クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

サドル周り 自転車メンテ・改造

シートポストをセットバック無しのProfile Designの1/Zeroに換装して気が付いたことなど

更新日:

Profile Designの1/Zeroに換装

クロスバイクのESCAPE AirのシートポストをProfile Designの1/Zeroに換装しました。

僕のクロスバイクのESCAPE Airのシートポストはオリジナルの銀色のシートポストから、知人から貰ったノーブランドの黒のシートポストへと交換済みではありましたが、ポジションの見直しも考えてセットバックの無いシートポストへ交換してみました。

セットバック無しのシートポストProfile Desing 1/Zero

Amazonで注文

Profile Designの1/Zeroの紹介

Amazonで注文して数日で宅配便が家に届きました。

Profile Designの1/Zeroを開封

開封すると、納品書と細長いパッケージが入っていました。

セットバックの無いシートポスト

Profile Designの1/Zeroの写真

届いたのはProfile Designのシートポストである1/Zeroです。

Profile Designの1/Zeroシートポスト

1/Zeroという名前の通り、セットバックが無いタイプのシートポストです。一般的なシートポストの場合ヘッド部分が後ろにカーブを描いてセットバック(後方に下がった状態)されているのですが、このシートポストはセットバックの無いのでストレートタイプの形状です。

Profile Designの1/Zeroシートポストのメモリ

Profile Designの1/Zeroの裏側にはメモリがふられています。この目盛りがポジション調整の時に役立ちます。

ちなみにGIANT社のクロスバイクであるESCAPEシリーズのシートポストの径は27.2mmなので、シートポストを交換しようとする方はサイズに注意してください。

クロスバイクのESCAPE Airのシートポストを交換

シートポスト比較

ストレートタイプのシートポスト

現在のシートポストとProfile Design 1/Zeroの比較をしてみました。Profile Designのシートポストの1/Zeroは首の部分が曲がっていないストレートタイプのシートポストです。

クロスバイクのESCAPE Airをブルホーン化した後に、ちょっとハンドルが遠すぎるかな・・・と感じていたので、もう少しハンドルとサドルの距離を詰めたいと思っていたことから、セットバックが無いProfile Designの1/Zeroに目を付けた、というわけです。

セットバックが無いシートポストを使用することで交換後には2cmほど前方へサドルを移動することができる計算になります。

Profile Design 1/Zeroの重量など

シートポストの重量比較

現在使用しているノーブランドのシートポストは294g。

シートポストの重量

Profile Design 1/Zeroの重量はカタログ値は250gでしたが、実測で260gです。

シートポストの取り付け

シートポストの調整

取り付けは、前後のボトルの締め付けを調整しながら角度を調整します。

クロスバイクのESCAPE Airのシートポストを交換した結果

クロスバイクのESCAPE Airのシートポストを交換した結果

シートポストを新しくしてポジション調整した後に確認のため軽く走ってきた感想です。

シートポストの交換前と交換後の違いはわずか2cmほどシートが前に出ただけでしたが、遠く感じていたハンドルの位置が割と近くに感じることができるようになりました。

ポジション調整にこだわればミリ単位で行なったりもすると言いますから、2cmも違えば大きな違いが出ても不思議がないのかもしれません。実際にそれを体感してわずか数センチでもこんなにも違うのか!と驚きました。

今回このシートポストを選択した理由は、シートを少し前へ出したかったのが第一の理由ですが、他にハンドルとステムとシートポストのメーカーを統一したいというのもありました。

ロードバイクやクロスバイクをカスタマイズする上での1つの定番なのが、ハンドル、ステム、シートポストの三点のメーカーを揃えるというのがあるのですね。それをやってみたかったというわけです。

結果としてシートポストにロゴが入ったことで、全体的にスポーティな印象にすることができ、ロードバイク的な雰囲気の改造としてはなかなか良くできたのではないかと思います。

シートポスト自体はフォークなどと比べるとそれほど目立つパーツではありませんが、こうして実際に交換してみると、意外と全体的な印象に大きく影響のあるパーツだと感じました。

おかげで、自転車の全体的なコーディネートも出来た感じで、見た目がずっと良くなったように思います。改造前はあまり期待していない部分ではありましたが、実際に交換してみると意外と良かったというのもカスタマイズの楽しみの一つですね。

-サドル周り, 自転車メンテ・改造
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.