*

サイクルグローブは着用した方が良いと思う理由

公開日: 服装, 自転車全般

サイクルグローブは着用した方が良いと思う理由

クロスバイクやロードバイクに乗る際に、サイクルグローブは必要なのか、それとも不必要なのかについての個人的な考えてみました。

結論的にはサイクルグローブは必要だと思うわけですが、何故クロスバイクやロードバイクに乗る際にはサイクルグローブを着用した方が良いと思うのか、その理由について書いています。

サイクルグローブを着用するようになった切っ掛け

サイクルグローブは必要

サイクルグローブは必要無いと思っていました

クロスバイクのESCAPE Airに乗り始めた当初はサイクルグローブは必要ないと思っていました。

冬のサイクリングの場合は「防寒用として必要かなー」程度にしか考えておらず、季節に関係なくサイクルグローブを着用するのは、いわゆるピチピチなサイクリストとしてのファッション的なとものだろうなと思っていて、どうしても必要なモノには思えなかったのです。

そんなモノに数千円も出すのがバカらしいとさえ思っていました。

今ではサイクルグローブは必需品です

サイクルグローブに対して否定的だった僕ですが、ある日の出来事を境にサイクルグローブ肯定派に変わります。

いつものようにサイクリンググローブ無しの素手でサイクリングを楽しんでいた時のこと、道路の状態があまり良くない道で轍のようなものにタイヤを一瞬取られそうになった瞬間、グリップから手が滑り、危うく転倒しそうになる出来事がありました。

幸い、手が滑ったのは片方の手だけだったので、大きくバランスを崩すことなく、走行を続けることができましたが、一歩間違えればそのまま転倒して路面に叩き付けられていたわけで、かなりヒヤッとさせられた出来事でした。

素手=滑りやすい

ということを知った僕は、サイクルグローブはファッションだけではなく、安全のために着用するものだということに気が付き、その日のうちにサイクルグローブを購入し、それ以来、クロスバイクやロードバイクに乗る際には必ずサイクルグローブを着用するようになりました。

サイクルグローブが必要だと思う理由

サイクルグローブが必要だと思う理由

ハンドルを握る安心感が違う

実際問題でサイクルグローブを着用するようになってサイクリングが変わりました。

しっかりとハンドルを握れているという感覚がサイクリンググローブの有る無しで大きく変わるのです。

バーテープやグリップには元々滑り止めの役目を持たせているものがほとんどかと思うので、素手でもある程度は滑りづらく出来ていると思います。

しかし、サイクルグローブが有るのと無いのとでは段違い。ハンドルから手が滑るという不安はサイクルグローブをするようになって皆無になりました。

ハンドルを握る手の疲れが違う

サイクルグローブを着用するとグリップ性が良くなる他に、クッション性もよくなるため、道路情況の悪い道を走る際にも振動を和らげてくれてサイクリングが楽になります。

サイクルグローブ無しでは振動が直に伝わってきますし、しっかりと握る必要があるので常に緊張したような状態になり、30分程度走っただけでも、結果的に手がしんどいと感じるようになってきます。

サイクルグローブをすることで、リラックスした状態でハンドルを握ることができ、手への負担もすくなくなるので快適なサイクリングが出来るようになります。

転倒時の怪我から身を守る

サイクルグローブをしているとサイクリング中に安心感があるのはもちろんですが、万が一転倒した際にも手を怪我から守ってくれるという役割もあるのです。

「自転車 転倒 怪我」などで検索すると痛々しい画像などを見つけることができます。転倒すると身を守る為に最初に手をつくものですから、手を擦りむいてしまったような写真がとても多く見つかります。

何せ相手はアスファルトです。擂り下ろし器のようなものですから、転倒してしまえば怪我は不可避です。たとえサイクルグローブをしていたとしても怪我は避けられないかもしれませが、サイクルグローブ着用の有る無しでは怪我の程度はかなり違ってくるはずです。

なので、万が一の事故の防止のためにも、事故が起きた後の安全のためにも、サイクルグローブの着用は必須だなと思うのです。

サイクルグローブは必要かについてのまとめ

サイクルグローブは必要

クロスバイクに乗り初めの頃はサイクルグローブなんてただのファッションアイテムで、僕には全く必要ないものと思っていたのですが、今ではサイクルグローブ無しでは自転車に乗りたくないと思うくらいの必需品になっています。

やはりみんなが使用しているものには、それなりの理由と快適さがあるわけで、逆に言えば、何らかのメリットが無ければ、わざわざ自転車に乗る前の手間を増やすようなことはしないでしょう。。

そんなわけで、サイクルグローブ然り、サイクルウェア然り、ヘルメット然りで、快適さと安全を求めると、自然とサイクリストに相応しい服装になっていくのでした。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑