*

ロードバイクやクロスバイクのチェーンを綺麗に清掃するゾ!

公開日: チェーン, 自転車メンテ・改造 ,

ロードバイクやクロスバイクのチェーンを綺麗に清掃するゾ!

自転車メンテナンスの基本であり、クロスバイクやロードバイクなどのいわゆるスポーツサイクルの世界への第一歩と言えばチェーンの清掃。

シティサイクルに乗っていた頃は注油すらほとんどする事がなくキュラキュラと軋むチェーンの音こそが自転車の奏でるメロディとさえ思っていた僕ですが、クロスバイクに乗り始めてからは、メンテナンスの一環としてチェーンの清掃もマメに行なうようになりました。

ピカピカのチェーンで走ると、いつでも新車のような気分で乗ることができますし、チェーンの手入れ具合は自転車への愛情バロメーターでもありますから、面倒くさがらずにしっかりと手入れをしてあげたいものですよね。

そんなわけでチェーンの清掃方法をサラリとまとめてみます。

sponsored link

ロードバイクやクロスバイクのチェーンの清掃

ロードバイクやクロスバイクのチェーンの清掃準備

ロードバイクやクロスバイクのチェーンの清掃準備
ロードバイクやクロスバイクのチェーンの清掃の準備として、まずは新聞紙などを床に敷き詰めておきます。

クリーナーやオイルが飛散したり、泥汚れや油汚れが結構出るんです。
ケミカルなので飛び散らかしたりするとシミになったりして残念な思いをしてしまわないようにしっかりと対策しておきましょう。

古新聞などを使えば使い捨てポイで済みますが、100円ショップでブルーシートなどを購入しても何度も使うのもコスト的には良いかもしれません。

スタンドはシャフトをサンドするタイプのメンテナンス台も持ってはいますが、殆どの場合はフック式のものを使用しています。
メンテナンススタンドよりもこちらの方が、ゴシゴシと擦った時にも安定していて扱い易いのです。

ワコーズのパーツクリーナーで汚れがよく落ちる

ワコーズのパーツクリーナーBC-8

チェーン清掃用のクリーナーの定番でもあるWAKO’SのパーツクリーナーBC-8を使います。

以前は別のメーカーの安いディグリーザーを使用していたのですがあまりに汚れが落ちないのでワコーズの製品に換えました。

WAKO’SのパーツクリーナーBC-8を使うと汚れ落ちが全く違うので、それ以来ワコーズのパーツクリーナーを愛用するようになりました。

ちなみにBC-8は中乾性なので、固着して少々頑固な汚れにもしっかりと浸透して落とすことができます。

ウエスには紙ウエスのワイプオール

ウエスには紙ウエスのワイプオール

チェーンにめがけてパーツクリーナーをそのままプシューッ!とやってしまうと、パーツクリーナーが飛び散ってしまうのでウエスでカバーします。

ウエスは多くのサイクリストから「すごく良い」という評価を得ている紙ウエスのワイプオールがスグレモノでお勧めです。

ウエスには紙ウエスのワイプオール

パーツクリーナーを吹き付けると、汚れが浮いてきます。

パーツクリーナーを吹き付けると、汚れが浮いてきます

あまり汚れていないように見えても、ウエスはみるみる黒くなっていきます。

ゴシゴシとチェーンをこすった場合、布ウエスやティッシュの類だとどうしても毛羽立ってしまうのですが、ワイプオールはこういう状態になっても一切毛羽立たないのがサイクリストから評価されている点になります。

どんなに擦っても、繊維のようなものは一切出て来ません。

一通りゴシゴシと汚れを落としたら、パーツクリーナーを乾かします。
換気も忘れずに行なうようにしてください。

注意ポイント

パーツクリーナーは樹脂や塗装を痛めてしまう性質があるので、いくら油汚れが落ちるからと言って、ゴシゴシついでにフレーム等も・・・と考えたりしてはいけません。フレームはフレーム用の潜在化中性洗剤を使うのがベストです。ブレーキシューなどに対してもパーツクリーナーの使用は厳禁です。

潤滑油のチェーンルブで仕上げ

チェーンルブで仕上げ
パーツクリーナーが乾いたら、チェーンは潤いがないカラカラの状態なので注油します。浸透性チェーン用防錆潤滑剤であるチェーンルブを使用します。

ちなみにチェーンルブの「ルブ」は潤滑油の意味で、通常はlube oilなどで表記します。つまりはチェーンオイルってことで、チェーンオイルもチェーンルブも同じ潤滑油というわけです。

メーカーや製品によって成分は違ってくるとは思いますが、基本的には、潤滑油の他に防錆材や酸化防止剤などが含まれていて、チェーンに優しい成分になっています。

チェーンオイルの粘度と汚れの関係

チェーンオイルと言っても、様々なタイプのものがあるので、製品説明をよく読んで用途に応じて適切なものを使い分けるのが良いようです。

例えば、出来るだけ効果を持続させたいような人は、粘度が高いチェーンオイルを選ぶと良いと思います。粘度の高いチェーンオイルは長期間注油しなくても効果が持続するので無精な人でも安心ですが、反面、汚れやゴミをキャッチしやすく、チェーンがすぐに真っ黒になってしまいます。

一方、粘度が低いオイルの場合は、サラサラしたオイルのためゴミや埃が付着しづらく、チェーンを綺麗な状態で維持しやすいです。但し、100kmに一度程度などでこまめな注油をしてあげないと効果が持続しないという特徴があります。

こだわらなければ何でも良いと言えば良いのでしょうが、自分のサイクルスタイルに合わせた選択をするのが良いと思います。

チェーンルブ

注油をした後は、オイルが飛び散ったり、滴ったりしないように余分な油をウエスで拭き取って終了。

自転車チェーン清掃の基本

チェーンはマメに清掃して注油してあげることで、快適な性能とチュラララと心地よい音色を奏でてくれます。新車のような気分が味わえるのもメンテナンスする喜びだったりするので、自転車メンテナンスの基本としてしっかりと励行していきたいですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑