クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

ヘルメット 自転車メンテ・改造

クロスバイクやロードバイク用の格安自転車ヘルメットは安全か?

更新日:

クロスバイクやロードバイクに格安自転車ヘルメットは安全か?

クロスバイクやロードバイクに乗るのなら、もはや必須アイテムとも言えるヘルメットですが、みなさんきちんと着用してるでしょうか?

自転車での死亡事故のほとんどは頭部へのダメージが原因らしいですし、転倒して頭を打って大怪我してしまってからでは遅いので、ノーヘル派の人にも是非ヘルメットの着用を検討して欲しいと思います。

そんなわけで、僕も新しいヘルメットを新調しようとAmazonあたりで物色していたところ、自転車用ヘルメットの相場と比べるとかなり安いけど、なんだか良さげで評価も高いヘルメットを見つけました。

しかし、安いヘルメットは安全保障が無かったり、作りが粗雑だったりすることも多く、本当に安全なヘルメットなのか判断しかねたので、物は試しとばかりに購入してみたお話です。

クロスバイクやロードバイク用に格安自転車ヘルメットを購入

クロスバイクやロードバイク用に格安自転車ヘルメットは安全か?

Amazonに溢れる中国無名メーカーの格安自転車用品

Amazonには中国の無名メーカー製のヘルメットが大量に出品されていて沢山の格安なヘルメットが見つけられます。

一昔前まではこんなに中国の安い製品が溢れているなんてことは無かったですし、たまに見つけてもいざ商品を受け取ってみると「値段相応の粗悪品だった」なんてこともよくある話でした。

ところがここ最近で購入した中国無名メーカーの製品には、作りもきちんとしていてお買い得感のある製品も多く、一昔前とは随分事情が変わってきたなという印象です。

もちろん、中国の格安品を避けた方が良い製品やジャンルもありますが、モノによっては、メーカー品にこだわらなくても充分な品質があると思われる製品も多くなってきました。

世界の製品のほとんどは中国で製造していますし、海外製品のOEM受注で技術や施設を備えた工場が自主ブランドとして製品を作れば、それなりの品質の物が格安で出来るのですから、このような情況になっても別に不思議はありません。

また、相場よりも安い商品は、他所のメーカーから受注を請けたものの、規格外だったり端数だったり、モデルチェンジなどで出荷する前から用済みになった製品が裏で流通し、適当にブランド名を付けて販売されたりするようなものも多いのではないかなと思われます。

そのような製品であれば、無名メーカーでも一定の品質で安心して使用できるんじゃないかと考えることもできるでしょう。

格安な自転車用ヘルメット

昔どこかで読んだ記事に「安物のヘルメットを買ったら、全く強度が無くてとてもじゃないけど安全に使用できるヘルメットじゃなかった」というようなことが書かれていて、記事には真っ二つになったヘルメットの写真が添えられていました。それを見た僕は「うわぁ、やっぱり中国メーカーは恐いな」などと思ったものでした。

そんなわけでヘルメットなどの身の安全を確保するための用品などは、多少高くてもしっかりと安全が保障された製品の方が良いと考えるようになり、格安なヘルメットを見つけた時も、値段だけ見て「これはきっと安全性の低いゴミ同然のヘルメットだろう」という評価を下していました。

しかし有名メーカーで手頃なヘルメットはいずれも派手なデザインがされているもので、僕が探していたような無地のヘルメットが他になかなか見つからなかったため、物は試しということで購入した次第です。

無名ブランドの謎の自転車用ヘルメット

Amazonで注文して翌日に配送されてきた自転車用ヘルメットは茶色い箱に梱包されていて、箱にはブランド名と思しきAUGYMERとスタンプが押されていました。

お店の出品物を確認すると自転車用品とは全く関係の無い、包丁やバリカンやヨガマットなどと一緒にヘルメットが出品されているので、このメーカーが製造しているわけではなく、やはりどこかの工場から流れてきたものを仕入れて販売しているのだと思われます。このような場合は意外と粗悪品よりもちゃんとした品質の製品であることも多く、掘り出し物になることも珍しくありません。

この手の製品は、在庫が捌ければそれで販売終了になるので「当たり」の商品が見つかればササッと購入した方が良いでしょう。リピートしたいと思った時にはもう商品が無いなんてこともよくある事なので、気に入った商品であればストックも確保した方が良いのです。

話が少し逸れてしまいまいたが、果たして格安な自転車用ヘルメットは一体どんな感じなのかを評価してみたいと思います。

クロスバイクやロードバイク用の格安自転車ヘルメット

格安なクロスバイクやロードバイク用ヘルメット外観

中国メーカーの格安な自転車ヘルメット

全体的なフォルムは縦に長くてスポーティな印象ですが、アジアンフィットタイプのヘルメットでした。そんなわけで典型的な日本人の頭の形をしている僕でも違和感無くフィットしてくれました。キノコ頭にならないようなフォルムでもあり、ロードバイク用のヘルメットにありがちな派手なペイントもされておらず、デザイン的にも理想に近いヘルメットが手に入りました。

格安ヘルメット自転車用

格安なクロスバイクやロードバイク用ヘルメットを正面から見た写真です。
ヘルメットの側面が丸くなるようなカーブを描いているためキノコ頭になりづらいデザインです。

自転車用格安ヘルメット

横からのデザインは後ろに流れて撥ねるようになっていて、スポーティーでなかなか綺麗なフォルムをしています。

自転車用格安ヘルメット調整機能

後ろからの見た目です。
赤い丸のパーツはヘルメットのサイズ調整のために使うアジャスターです。

格安自転車ヘルメット安全
安物はだいたいこのようなプラスチック部品に安物感が出たりするのですが、特に安っぽい印象のないクオリティだと思います。

自転車用ヘルメット

素材は一般的なヘルメットと同じく発砲スチロールと思われ軽量にできています。アップで確認してみても、バリや塗装剥がれなどはほとんどありません。

ヘルメットの内側

ヘルメットの内側です。
パットがあり、これのお陰で頭の形があまり良く無い僕の頭でもフィット感があるのだと思います。

この内装パットは取り外すことが出来ると説明がありましたが、粘着テープで接着されていて何度も貼ったり剥がしたりすると付かなくなると思われました。

ヘルメットの内側詳細

ヘルメットの内側のアップですが、特に気になる部分もなく「ちゃんとしているなぁ」という印象です。ただ、内装パッドを留める為の粘着テープはいい加減に貼られていて、ところどころ剥がれていたり、所定の場所以外のところに貼られていたりしました。

格安クロスバイクやロードバイク用ヘルメットの安全保障

見た目的にはちゃんと作られているように思われるこの格安な自転車用ヘルメットですが、安全保障はどうなっているのかが、今回のヘルメットの購入で最も気になったところです。

ヘルメットの安全保障としては、日本の場合でロードバイクやクロスバイク用だと日本自転車競技連盟のJCF公認やJCF推奨ヘルメットが有名です。またJCF推奨ヘルメットに選ばれるために必要なSG、CE、CPSCマークがあれば、安全基準をクリアした安全な製品だと言えます。

この辺りの安全を保障するマークが有るか無いかでヘルメットの価値も大きく変わるわけです。

CEマーク

ヘルメット安全基準CEマーク

マークを探してみるとCEマークがありました
正直なところ、安いヘルメットなので無印かもしれないと、多少ドキドキしていました。やはり安全が保証されていないヘルメットは被っていても安心できませんから別のヘルメットを買う必要があると考えていたからです。

しかしこのようにCEマークも確認できて、その心配も取り越し苦労だったようで、安心しました!

追記
このCEマークに関して「CEマークを装ったChina Exportマークじゃないの?」というコメントを頂きました。「China Exportマーク?」っという感じで全く知識が無かったので調べてみたことを下記の記事でまとめています。

参考 → CEマークとChina Exportマークのウワサのおはなし

クロスバイクやロードバイク用に格安自転車ヘルメットは安全かのまとめ

クロスバイクやロードバイク用に格安自転車ヘルメットは安全か

クロスバイクやロードバイク用の自転車ヘルメットで有名なメーカーと言えばKASKGIROなどで、いずれもフォルムもカッコ良いのですが、問題は価格が高いことと、西洋人の頭の形を基準にデザインされたヘルメットなので、典型的な日本人人の頭の形をした僕などの場合は、ヘルメットがフィットしないことが多いのです。

なので、アジアンフィットモデルを探さなくてはいけないのですが、アジアンフィットモデルのヘルメットではKabutoが有名ですが、なかなかこれと言ったデザインのヘルメットが見つからなかったりと、ヘルメット選びではいろいろと悩みが多いのです。

また安いヘルメットはそれなりで、どうしてもプラスチックのパーツなどで安物感が漂ってしまうのも残念なところだったりします。

そんな中で見つかったこの自転車用ヘルメットは、デザインも悪くなく、安っぽさを感じる部分がほとんどなく、かつ安いだけでなくきちんと安全基準もクリアしたなかなかの掘り出し物感のあるヘルメットでした。

もちろん、有名メーカーの高価なヘルメットと比べると、見劣りする部分もあるかと思いますが、3,000円程度の価格でこれだけの品質であれば何も文句はありません。

自転車ヘルメット用ライト

さらにオマケとして、後頭部に取付けられる小型の赤いライトも付属してきました。個人的には使うことは無いと思いますが、テールライトなどにも使えるので、うれしいオマケでした。

また、冒頭でも少し触れましたが、この手の商品は、売り切り次第で廃盤になる可能性が高いので、同様の製品を見つけたときには早めに押さえておいた方が良いと思います。

以上、格安のクロスバイクやロードバイクで使える無名ヘルメットを購入してみた感想でした。

-ヘルメット, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2020 All Rights Reserved.