*

初心者にお勧めのクロスバイクは?と聞かれてEscape R3と答える3つの理由

公開日: GIANT・ESCAPE, 自転車全般 ,

初心者にお勧めのクロスバイク
Photo via:http://www.giant.co.jp/giant15/bike_datail.php?p_id=00000209
初心者がクロスバイクやロードバイクなどのスポーツバイクに興味を持ち、購入しようと思った時の最初の悩みは「一体何を買えば良いのだろう?」ということだと思います。

僕自身もスポーツバイクに興味を持った際に、ママチャリの数倍もする値段のする自転車を買うのだから、買って失敗の無いように、スポーツバイクとして最低限の性能を持った自転車を選択したいと思っていました。どれでも同じと思って買ってみたら、実はスポーツバイクもどきだったりするのは絶対に避けたかったからです。

そんな中で、いろいろクロスバイクやロードバイクについて調べていると、初心者にお勧めのクロスバイクとしてEscape R3を挙げている人が圧倒的に多く、また、実際に所有している人のブログなども多くて、みなさんそれぞれのセンスで改造・カスタマイズを楽しんでいる様子を見て「GIANTのEscape R3という自転車を買えば、間違いの無い選択になる」と確信し、少しだけ欲張って、Escape R3の上位にあるEscape airを購入することに決めたのでした。

結果として、購入当初の面影がなくなるほど弄り倒した今現在でも、とても良いチョイスをしたと思っていますし、これからクロスバイクやロードバイクの購入を検討している人たちに「初心者にお勧めするクロスバイクは?」と聞かれたら、迷わずGIANTのEscape R3、またはEscape airと答えると思います。

今回は、その理由について。

初心者にお勧めのクロスバイクは?と聞かれてEscape R3と答える3つの理由

理由1:価格が安い

安いと言っても2016年モデルのEscape R3 で55,000円なので、ママチャリの数倍はしますが、一般的にまともなクロスバイクの入り口となる価格が50,000円程度と言われていますから、最底辺の価格になるわけで、非常に購入しやすい価格です。

それでもそこそこ走る性能や快適さはあり、スポーツバイクの楽しさや、スポーツバイクとは何ぞや?というようなものを知るには十分な自転車と言えると思います。

最初にクロスバイクを購入し、自転車の楽しさを知り、ロードバイクが欲しくなってしまって、すぐにロードバイクを買い直す、なんてことも特に珍しいことではありません。そんな時に、性能の高い高価なクロスバイクなどを購入していたりすると、そのクロスバイクを見切ってロードバイクに移行する、などという行動がとりづらくなってしまいます。その点、安価なEscape R3ならロードバイクへの移行も検討しやすいはずです。

そしてロードバイクを購入してしまうと、問題になるのが保管場所ですが、Escape R3程度のクロスバイクであれば、駐輪場保管も全然アリでしょうし、盗難もそれほど警戒しなくて良いものと思われます。しかし、高級なクロスバイクだと、ロードバイクを買った後も室内保管を考えなければいけなかったりで、扱いに困る事もあるかもしれません。

また逆に、スポーツバイクに興味を持ったものの、残念ながらハマらなかった場合でも、Escape R3ならその後も普通の自転車として乗り続けることができますし、けして無駄になるということは無いと思います。

そういうことを考えても、最初に安価なEscape R3を購入して、スポーツバイクの入り口で自分にとってスポーツバイクとは何かを見極めてみるのが最も良い選択ができるのではないかと思います。

理由2:同価格帯の他社製品と比較した際のお買い得感

2016年モデルの10万円以下で買えるクロスバイクについてまとめてみました。
2016年モデルの10万円以下で買えるクロスバイクまとめ

いくつものメーカーの同価格帯のクロスバイクを比較した際に、全体的な価格とスペックのバランスが良く、僕個人の評価としてEscape R3のお買い得感は他のメーカーと比べても、頭一つ抜けたものがあるなぁというのが正直な感想です。要するに、他社と比較しても、Escape R3を買っておけば、まず間違いはないと思うのです。

逆に言えば、GIANTじゃない自転車が良いとかでない限りは、Escape R3を避ける理由が無いんじゃないかとも思うのです。

理由3:改造・カスタマイズ性

改造・カスタマイズというのは、クロスバイクの楽しむ一つの大きなポイントと思いますから、改造・カスタマイズ目的でクロスバイクの購入をする方もいるかと思います。

Escape R3は人気のクロスバイクだけあって、購入者の改造・カスタマイズの情報も沢山見つけることができます。改造・カスタマイズの際にはパイプ径など注意しなければいけないことも沢山ありますし、パーツ同士の互換性の問題も注意しなければいけませんが、先駆者達の情報のお陰で、少し調べると必要な情報が見つけられ、改造・カスタマイズの際には非常に助けられます。

僕自身もEscape airを購入当初から様々な方のブログなどを参考にさせていただきながら、改造・カスタマイズをおこなってきました。勿論、他の車種でも共通して行なえる改造・カスタマイズも多いですが、何かと初めてのことが多いと、同じ車種での情報は非常に安心感があるのです。

また、Escapeはエンド幅と呼ばれるハブを取り付けるための幅が一般的なロードバイクで採用されている130mm幅と同じなので、ロードバイク用のホイールが使用できるのというのもEscapeが選ばれる大きな理由の一つになっているようです。ちなみにマウンテンバイクのエンド幅は135mmが一般的です。

初心者にお勧めのクロスバイクは?と聞かれてEscape R3と答える3つの理由のまとめ

もしも僕が僕がスポーツバイク購入前の時点に戻って、再びクロスバイク選びをするなら、やはり最初はEscape R3あたりを購入するのではないかと思います。

それで、しばらく乗ってみて、自分にとってスポーツバイクが楽しめるようなものであれば、Escape R3に乗りながらスポーツバイクにの知識を増やしつつ、最適なロードバイクを検討して購入する、というような購入パターンを選ぶと思います。

というのも、いきなりロードバイクを買おうと思っても、いきなりDURA ACEをインストールしたハイエンドモデルは購入できないでしょうし、無駄になる可能性も考えると、ロードバイクとしては入り口となる10万円台のモデルを買ってしまうでしょう。しかし、その場合、必ずもっと性能の高い自転車が欲しくなると思われるので、ロードバイクの買い直しをする可能性が非常に高いです。そうなると逆に余分な出費が増えてしまいますし、古いロードバイクの扱いにも困ることになります。

その点、まずEscape R3を買っておけば、ロードバイクを買った後でも、お気軽、街乗り用として活用し続けることができますから、無駄になることがありません。また、ロードバイクをグレードアップさせていく中で、余ったパーツなどをEscape R3に流用することもできますから、一石二鳥な展開をすることができます。

また、最初から高性能な10万円超えのクロスバイクを購入するのも有りだとは思いますが、ロードバイクを欲しくなった際には性能的にも中途半端なものになりますし、なまじ高級なため、その扱いにも困ったりするわけで、自分の中ではっきりとした方向性が決まっている時以外は、高級なクロスバイクには手を出さないのが無難かもしれません。

そんなわけで、Escape R3は安くて初心者が取っ付きやすいクロスバイクだからお勧め、というだけでなく、その後の自転車ライフの展開を考えても無駄が少なく愛着を持って所有していけるというのが、初心者におすすめのクロスバイクとしてEscape R3を挙げる理由になっているのではないかと思います。

Escape R3とその他

Escape R3と比較検討されるクロスバイクとしては
GIANTのEscapae airRX3
cannondaleのQUICK 5
SpecializedのSIRRUS
BianchiのCAMELEONTEとROMA 4
TREKの7.2FX
GIOSのMISTRAL
LOUIS GARNEAUのLGS-TIREUR
などが挙げられると思います。

ちなみに比較する際のポイントとして
価格(6万円前後)、重量(10kg前後)、クランク、シフター、フロントディレイラー、リアディレイラー(SHIMANO製)かどうかを基準に考えれば在る程度の判断はできるのではないかと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑