*

夜中のサイクリングのメリット・デメリット

公開日: 感想・考察・レポート, 自転車全般

夜中のサイクリングのメリット・デメリット

クロスバイクのESCAPE Airに乗るのを日常の楽しみにしているもの僕ではありますが、現在子育て世代の真っただ中という事情もあって、自由にクロスバイクに乗れるのは、真夜中くらいしかありません。

多くのサイクリストがしているように、週末などの休日を一日利用して朝から晩まで走ってみたいという願望はあるわけですが、子育て世代の身にとって週末の日中は家族サービスのための時間でもあるので、おいそれと「一日サイクリングに出かけて良いかな?」などとは言えないのが現実です。

特に我が家の場合は共働きで、奥さんが平日休みの仕事なので、週末は僕一人で子供の面倒を視なければいけなくて自転車どころではないのです。

そんな事情もあり、子供が寝静まった夜中に抜け出してはサイクリングを楽しんでいるわけですが、もしも誰かに「自転車に乗るのに最適な時間帯は?」と聞かれたら「夜中かな」と答えてしまうかもしれません。

というのも夜中のサイクリングには夜中のサイクリングで楽しいことやメリットもあるのです。

夜中ばかり走っている僕なりの視点で夜中のサイクリングについてのメリット・デメリットを考えてみたいと思います。

夜中のサイクリングのメリット

夜中のサイクリングのメリット

夜中のサイクリングは交通量が少なくて走りやすい

夜中にサイクリングをすることの最大のメリットと言えば、交通量が圧倒的に少ないという点。車だけでなく、バイクや自転車、歩行者までも少ないというのは、自転車を走らせるにはかなり快適な環境と言えるでしょう。

ストレスが少ない

交通量が少ないと、走行中に感じるストレスが全く違います。
車通りの少ない道を貸し切り状態でスイスイと走れる快適さは日中のサイクリングではまず有り得ません。

車の居ない夜の道に慣れてしまうと、たまの昼間のサイクリングでは非常にストレスに感じてしまうほどで、この快適さを味わうと、昼の道に戻るのはなかなか難しくなりそうです。

危ない思いをすることが少ない

交通量の多い時間帯のサイクリングは車道を走るのが恐いと感じることも多いですし、実際問題で死にそうな目にも何度も遭っています。

しかし夜中のサイクリングでは、身の危険を感じたことはほとんどありません。

渋滞に巻き込まれない

渋滞は車だけの問題ではありません。
狭い道などで渋滞にハマってしまうと、自転車でも身動きができない状態になってしまうこともあります。しかし夜中の場合はそもそも渋滞自体がありません。

昼間に渋滞を起こしてしまうような細い道ほど夜には車が居なくなるので常に快適にサイクリングを楽しむことができます。

夜中のサイクリングは信号に引っかかりづらい

信号の切り替えのタイミングは交通量で制限されていたりするようです。
そのため、全体的に交通量の減る夜間は、交通量の多い道路を優先するようになるため、幹線道路は必然的に青信号の時間が長くなります。

青信号が長くなると、停車する時間も回数も少なくなるので快適にサイクリングが出来るようになります。

僕が日頃サイクリングで走っている道などは、ほぼ黄色の点滅信号で停まる必要がなく、まるでサイクリングロードでも走っているかのような快適さでほとんど停止することなく走り続けることができたりします。

クロスバイクやロードバイクに乗っていて最大のストレスは停まることだと思うので、その回数が極端に少なくなるということは、かなり大きなメリットだと思います。

僕自身もクロスバイクのESCAPE Airに乗っていて、一番ストレスに感じるのが信号待ちで、何度も連続して信号に引っ掛かってしまうとどうしてもイライラしてしまうのですが、夜中のサイクリングではそういったストレスがほとんどありません。

夜中のサイクリングは涼しい(夏)

これは夏に限ったお話ですが夏のサイクリングは暑さとの戦いでもあります。
焼けた路面もタイヤのことを考えるとあまり良いコンディションとは言えないでしょうし、とにもかくにも暑いので出来るだけ夏の日中には走りたくない人も多いと思います。

夜中のサイクリングでも暑いと言えば暑いですが、昼間のサイクリングとは違って耐えられるレベルの暑さですし、日中にはない心地よい涼気を感じることもあったりします。

逆に冬は冷え込むのでデメリットになりそうですが、冬に自転車に乗る際はそれなりに防寒装備をしてさえいれば、それほど寒いと感じることはないですし、寒いのは最初だけで、しばらく乗っていれば身体が温まり、汗ばんでしまったりするくらいなので、寒さをデメリットに感じたことはありません。

真夜中は時間に余裕がある

昼間のサイクリングが難しい人は夜中ではなくて早朝に乗る人も多いようです。

早朝は早朝で、空気が冷たくて気持ち良かったり、明るくなっているので景色を楽しむことも出来るなど、早朝ならではのメリットもあると思いますし、健康的な気分にさせてくれるのには早朝以上のものはないと思います。

しかし、ほとんどの人は日中は仕事をしていると思うので、早朝のサイクリングは限られた時間の中で行なうことになり、時間を意識しながら走行しなければいけません。

つまり、予期せぬトラブルがあるとたちまち余裕を持ったサイクリングができなくなってしまう可能性があります。

その点、真夜中のサイクリングの場合は、修理をする時間もゆっくりと取れますし、歩いて戻ってくる時間もあるでしょう。歩いて帰れない距離であれば、タクシーを使って帰りたいところですが、早朝はほとんどタクシーを停めることができません。タクシー自体がいなくなるのです。しかし夜中であればすぐに見つけられます。

また、サイクリングもジョギングなどと同じで、走っていると気持ちが乗ってきて、どこまでも走りたくなることが多々あります。そんな時にコースを換えていつもよりも長く走ることも真夜中のサイクリングではできてしまいます。

夜中のサイクリングのデメリット

夜中のサイクリングのデメリット

お店が開いていない

夜中のサイクリングはお店(サイクルショップ)が開いていません。なので、途中で何かトラブルが合っても、自転車屋さんを探して・・・ということが出来ません。自分で解決するしかありません。

もちろん他のお店もほとんど開いていません。開いているのはコンビニと牛丼屋とラーメン屋くらいだと思います。

遠出ができない

夜中のサイクリングは、お店等も開いていないことから、いろいろな所に立ち寄りながら遠出するというサイクリングではなく、単純に心地よい汗を流すために自転車に乗ることになります。

また一般的な充電式のライトなども2時間〜3時間程度しかバッテリーが持続しないため、極端な遠出は出来ません。

それでもまぁ、気分が乗った時にはどこまでも遠回りをしながら乗ったりはしてますけどね。

サイクリングロードへは行けない

サイクリングロードにも依るとは思いますが、多摩サイなどの河川敷の土手を走るような道の場合、外灯が無い場合も多く、あったとしても最低限の明るさしかないためかなり暗くなります。人も居ないので、臆病な人は走りたくないような静かで暗い怖い道になります。仮に走れたとしても楽しくはないです。

景色を楽しめない

自転車に乗る楽しみの一つとして、ゆっくりと流れる景色を楽しみながら走行出来ると思いますが、景色を楽しみながら走るということはできません。

夜中のサイクリングを持続する方法

夜中のサイクリングを持続する方法

夜中のサイクリングはマンネリになりがち

明日の仕事のことを考えると、睡眠時間や疲れを残さないことを考える必要もあるので、基本的には所要時間がどれくらいか予想できるような道を走るようになるため、走る道も次第に固定されてきて、同じ道ばかりを走るようになってしまうと思います。

つまりは、景色も楽しめない、遠出も出来ない、同じ道を走る、ということになると、何か明確にスポーツバイクに乗る理由がなければ、よほどストイックな人でない限り、夜中のサイクリングは持続出来ない可能性があります。

夜中のサイクリングを持続する為に出来ること

タイムアタック

夜中のサイクリングは、交通量も少なく、信号にも引っ掛かりづらいので、一定の区間であれば、同じ条件で走りやすいという条件が揃っているのでタイムアタックをしやすいのです。

タイムアタックと言っても公道なので、安全第一で道路交通法規尊守が基本ですので、日頃のサイクリングコースの中に出て来る上り坂などでチャレンジするのが良いでしょう。

タイムアタックに限らずで、何か競うような基準有りで走行を行なうと、走る楽しさが全く変わってきます。ペダリングを変えてみたり、アタックする区間を変えてみたり、走行中にいろいろな試みをしてみたりで工夫は尽きません。毎度毎度、走る意味も理由も明確になってきます。

ちなみに記録計測にはサイクルコンピューターが便利です。
僕はスピードセンサーレスでGPSで計測するタイプのサイクルコンピューターを使用していて、ロガーとしても使用でき、専用サービで、走行した場所を後から確認出来ますし、それぞれの地点での速度や時間等も確認できて便利です。

スピードセンサーレスのサイクルコンピューターを使用したレポはを「GPSでセンサー要らずなサイクルコンピューターCATEYE STEALTH 10を使ってみた」にまとめていますので参考にしてみてください。

レース等にエントリーする

レース等にエントリーすると、自転車に乗ること=トレーニングという考え方ができるようになります。つまりは自転車に乗ることの意味が大きく変わってきます。

僕の知り合いで、マラソン好きな人が居るのですが、最初は走ること自体が楽しくてジョギングを始めるのだけれど、そのうち走れる道も固定されて来ると、モチベーションが続かなくなるそうです。そこでレースなどにエントリーすることで、高い意識を持ち続けられると言っていました。その点は自転車においても全く同じだと思います。

夜中のサイクリングのまとめ

個人的には自転車を最高に楽しめる時間というのは、多くのサイクリストがそうするように、休日の日中に時間の制限なく、行く先も曖昧なままに、サイクリングロードのような走りやすい道をのんびりと走り続けている時なんじゃないかと思っていたりもします。

生憎僕自身はなかなかそういう時間が持てない環境ではありますが、スポーツバイクにどっぷりと没頭できず、走れるのは夜中だけだったとしても、工夫次第で十分に自転車ライフは満喫出来ますよというおはなしでした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

PAGE TOP ↑