Amazon セール

サドル・シートポスト 自転車メンテナンス・カスタム

ストレートタイプのシートポストでサドルを前に出すポジション調整|クロスバイク・ロードバイク

更新日:

Profile Designの1/Zeroに換装

クロスバイクのESCAPE AirのシートポストをProfile Designの1/Zeroに換装しました。

僕のクロスバイクのESCAPE Airのシートポストはオリジナルの銀色のシートポストから、知人から貰ったノーブランドの黒のシートポストへと交換済みではありましたが、ポジションの見直しも考えてセットバックの無いシートポストへ交換してみました。

セットバック無しのシートポスト

シートポスト比較

セットバックの無いシートポストとは

曲がりの無いストレートな形状のシートポスト

セットバックの無いシートポストとは、一般的なシートポストのように、サドルを取り付ける部分が曲がっていないストレートな形状のシートポストです。

参考までに、一般的な形状のシートポストとセットバックの無いProfile Design 1/Zeroを比較をしてみました。左側が一般的なシートポストで、右側がセットバックの無いシートポストです。

曲がりが無い分サドルを前方にセットできる

セットバックが無いシートポストを使用することで、通常のシートポストに比べて2cmほど前方へサドルを移動することができる計算になります。

このシートポストを使用する理由は、クロスバイクのESCAPE Airをブルホーン化した後に「ハンドルが遠すぎるかな・・・」と感じていました。もう少しハンドルとサドルの距離を詰めるための調整をするためです。

一般的にクロスバイクのトップチューブはロードバイクのトップチューブと比べると長めの設計になっているため、クロスバイクでドロップハンドルやブルホーンバーを使用した場合は、ハンドル位置が遠く感じてしまうのです。

Profile Designの1/Zero

Profile Designの1/Zeroの写真

Profile Designのシートポストである1/Zeroです。

Profile Designの1/Zeroシートポスト

1/Zeroという名前の通り、セットバックが無いタイプのシートポストです。

一般的なシートポストの場合ヘッド部分が後ろにカーブを描いてセットバック(後方に下がった状態)されているのですが、このシートポストはセットバックの無いのでストレートな形状です。

Profile Designの1/Zeroシートポストのメモリ

Profile Designの1/Zeroの裏側にはメモリがふられています。この目盛りがポジション調整の時に役立ちます。

ちなみにGIANT社のクロスバイクであるESCAPEシリーズに対応しているシートポストの径は27.2mmなので、シートポストを交換しようとする際にはシートポストの径に注意してください。

Profile Design 1/Zeroの重量

シートポストの重量

Profile Design 1/Zeroの重量はカタログ値は250gでしたが、実測で260gです。

サドルの取り付け

シートポストの調整

・シートポストへのサドルの取り付けは、前後のボトルの締め付けを緩めて角度を調整します。今回はせっかくストレートタイプのシートポストの変更したので、サドルが極力前になるように調整しました。

クロスバイクのシートポストを交換した結果

クロスバイクのESCAPE Airのシートポストを交換した結果

シートポストを新しくしてポジション調整した後に確認のため軽く走ってきたので変更後の感想をまとめてみます。

シートポストの交換前と交換後の違いはわずか2cmほどシートが前に出ただけでしたが、遠く感じていたハンドルの位置が割と近くに感じることができるようになりました。

サドルのポジション調整は、こだわればミリ単位で行なったりもすると言いますから、2cmも違えば大きな違いが出るのは当然かもしれませんが、実際にそれを体感して「わずか数センチでもこんなにも違うのか!」と驚きました。

サドルの位置調整の手段の一つとして選択の価値あり

サドルにはヤグラと呼ばれるレールが備わっていて、ある程度は前後位置が調整できるような仕様になっているのが普通なので、通常は曲がりのあるシートポストを使用することになるかと思います。

ただ、前述したように、クロスバイクをドロップハンドル化やブルホーン化した場合は、トップチューブが長いこともあって、ハンドル位置が遠く感じてしまうこともあり、通常のシートポストでは調整しきれないなどの問題が出ることもあるかと思います。

そんな時にサドルをもっと前に出すための方法として、セットバックの無いストレートタイプのシートポストを選択してみるというのはポジション調整の一つの手段として覚えておくと良いと思います。

シータ

360度カメラ リコーシータ
360度写真をワンボタンで撮影できるカメラです。
いろいろな場所を記録していける素晴らしいカメラです。

自転車保険

自転車保険
自転車でも保険の加入が基本になってきています。
ロードサービスや盗難補償が付いた自転車向けの保険も有るので未加入の方は検討してみると良いでしょう。

ICAN

ICAN ホイール・フレーム クーポン

国内発送商品ならAmazonよりも直販サイトの方が安く購入できます。

Amazon

Amazon 自転車用品

Escapeショップ

Google

-サドル・シートポスト, 自転車メンテナンス・カスタム
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2021 All Rights Reserved.