの交換ですが,全くできないというわけではありせん。リムの他,タイヤ外形,太さ,自転車フレームの形状と,ブレーキが合うか,それら全体をチェックする必要はあります。

    • escape air より:

      Hino様 なるほど。自転車のいろいろを知る時に、歴史や経緯を知っておくとまた見識が広がりそうです。有り難うございます。タイヤの構造ひとつとってもなかなか奥が深くて大変興味深いです。

      クリンチャーならクリンチャー、チューブラーならチューブラーで奥深く掘り探ってみようと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑