クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

感想・考察・レポート 自転車全般

冬の自転車の防寒対策で革ジャンのライダースでクロスバイクに乗ってみた

更新日:

革ジャンのライダースでクロスバイクに乗ってみた

自転車が最も心地よい季節は秋だと個人的には思っているのですが、その季節は短いのが非常に残念です。秋が終わると自転車に乗るのが辛い寒い冬がやってきます。

寒くなると気持ちが重くなるせいか、あからさまに街で見かけるクロスバイクやロードバイクの数も少なくなります。

確かに冬は寒いですが、その寒さに打ち勝って走り出せば、乗り出しこそは寒いものの、身体が暖まった後はそれほど寒いと感じることもありませんし、汗だくにもならないので、個人的には、炎天下の夏を走るよりも冬のサイクリングの方が快適だと思っています。

もちろんある程度の寒さ対策は必要ですが、つま先と指先と腕、それから耳さえカバーできれば、なんとでもなってしまうのです。

僕がクロスバイクに乗り始めた頃、自転車の寒さ対策で失敗したことがあります。クロスバイクに乗り始めて初めて迎える冬に備えて準備していた防寒具は革ジャンのライダースでした。

革ジャンと言えばライダース。ライダースといえばバイク。バイクと言えば二輪車。二輪車と言えば自転車です。つまりオートバイに乗る際に着られる服は、自転車に乗る時にもきっと最適なに違いないと思っていたのです。

ピチピチなサイクルウェアで自転車に乗ること自体を頑に拒んでいた時期でもありましたから、なんとかして普段の服装に近い服装で自転車に乗ることを考えていたの僕がチョイスしたの革ジャンだったというわけです。

「革ジャンでクロスバイク?」
「馬鹿じゃないの?」
と思われると思いますが、革ジャンと言わずとも、普通のコートや防寒着を着てロードバイクやクロスバイクに乗ってしまうというのは初心者がやりがちな失敗だと思うのです。

冬の自転車の防寒対策で皮ジャンでクロスバイクに乗った結果

皮ジャンでクロスバイクに乗ると暑くて蒸れる

冬の自転車の寒さ対策として革ジャンのライダースを着てクロスバイクに乗ってみました。おそらく普通のジャンパーやコート、ダウンジャケットなどを着ても同じような結果になると思いますので冬の自転車の寒さ対策の参考にしていただければと思います。

身体が温まると暑くて不快になる

革ジャンのライダースでクロスバイクに乗ると、乗り出しはしっかりと防風ができて快適なサイクリングがスタートできます。

前傾姿勢でギシギシと革が軋んでやや窮屈ではありますが、オートバイに乗っていても同じように前傾姿勢を取ることを思えば、それはそれで「なかなか調子が良いじゃないか」と思ったりするのです。

ここで問題なのはオートバイの場合は温まるのはエンジンですが、自転車の場合は温まるのは身体です

身体が温まってくるにつれ不快なほど暑くなってくるのです。

暑くなるだけならまだ良いのですが、革ジャンの中は蒸れ蒸れで、汗なのか蒸気なのかわからないくらいのサウナ状態になり、できることならすぐに脱ぎ捨ててしまたいほど不快になります。

フロントのジッパーを全開にしてなんとか熱気を外に出そうと試みたりしますが、背中方面に回った熱気はなかなか外に出てくれません。

スポーツウェアには排熱機能がある

スポーツ等に使用されるウェアにも冬用のウェアはありますが、防寒対策がとられているのと同時に、普通は熱気がこもらないように排熱できるベンチレーション機能を備えていたりします。それにより快適なままスポーツを続けられるようになっているのです。

しかし革ジャンのライダースの場合は、そもそもスポーツ用のウエアではありません。その名の通りでオートバイに乗っている時に着る服ですから、冷風を防いだり、体温を奪われないような上着なので、ハナから排熱する機構など備わっていないのです。

ロードバイクやクロスバイクなどの自転車は「踏んだらモーダー」の異名の通り、ペダルを踏まないと前に進まないわけで、嫌が応でも身体を動かさなくては乗れません。身体を動かせば必然的に熱が発生するものですから、いくら寒い真冬であっても、排熱機構が無ければ熱気で不快になってしまうのです。

その点、スポーツウェアは排熱もしっかりと出来、快適にスポーツできるようにちゃんと考えられていて、着てみるとすぐに実感出来るようになっています。「まじですごいなぁ」と感心するレベルで普通の服とは違うのです。スポーツウェアは身体を動かしやすいだけではないのですね。

クロスバイクやロードバイクに乗るのであれば自転車に適した格好をすべし

自転車に乗るには自転車に適した格好をすべし

サイクルウェアは自転車に乗ることを考えられて作られているから快適

ママチャリの場合だと長距離を走ったりはしないでしょうから通常の防寒対策でも身体が暑くなるほど走ることもあまりないでしょう。どちらかと言えば寒くならないようになるべく着込んで自転車に乗るかと思いますが、クロスバイクやロードバイクで10km以上走るような場合は、最初の寒ささえ乗り切ってしまえば、どんなに寒い日でも身体が汗ばんでくるほどで基本的に寒くはありません

クロスバイクに乗る前の僕は「自転車って寒そうだな」という印象を持っていましたが、実際には自転車に乗っている時よりも、歩いている時のほうが圧倒的に寒いんですよね。ロードバイクやクロスバイクに乗る時に、普通のアウターを着込んでしまうと、暑くて蒸れて不快で大変な思いをすることになるのです。

そんなわけで、クロスバイクやロードバイクなどのスポーツ用自転車に乗る時にはちゃんとサイクルウェアを着るようにした方が良いと思います

サイクルウェアを一度着てみれば「どうしてもっと早く着なかったんだ」と思うくらいに快適です。あまりに快適なので、それを着なければ自転車に乗りたく無いと思えるようになるのです。多くのサイクリストが次第にピチピチのタイツウェアのようにになっていくのもそんな理由があるからです。

サイクルウェアはシーズン直後に準備すべし

一般的なアパレル用品は、シーズンが終わるとバーゲンセールで安くなったりするため、シーズンオフまで待って安くなったところを買ったりすることもあるかと思います。

しかし、サイクルウェアの場合は必要な時に買ってしまった方が良いでしょう。

何故ならば、シーズンが始まると人気商品や一般的なサイズのウェアからどんどん売れてしまって、次から次に欠品になってしまうのです。

冬に入ってしばらく経った年明けあたりで冬用のウェアを買いに行っても、まともなデザインのウェアはほとんど残っていないと思って間違いありません。

恐らくですがサイクルウェアは一般的な洋服のように大量には製造していないからだと思います。そのシーズンシーズンで売り切って終わり的なものなのかもしれません。

普通の防寒具は携行すべし

クロスバイクやロードバイクに乗っていると冬でも暑く感じてしまうので、自転車に乗っている時には基本的に薄着になってくるのですが、途中でパンクなどのトラブルに見舞われたような場合のことも考えなくてはいけません。

パンク修理の作業を行っている時などは一気に身体が冷えてしまうので、万が一のトラブルの際に備えて防寒着は携行しておいた方が無難です。

最近はクルクルと丸めて小さくできるダウンジャケットなども多いですから携行する荷物の1つとして準備しておけば、持ってて良かったなぁと思うことになるはずです。ユニクロのダウンジャケットなどは易いですしかなり小さくすることができるのでオススメです。

-感想・考察・レポート, 自転車全般

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.