*

自転車は車道だけじゃなく自転車歩行者道も一方通行にすべきだと思う理由

公開日: 感想・考察・レポート

自転車一方通行

自転車が歩道を通行する際には、一方通行にした方が絶対に良いと思う歩行者目線での意見です。

sponsored link

歩道を自転車が双方向通行すると危ない理由

普通自転車通行指定部分

自転車は基本的に車道を走るということになっているので、自転車は歩道は通行できません。しかし、純粋な歩道は街中ではほとんど見かけることがなく、歩行者と自転車の通行が許可された自転車歩行者道が一般的かと思います。

そんなわけで、ほとんどの場合で自転車は車道以外でも通行出来るため、車道ではなく自転車歩行者道を通行する自転車も多くいます。

歩行者から見ると自転車は非常に恐い

ご存知の通り、自転車が車道を走る場合は、自動車などと同じ左側通行をしなければいけませんが、自転車歩行者道に関しては何故だかどちら側でも通行して良い双方向通行になっています。

双方向通行の方が何かと都合が良い部分もあるからなのでしょうが、歩行者の立場からその現状を見てみると、自転車の双方向通行を危ないと感じることは非常に多いです。

特に小さな子供を連れていたりすると、いつ事故に遭ってもおかしくない情況なので、常に周りに気を配って緊張して歩かなければいけないという情況です。

歩道でも徐行せずに抜き去って行く自転車も多いですし、前からも後ろからも来るので、前から自転車が来たので道を開けようとすると後ろから来た自転車に追突されそうになることもしばしばです。

そのあたりを一番理解している子乗せ自転車でも小さな子供が歩いているすぐ近くをかなりのスピードで走り抜けていく人も居たりするのですよね・・・。

双方向通行だと自動車が歩道に侵入する際に見落としてしまう

自動車と自転車との接触事故が多いのは自転車が車道を通行している時ではなく、歩道を通行している時に車道から右折してきた自動車との接触が多いそうです。

車道を通行している自転車は自動車からの視認性が良いので意外と事故が少ない様ですが、歩道を通行している場合は植え込みなどで見えなかったりすることも多いほか、双方向通行のため、どちらかの自転車に気を取られて見落としてしまうなどが原因のようです。

実際問題で、自転車歩行者道を通行している時に、車道から右折してくる自動車が全く気がついてくれないことも珍しいことではないですよね。

実際問題でライトなどが点滅されていれば気付きやすいのですが、見落としやすい存在なのは間違い有りません。

自転車歩行者道をなくす動きも起きている?

自転車歩行者道であっても自転車が歩道を通行することを危ないなと感じている人は少なからずいるようで、自転車と歩行者が同じ道を走る自転車歩行者道をやめて、自転車は自転車歩行者は歩行者という具合に別々の道を通行させるような動きも出ています。

自転車専用レーンを新たに作るなどで、歩行者と自転車の通行区分をはっきりさせて分離させるような動きもあるようです。

愛知県の例

もともとは上記のように双方向通行が出来る自転車歩行者道でした。
道幅に余裕があるので安全そうな気もしますが、自転車にとってスピードを出しやすい道でもあるので、その中で歩行者と混在して通行するというのは危険がともなうと思われます。

自転車通行帯Photo via:http://www.tonichi.net/news/index.php?id=49147

それを改修して新しく自転車通行帯を整備したそうです。
このような自転車通行帯の場合は基本的に一方通行になるでしょうし、歩行者も居ませんから危険度はかなり下がるものと思われます。

岡山県の例

元々の様子です。
片側一車線の狭い車道の街中でよくあるような道路だと思います。

この場所は県庁に近い場所でもあるので、おそらく歩道にも歩行者が多く居るものと思われます。このような場所では歩行者と自転車のトラブルは日常茶飯事ではないでしょうか。

自転車専用レーンPhoto via:http://www.yomiuri.co.jp/local/okayama/graph/article.html?id=20151128-OYTNI50071

車道を一方通行の一車線に変更して道路の両サイドに自転車専用レーンを整備するという、思い切った改修を行なったようです。

自転車にとっても通行しやすく、歩道を歩く人にとっても安心して歩ける環境になったと思います。

上記のような感じで、歩行者、自転車、自動車の通行区分をはっきりさせる動きが全国的にあり、自転車歩行者道は減る流れにあるようです。

まとめ

僕自身、自転車で通行する道は基本的には車道ではありますが、時として自転車歩行者道を通行することもあります。

しかしながら自転車歩行者道を走る時は、車道を走っていた流れで通行するため、進行方向は自動車と同じで左側通行でしか走りません。

もちろん、時と場合によっては反対側の自転車歩行者道を走ることもありますが、逆走している感じがあるため落ち着いて走れないんですよね・・・・。

恐らくですが、自動車の免許等を取得している人にとっては、逆走自転車は非常に迷惑な存在ですから、自分が自転車に乗る時には走行方向に関しては、たとえ自転車歩行者道であろうと自然と意識するのではないでしょうか。

個人的には、自転車歩行者道も車道と同じように一方通行で規制して欲しいなと思っていたりします。やはり小さな子供を連れて歩いている時に安心して子供を歩かせられないというの情況はどうにかした方が良いのではと思うのです。

世の中的に同じ事を考えたりする人も多々いるようで下記のような記事や研究もあるようです。

自転車の歩道通行方向に関する考察
第6回 双方向通行が危ない

しかしながら、路側帯ですら平成25年12月1日に道路交通法改正されるまで双方向通行が可能だったわけですから、歩道が一方通行になるのは、可能性があったとしても、まだまだ先の話ということだけは間違いなさそうです。

Comment

  1. ろぜつ より:

    双方向通行が本当に危険かどうか、一方通行にすべきかどうかは議論が分かれる所です:

    「交差点通過回数を考慮した自転車の通行位置と進行方向による交通事故遭遇確率の比較分析」
    http://library.jsce.or.jp/jsce/open/00039/201211_no46/pdf/206.pdf

    「相模原自転車道の新規開通部分と双方向考察」
    http://otenbanyago.at.webry.info/201502/article_3.html

    「一方通行 vs 双方向通行」
    http://perfect-comes-from-perfect.blogspot.com/2015/07/vs.html

    最後に挙げたのは私自身が書いた記事です。最適なインフラ形態は個々の道路構造や移動需要によって異なるので、安易な一般化は避けた方が良い、との立場です。

    • escape air より:

      ろぜつさま
      興味深い考察記事拝読いたしました。
      二歩も三歩も踏み込んだところでのご意見、大変参考になります。
      どこに視点を置くか、何を基準にするかで答えは随分変わってきそうですね・・・。
      もう少し僕自身の立場もハッキリさせて考え直してみようと思います。

      • ろぜつ より:

        あ、すみません、「立場」と書いたのは拙かったです。固定的な信念は持たない方が、先入観に囚われない柔軟で中立的な考え方ができますよね。

        こちらのブログは検索で辿り着いた旧玉川水道道路の記事(http://escape.poo.tokyo/post-2874/)で知ったのですが、まさにその記事が、自分の中のバイアスに気付く切っ掛けになりました。

        以来、その新鮮な視点や柔らかな文体が心地良く、時々拝見しています。escape airさまが今後どのような視点を生み出していかれるのか、とても楽しみにしています。

        • escape air より:

          ろぜつさま
          いえいえ、立場という言葉で「ハッ!」として、一つのエントリの中で、複数の視点で書いていることに気付いた次第です。
          改めて、歩行者、自転車、自動車の立場になって見てみると、この自転車の一方通行もだいぶ違った答えになりそうなので、近々考えてみたいと思います。

          先入観に縛られないように、自分が思っている逆の視点も必ずチェックするようしようと思います。コメントありがとうございました!

  2. レディオ より:

    斜め読みなのだでちゃんと読めてないが故の勘違いとかあったらゴメンなさいですが、読んでていくつも違和感あったので指摘させて頂きます。

    と、思いましたが、最後の所だけにしておきます。
    不便云々に関してですが、場合によっては物凄く不便です。
    路側帯は基本的に細い道路や路地ですから、反対がに渡るのがそんなに大変じゃない時が多いと思われます、そもそも路側帯の場合はそのまま交差点に突入しますから、歩道との違いが多くあるかなと。
    歩道が設置されている道路は大抵大きな道路で交通量もおおいので、進行方向が違えば非常に不便ですし、片方向にしか進めないのであれば、強引に渡ったり、安全に渡れるところまで戻ったりしなくてはいけません。
    当然強引に渡れば危険ですし、安全な所で渡るにしても危険はかなりあります。
    簡単な地図を書いて、500mや1kmの範囲くらいで目的地をいくつか設定してみて下さい。
    多分、危険で不便だと感じると思います。

    こんな不便を受け入れられるくらいなら元々現状のルール云々で騒がれる事もないんじゃないかと思います。

    • escape air より:

      レディオさま
      不便を受け入れさせて秩序を保つためには・・・自動車などのように免許制にしないと駄目かもと、コメントを見て改めて考えさせられました。
      場所、乗り方、何を優先させるかで、いろいろな考え方が出来きますよね。そういう意味で、自転車目線だったり歩行者目線だったり、自動車目線だったりで定まっていない内容が違和感の最たる原因かもしれません。自分自身の立ち位置もはっきりさせて、もう少し掘り下げて考えてみたいと思います。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑