おすすめ自転車情報 おすすめ自転車用品

TOPEAK トピークの工具やツールが気になる

投稿日:

TOPEAK トピークの工具

クロスバイクやロードバイクに乗っていると、自転車本体だけでなく、メンテナンス用の工具や携帯用のツールなどの必需品や、有れば便利なアイテムが沢山あります。

僕なんかは工具が好きだったりすることから、自転車系の工具やツールなどを暇があればAmazonあたりで眺めていたりして、気になるアイテムがあるとついついポチポチッと購入してしまうことも少なくありません。

そんなわけでここ最近もいくつかの自転車用の工具やツールなどを購入しているのですが、購入して届いたモノを見て「おや?」と思ったことがありました。

というのも、気になるモノがあると適当に買ってしまった結果、届いたモノの中に自転車系のツールブランドであるTOPEAK(トピーク)のモノが3つも含まれていたのです。

意識して買ったわけではなく、どうやらTOPEAKの製品が僕の琴線に触れたようで、気が付くとTOPEAKの製品を選んでいたというわけです。

TOPEAK(トピーク)とは

TOPEAK トピークと言えば携帯工具

TOPEAK(トピーク)は台湾を拠点にするTOPEAK INC.が製造販売する自転車用用品ブランドで、自転車用工具セットを販売したところからスタートし、その後バッグや携帯ポンプ、携帯ツールなど自転車メンテナンスなどに自転車用品を扱うようになったようです。

僕の個人的なTOPEAKの印象としては、携帯ツールや携帯ポンプ、サドルバッグのメーカーというイメージが強いですが、荷台やサイクルコンピューターなど、自転車関連商品を幅広く網羅しているブランドです。

僕自身もいくつかのTOPEAK製品を使用していて、その中の1つが携帯ツールのヘキサス2で、タイヤレバーやチェーンカッターまでついているて非常に気に入っています。

新しく手に入れたTOPEAK(トピーク)の製品たち

新しく手に入れたTOPEAK(トピーク)たち

そんなわけで、今回手に入れたTOPEAK(トピーク)の製品について、何が魅力だったのか、どんな用途で使用するのかなどについてサラリと紹介してみます。

フラッシュスタンドスリム

TOPEAK(トピーク)フラッシュスタンドスリム

ロードバイクやクロスバイクにはサイドスタンドを装備しないことが多いです。
一度乗り始めると目的地まで降りなかったり、コンビニに立ち寄る程度だったりすることからスタンドが必要な場面が少ないというのがスタンドを装備しない一番の理由かと思います。

それでも本来あった方が良いモノなので、自転車を立て掛ける場所が無い時など悩む場面も少なからずあるわけです。

かと言って、スポーツバイクの見た目を損ないたくないなどの理由からスタンドを装備しない人も多いと思います。

僕自身もそんなスタンドを装備しない一人ですが、携帯できるようなスタンドがあればきっと使うし便利だろうな・・・・と常々感じていた際に、あれこれ調べて見つけたのがこのフラッシュスタンドスリムでした。

手のひらサイズに折り畳めてコンパクトに収納出来るスタンドで、最大の特徴はクランクを使用してスタンドにしてしまうアイディア商品というところ。

携帯スタンド全般に言えることですが、安定感はそれほど無さそうなので、どこかに長時間停めておくようなことには向かなさそうですが、自転車を立て掛けるモノが無いような場所で一休憩するようなことがあれば、きっと便利だろうなと思ったわけです。

シマノの11速対応クランクと新ティアグラ(4700系)のクランクはサイズが太くなっている関係で取り付けられないようなので、旧モデルを使用している人用になるようです。

僕のクロスバイクのクランクは105の10速モデルなので使用可能ということで購入してみました。

NANO トルクバー DX

(TOPEAK/トピーク)(自転車用工具)ナノ トルクバー DX

トルクレンチ自体は持っているのですが、出先でトルク管理のできる小型のトルクレンチが無いかと探していた時に見つけたのがこのTOPEAK ナノ トルクバー DXでした。

アルミフレームのクロスバイクの場合はあまりトルクに関してシビアになる必要はないですが、カーボンフレームの場合は慎重にならないとカーボンを割ってしまう可能性もあります。

そこでトルクを管理するのに必要になるのがトルクレンチとなるわけですが、一般的にトルクレンチは大きなモノが多く、小型のモノでも自転車で気軽に携帯するほど小さくはありません。

しかしながら、出先でちょっとしたポジション調整したいと思うことも少なからずあるわけで、カーボンフレームやカーボンシートポストだったりすると、トルクレンチがないとちょっと困った状態になってしまうのです。

そこで便利なのが、TOPEAK ナノ トルクバー DXのような小型で携帯できる簡易的なトルクレンチで、今までこのような小型のトルクレンチが無かったように思うのでカーボンフレームのサイクリストにとってはマストな感じのする非常に有り難いツールだと思います。

ハンドルやステム、シートポストで指定されることの多い4Nm、5Nm、6Nmのソケットと、自転車のメンテナンスでよく使う3ミリ、4ミリ、5ミリの六角ヘッドが備わったセットで、出先のちょっとした調整であれば必要十分なはずです。

重量が62gとかなり軽量なのも購入を決定したポイントの1つでした。

ラチェットロケット ライト DX

TOPEAK ラチェットロケット ライト DX

最後が小型のラチェットレンチです。

六角レンチもいくつも持っているので今更買う必要もないモノのような気もしましたが、自転車のメンテナンスをする際に、狭い場所に六角レンチを差し込まなくてはいけない場合も案外あるのです。

そうなると六角レンチをクルクルと回すことができずに、何度も抜き差しを繰り返す必要があったりして、個人的にはそれが非常にストレスに感じる部分でした。

ご存知の通りでラチェットレンチはレンチを完全に回転させられないような狭い場所でもレンチの抜き差しの必要がないため、効率よくメンテナンスが出来るようになるはずで、ふと目に留まったTOPEAKのラチェットロケット ライト DXを購入してみた次第です。

セットの中にはタイヤレバーなども含まれているので、今後携帯する携帯ツールはヘキサス2よりもこちらの方がメインになりそうな気もします。

TOPEAKの製品が気になるのまとめ

TOPEAKの製品が気になるのまとめ

TOPEAKというブランドにはあまり興味が無かったというのが正直なところで、連続してTOPEAKの工具などを購入していたことに自分でも少し驚きました。

改めてホームページで製品を確認してみると、以前よりもデザインがカッコ良い製品が増えたようにも思えるので、もしかしたら、同じ自転車用品ブランドのLEZYNEKnogCrank Brothersなどのカッコ良いブランドに対抗すべく、新しいデザイナーを入れるなどしてデザイン方面にも力を入れているのな、などと思いました。

プロダクトデザインの賞でもあるred dot design awardに応募しているようですし、デザインを強く意識をして開発しているのは間違い無さそうです。

自転車用パーツや工具と言った、ややニッチな世界であっても、自転車用ベルのknogのoiのようにデザインが画期的でかつ実用的なモノが開発できれば、大ヒットすることも充分有り得ることなので、デザイン的に優れた製品が多くなってくるというのは必然的なのでししょう。

そんな中でTOPEAKに限らず、他の多くのブランドがどのように発展し、魅力的な製品を出してくるのか非常に楽しみだったりもしますね。

-おすすめ自転車情報, おすすめ自転車用品

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2017 All Rights Reserved.