*

自転車メンテナンスの勉強はシマノディーラーマニュアルがおすすめ

自転車メンテナンスの勉強はシマノディーラーマニュアル

僕が自転車のメンテナンスや改造・カスタマイズをする際には、動画やブログなどを参考にさせてもらうことが多いですが、必ず目を通すものの一つとして、メンテナンスマニュアルがあります。




sponsored link

ネットの情報は信用できない部分も

自転車メンテナンス

僕が言うのも変な話ですが、このブログを含めてネットの情報はどこまで信用できるか怪しいことも多く、情報の正確さを求めるのであれば、やはり出版社が発行しているメンテナンスブックに頼るのが一番間違いがないと思います。

例えば、僕がクロスバイクのESCAPE Airにシマノのコンポーネントである105をインストールした際には、105に特化したメンテナンスブックが非常に役に立ちました。

大抵の場合は、こういったメンテナンスブックがあれば、用事が足りてしまいます。

しかし、そこからもう一歩先に踏み込んで、よりいっそう自転車についての理解を深めたいと思った時には、メーカーが提供しているマニュアルを参照するのと、より正確で細かな情報が得られると思います。

そこでおすすめしたいのがシマノのディーラーマニュアル / ユーザーマニュアルです。

シマノのディーラーマニュアル / ユーザーマニュアル

シマノのディーラーマニュアル / ユーザーマニュアル
Photo via:http://si.shimano.com/

シマノのディーラーマニュアル / ユーザーマニュアルは、ディーラー(自転車販売店)やユーザー向けに作られたマニュアルです。

ユーザーマニュアルについては製品を購入すると同梱されているもので、我々一般人も目にすることが多いマニュアルですが、ディーラーマニュアルを目にすることはまず無いと思います。

自転車販売店向けのマニュアルなので、より細かく専門的な説明がされているマニュアルで、ユーザーマニュアルでは得られないような情報が沢山記載されています。

このディーラーマニュアルがシマノのオンラインサイトで公開されているのです。

全てのシマノ製品のマニュアルが見つかる

シマノ製品のマニュアルを確認したいと思った時にはマニュアル&技術資料でディーラーマニュアル / ユーザーマニュアルを探せば、全てがpdfで公開されています。

DURA-ACEやULTEGRAなどのロードバイク用コンポーネントだけではなく、マウンテンバイクやアーバンスポーツバイクなどのコンポーネントシリーズ、ペダルなどのパーツなど、シマノ製品に関する全てのマニュアルが揃っていると思われます。

これらのマニュアルさえしっかりと読んで理解出来れば、大抵のメンテナンスや調整は行なえるようになるはずです。

但し、冒頭に

重要なお知らせ
ディーラーマニュアルは自転車安全整備士、自転車技士など専門知識を有する方を対象としています。
専門知識のないユーザーがディーラーマニュアルを参照して、部品を取付けないでください。
記載されている内容に不明な点がある場合は絶対にご自身で作業せず、購入された販売店、または代理店へご相談ください。

とあるので、その点は重々承知して利用については判断してください。
読んで勉強するには問題無いと思います。

現行製品だけでなく過去の製品も

シマノのディーラーマニュアル / ユーザーマニュアルは、ディーラー(自転車販売店)やユーザー向けに作られたマニュアルです。

現行モデルだけでなく、過去のモデルのマニュアルもダウンロードできるのは非常に有り難いです。

例えば105を見ると、5500シリーズから、最新の5800シリーズまで揃っています。

各パーツごとに細分化されているので、シマノ製品について知ろうと思えば、どこまでも詳しく知ることができると思われるほど、膨大な数のマニュアルがダウンロードできます。

基本作業書は一見の価値あり

その膨大な数のマニュアルの中で、目を通しておいて損はないと思われるのが基本作業書です。

基本作業書は全てのパーツにおいての、基本的な知識について書かれてあるディーラーマニュアルですが、メカニックについての理屈のような情報も多く、どうすればトラブルが少なくなるのか、トラブルが発生した時にはどうすれば良いのかなどの、メンテナンスに関する基本的な知識が満載で、この基本作業書を読破すればかなり自転車のメンテナンスの知識は豊富になるものと思われます。

テクニカルイラストで解説

テクニカルイラストでかなり細かい部分まで解説されているので、日頃のメンテナンスに関する不安も解消してくれるはずです。

例えば、ブレーキワイヤーの端はどの程度の長さを残しておけば良いのかなどの細かな指示まで確認することができます。

クロスバイクで長らく謎仕様と言われ続けているフロント3速の場合のスプロケット32Tという超乙女ギアも元々はシマノのディーラーマニュアルでフロントトリプルの場合、32T以上の最大スプロケットで組立というような指示があったりするわけで、メーカーはそれに従った仕様にしているのだな、なんていうことが判ったりします。

などなど細かな部分まできちんと指示されていて、パーツの性能を無駄なく発揮するためには、ミリ単位のこだわりを持って作業しなければいけないのだななどと、改めて感じさせてくれる素敵なマニュアルです。

決められた長さや位置に性格にメンテナンス、調整できるようになれば、いわゆる素人仕事から脱却して、プロと同等のメンテナンスができるようになるなんてことも考えられそうです。

日頃のメンテナンスの大切さを知るには十分すぎる内容になっており、これほど内容の濃いマニュアルが無料で閲覧できること自体がかなりの驚きなので、自転車のメンテナンスに興味のある人は一読する価値がきっとあるはずです。

いやはや、僕のようにほとんど自分自身でメンテナンスや調整をやりたいと考えている人にとっては、非常に有り難いお話です。

その他のメーカーのマニュアルページ

自転車のコンポーネントメーカーと言えば、シマノの他にカンパニョーロとスラムがありますが、いずれのメーカーもテクニカルマニュアルを公開しているので関連リンクとして紹介しておきます。

● Campagnolo DOCUMENTATION

● SRAM ページ下のPopular Manuals and Guides

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑