*

サイクリストも携帯していると便利なモバイルバッテリー

公開日: 自転車メンテナンス・カスタマイズ, 道具・工具

自転車とモバイルバッテリー

サイクリングを楽しくするスマートフォンにはモバイルバッテリーが必須

自転車とモバイルバッテリー
スマートフォンの進化で自転車にもスマートフォンを設置して走っている人を多く見かけるようになってきました。

サイクリング系のアプリや、スマートフォンと連動したサイクルコンピューターやフィットネスグッズなども数多く有り、一昔前の単調だったサイクリングとは違い、目的に応じた適切な情報を得られるなど、いろいろな視点でサイクリングを楽しめるようになってきたのではないかと思います。

僕自身も走行ログとして、RuntasticのRoad Bikeや、使用しているサイクルコンピューターのステルス10と連動しているCATEYEが提供しているCATEYE Atlasに連動したCATEYE Cyclingなどのアプリを使用していたりします。

同じ道を走るルーティンでも、上記のようなアプリを使用すると、目的や目標、基準のようなものが見えてきますし、楽しみの一つとしてモチベーションの維持にも一役買ってくれたりするので、今ではこれらの情報無しにサイクリングに出かけるのは、何だか損をしているような、物足りないような気持ちになったりするほどです。

しかしながら、そこで付きまとう問題としてあるのが、スマートフォンのバッテリー問題。アプリを起動している程度ではそれほどバッテリーは消費したりはせませんが、常時ディスプレイ表示をさせていれば、瞬く間にバッテリーは減ってしまいます。

なので、自転車でスマートフォンを使用する場合にはモバイルバッテリーは必須アイテムになってきます。

有ると便利なモバイルバッテリー

自転車にモバイルバッテリーを携帯する

スマートフォンのヘビーユーザーなら、モバイルバッテリーは常に携帯しているという人も少なくないと思いますが、ヘビーユーザーでなくても上記のようにスマートフォンを活用して自転車を楽しもうと思う場合には、モバイルバッテリーは携行品として備えておくと何かと便利です。

スマートフォンだけでなくライトなども充電できる

最近の自転車ライトはバッテリー式のモノが主流になってきていると思います。

バッテリー式のライトは、コンパクトだったり、デザインにバリエーションがあったり、繰り返し充電出来るためランニングコストを安く抑えられたりして利点も多い反面、バッテリー切れを起こしてしまうと詰んでしまい、電池式のようにコンビニを見つけて新しい電池を買って解決!というようなことは出来ません。

僕の場合もバッテリー式のライトを使用していますが、もしもの時のために、小型の電池式のライトも一緒に持ち運んでいたりします。

特に僕の場合は、夜中のサイクリングをすることが多いので、ライトに対して不満と不安のある部分が電池の持続時間。

前照灯は常に点灯させていなければいけないので(点滅は違反ですヨ)、僕の使用しているライトの場合は、連続点灯だと1時間30分程度を目安に考える必要があり、少し長めのサイクリングになったりすると残量を気にしながら走ることになってしまいます。

また、最近はライトだけでなく、サイクルコンピューターやその他の物もバッテリー式のものが多く、僕が使用しているサイクルコンピューターのステルス10も、心拍計のmio ALPHAも全てバッテリー式です。




これらのアイテムが充電切れを起こした時にも、基本的には全てUSB充電だったりするので、モバイルバッテリーが一つあるだけで全て充電できるのですから、モバイルバッテリーを携行しておくと非常に安心できます。

僕が使用しているモバイルバッテリーはcheero

僕が使っているモバイルバッテリーは残念ながら、現在はラインナップから消えてしまっていますが、ダンボーモデルなどでも知られているメーカーのモバイルバッテリーになります。

いろいろなタイプのモバイルバッテリー

モバイルバッテリーには、いろいろなデザインの他、容量や大きさなどにもバリエーションがあり、用途や目的に応じて選択するのが良いと思います。

薄型

iPhoneなどと重ねて使用する事を前提にするなら、薄型タイプのモバイルバッテリーが使いやすいと思います。

大容量

容量が大きいと、何度も充電しても余裕。最近は小型でも大容量のモバイルバッテリーも増えて来ました。

小型軽量

自転車で携帯するなら小型のモバイルバッテリー。容量は犠牲になりますが、保険と考えればこの程度でも十分かもしれません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑