*

クロスバイクとかカジュアルに自転車に乗りたい人の冬用ウェアは登山ウェアが意外と良いかもしれない

公開日: 服装, 自転車全般

登山ウェアとサイクルウェア

11月にもなると、気候は随分肌寒く感じるようになってきます。
いくら身体を動かす自転車と言えど、夏と同じ服装では寒くなって来るので、冬支度が始まります。

本格的なロードバイク乗りならサイクルウェア一択

本格的なロードバイクの場合は、冬用のウインドブレークジャケットを着用するのがベストかと思います。自転車専用にデザインされたウェアは通気性や速乾性など、いろいろと快適な仕様になっていてます。

そのため「ピチピチはやだよ!」「サイクルウェアって何でこんなに高いんだよ!」などと文句を言っている人でさえ、一度着用してしまうと、手放せなくなってしまうほど快適なサイクリングができるようになるわけですから、他に選択肢は無いものと思います。

クロスバイクとか私服で自転車に乗りたい人の冬用ウェア

さて、問題はクロスバイクなどに乗っているとかで、本格的なサイクルウェアを着るにはちょっと抵抗があって、どちらかと言えば私服寄りな服装で自転車に乗っている人の場合です。

週末等にサイクリングロードに出てひたすら自転車に乗り続けるような場合はサイクルウェアがベストな選択なのは間違いないのですが、通勤とか、街乗りとかで考えると、サイクルウェアはちょっとやり過ぎ感が出てしまいます。

特にロードバイクと比べるとカジュアルな感じのクロスバイクなどの場合はなおさらで、出来るならもう少し街に馴染むような、自転車を降りたとしても普通な感じのする服装がベストだったりするわけです。

ジャンパーやダウンジャケットは自転車に不向き

かと言って、普通のジャンパーやダウンジャケットなどを着込むと、自転車の場合は身体を動かしていることもあり、次第に暑くなってきて、すぐに汗をかきはじめてしまいます。

ジャンパーやパーカーは通気性も悪いですし、中に熱と湿気がこもるため、そのうち不快になってしまいます。近距離なら良いですが10kmを越えるような乗車の場合は、自転車向きではないと言えるでしょう。

そこで便利なのが登山ウェア。

登山ウェアは意外と自転車向きかもしれないと思う理由

防風対策

サイクルウェアのほとんどが防寒というよりは、防風対策の方が冬場のメイン対策になっていると思いますが、登山用ウェアも同様に防風対策をメインにしたジャケットが多いです。

軽量で快適

普通のジャンパーなどと違い、軽量なものが多く、スポーツウェアとしての側面もあるので、動きやすく作られています。

素材も、サイクルウェアなどで使用されているゴアテックスなどが採用されていて、保温をしつつも、透湿性があり、蒸れづらく快適さを保つことができますし、温度調節がし易くなっているのも登山ウェアの良い所です。

タウン着でも問題なし

登山ウェアを着ている人は街中でも結構見かけます。・・・というか、むしろ登山ウェアのメーカーだらけです。
なので、自転車を降りた後でも全く浮くようなことがありません。

HAGLOFS SKARN WINTER HOOD

HAGLOFS SKARN WINTER HOOD
ホグロフスというメーカーの SKARN WINTER HOODというタイプのジャケットを購入しました。

(ホグロフス)HAGLOFS 602667 602667 2C5 TRUE BLACK S
街で時々見かける、こういうタイプのジャケットです。
スリムなシルエットなのも良い感じです。

登山ウェアはサイクリング向き
生地はこんな感じで中綿は無しなので、保温を考えれば下には長袖シャツなどを着込む必要がありますが、防風対策は完璧です。

自転車に乗っていれば必然的に身体は温まるので、下手に中綿があるタイプよりも、これくらいの方が調子が良いと思います。

登山ウェアでサイクリング
生地は少しだけシャカシャカ系。
軽くて着心地が大変良いです。

登山ウェアのフード
首元が冷えるとなおさら寒く感じるので首元を完全に覆えるタイプなのは重要です。暑くなればジッパーを下げれば良いだけなので簡単に温度調節もできます。

登山ウェアの袖口
袖口はマジックテープ。
テープを外すと袖口が大きく開いて温度調節を容易にします。
逆に空気が入らないほどしっかりと締めることもできます。

長い着丈と袖丈
ホグロフスはスエーデンのブランドなので、基本的なフォルムは外国人向けになっていて、着丈(背面)と袖丈が長めに作られています。この点で、サイクルウェアと同じ特徴があるのも、自転車向きかなと思う理由です。

175cm 70kgの僕でMサイズでお尻が半分程度隠れます。

お陰で前傾姿勢をとっても、背中が出たり、手首が出たりしないので快適に自転車に乗れる、というわけです。

クロスバイクなどでカジュアルに乗りたい場合は登山ウェアが良いかもまとめ

前提として、自転車に乗る際に最も快適な服装はと言えば、サイクルウェア(サイクルジャージ)なのは重々承知ではありますが、クロスバイクなどの場合は、もう少しカジュアルに乗りたい、だけど普通の防寒対策だと暑くて不快、ってところで登山ウェアに辿り着いた次第です。

サイクルウェアもカジュアルなものが増えて来ているようにも思いますが、ランニングウェアと同じ路線で、あくまでスポーツウェアとしてのカジュアルさが追求されているようで、タウン着のようなカジュアルさとはまた違った感じで進化しています。

サイクルウェアは自転車専用のウェアなので快適さはバッチリなのですが、クロスバイクのようなお気軽な自転車の場合には、ちょっとやり過ぎ感がでてしまうのも事実で、個人的にはクロスバイクの冬の服装はちょっと頭を悩ますところでもありました。

しかしながら、カジュアルな服装でありつつも、機能面も充実している登山ウェアを見た時に、クロスバイクや街乗り自転車にはちょうど良さそうだなと気付いけたお陰で、その問題も解決できそうです。

でも、よく考えると、これに気付いているのは僕だけではなく、街乗り自転車の人をよくよく見ていると、登山ウェアの着用率は結構高いようにも思います。みんな考えることは同じなのかもしれませんね。

Comment

  1. あろえ より:

    フード付きって風をはらむから自転車に向いてないのでは…
    ユニクロのウルトラライトダウンはヒルクライムのダウンヒルで着てる人もいますね、ポーチ付きで折りたたむとコンパクトになるので携行性も良いです。

    • escape air より:

      あろえさま。
      いつも的確なコメントありがとうございます。
      フード付き。ロードバイクの場合は前傾姿勢なのでパラシュート状態で絶対無しな選択ですよね。クロスの場合もサイクリングしようと思うと無しな選択だと僕も思います。
      街乗りでそれほど速度も出さずあればフードもそれほど気にならないというようなところです。まぁ無い方が煩わしくないのは確かです。

      知り合いの方もユニクロのライトダウンをお勧めしてました。コンパクトになるのが最大の魅力ですよね。街乗りでもパンク等で立ち往生した際に身体を冷やさないための対策として傾向しておくと便利だと勧められたことがあります。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑