*

大分空港が自転車専用施設を整備してサイクリストを歓迎の姿勢。でも・・・

公開日: 自転車事情, 自転車全般 ,

自転車専用施設

大分空港が昨今の自転車人気に目を付けて、大分空港を利用するサイクリストに快適なサイクリングを楽しんでもらう取り組みを2015年10月から始めるそうです。

大分空港に自転車専用施設

施設利用者増加と観光アピールが狙い

大分県は、大分空港を利用する自転車愛好家に県内で快適なサイクリングを楽しんでもらう取り組みを10月から始める。空港に整備する専用更衣室で動きやすい服に着替え、沿道の店舗や旅館でパンクの修理や空気入れができる。全国的にも珍しい事業で、経営が苦しい空港の利用者を増やす狙いがある。
大分空港に自転車専用施設 修理や着替え、愛好家支援(2015.9.16 07:01 産経ニュース)

具体的な取り組みは
・更衣室や組み立てスペースの整備
・沿道の旅館やコンビニに、パンク修理の工具や空気入れの設置
・専用サイトで観光アピール

年に数回は空港を利用する身としては、空港内で自転車を輪行している人を見るたびに、いつかは自分も、と思ってしまうわけで、大分空港のような取り組みで、飛行機で飛び立ったその先の地で安心して自転車を乗られるようなサービスは、一人の自転車乗りとして嬉しい限り。

大分空港は2015年9月5日(土)に「空の日」イベントの一環として、滑走路でサイクリングができる滑走路上でスポーツ自転車を走らせることができる「ランウェイ・ライド」を実施するなどで、自転車関連で施設利用者を増やそうとする取り組みに力を入れている様子。

今回の自転車専用施設の整備もその一環で、施設利用者の増加や観光アピールを狙っての取り組みのようです。

環境的には厳しい現状もあるようです

しかし、記事の最後に気になる一文。

ただ、ほとんどのルートは自転車専用道がなく、安全確保が課題。

とのこと。

気になってツイートを見てみると、大分県在住と思われる方のツイートでは

おやおや・・・

っと思ったので、こんな時にはGoogleマップで大分空港周りを確認。


流石に空港周りは二車線の整備された道のようです。
武蔵バイパス。


近くの県道404号。
車道よりも歩道の方が広々走りやすそうです。


別の道。
空港から少し離れた場所。

Googleマップを見る限りでは他の道も似たり寄ったり。
僕は田舎の出身なので、田舎によくある道だな、というのが素直な感想。

車の量を考えれば、そんなに走りづらいかな?と思ったりもするわけですが、ふと僕が日頃快適に走行している道を思い返すと、二車線以上の大きな道を走ることがほとんどです。
それは何故か?

二車線以上の大きな道を選ぶ理由

・車が余裕を持って追い抜いてくれる
・路面が整備されていて走りやすい
・渋滞を作ってしまう可能性が無い

などなどで、狭い一車線の道と比べると、二車線以上の広い道は圧倒的にストレスが少なく快適に走れるのです。

それを考えると、この一車線ばかりの道をみると「あー、確かに・・・」と思ってしまうかも。

追い越し禁止の一車線の道で、交通量の多い場所にハマったりすると、渋滞を作ってしまいかねません。その間の後ろの車からのプレッシャーはすさまじいわけです。

さらに、田舎の一車線の道は整備されていない古い道も多い為、路面状態は概ね悪いと考えて間違いありません。

路面状態が悪いとどうなるか?
快適な走行は難しいですし、パンクのリスクも大きくなると思われます。

田舎ですから途中でパンクしてしまうと、田園風景の中で途方に暮れてしまう可能性も大いにあると思われます。この点、都会の道を走るのとでは全く事情が違います。

まぁそのあたりを見越しての、空港周辺(周辺と言えば東京では半径500m程度の感覚ですが、田舎だと半径10kmくらいかな)のコンビニなどにパンク修理の道具や空気入れを設置するようにしているのでしょう。

そんなわけで、なかなか理想からは遠い現実もあるようですが、こういった取り組みは自転車乗りとしては大歓迎!

最初にカタチを求めてしまうと計画段階で挫折してしまうことだってあるでしょう。まずはアクションが基本です。取り組みが先行してから、あとから環境が整ってくることだってあるのです。

今まで空港からの足と言えばレンタカーが定番でしたが、いつか自転車が定番の仲間入りをする時代が来ても良いかもしれません。

その土地土地の空気をダイレクトに感じられるのは、自転車ならではの醍醐味ですし、なかなか素敵だと思うので、はやくそんな時代が来れば良いのになぁという機体、いや、期待とともに今回のエントリを終了したいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑