ショートノーズサドルについて|ロードバイク・クロスバイク

ロードバイク用のサドルには「ショートノーズサドル」というものがあります。

使用している人も増えているようですが、「通常のサドルと比べてショートノーズサドルは一体何が違うのか?」その特徴などについてまとめています。

ショートノーズサドル

ショートノーズサドル

ショートノーズサドルとは、その名前の通り、サドルの鼻の部分が一般的なサドルに比べて短くなったサドルです。

2017年頃から使用する人が増えはじめていて、スペシャライズドの完成車などでは、標準装備になっているモデルもあったりします。

ショートノーズサドルの効果(メリット)

ショートノーズサドルのメリットとしては

● 通常のポジションよりも前に座るような「前乗り」ができる
● 股間部の圧迫が避けられるため前傾姿勢での負荷が少ない
● 内股の擦れを避けられる
● 軽量化

などがあります。

前乗り後ろ乗り

ショートノーズサドルは前乗りに適したサドル

ショートノーズサドルは、一般的なポジションよりも前に座る「前乗り」に適したサドルです。

もっと言うのであれば、強制的に前乗りになってしまうようなサドルと言えるかもしれません。

前乗りポジションにすると、太ももの筋肉を大きく使えるので、出力が高くなりパワー系の走りができるようになります。

なので、タイムトライアルバイクなどのように、DHバーを使って平坦な道を常に前傾姿勢で乗るような場合や、ヒルクライムなどのように、常に高出力が必要な場合などに適したサドルということになります。

ストイックな走りを求められるサドル

ノーズ部分が短くなる分、前後のポジションの調整もしずらくなるので、ひたすら前傾姿勢でストイックに走り続けなければ、逆にしんどくなるストイックなサドルと言えるかもしれません。

逆に居言えば、のんびりとお散歩感覚で走る、いわゆる「ゆるポタ」などの場合には、一般的なサドルの方が調子が良いということにもなりそうです。

ショートノーズサドルの定番メーカー

ショートノーズサドルの定番メーカーは下記の通り。

スペシャライズド

ショートノーズサドルと言えば、最初にスペシャライズドと言ってもよいほどで、その代表モデルとも言える「POWER」は、ショートノーズサドルの代名詞的な存在でもあります。

POWERシリーズ

S-WORKS POWER CARBON SADDL
POWER EXPERT SADDLE

女性用

S-WORKS POWER WMN
POWER W/MIMIC COMP SADDLE WOMEN
POWER EXPERT WMN

POWER ARCシリーズ

POWERシリーズを改良した新世代のショートノーズサドルでユニセックス仕様。

POWER ARC EXPERT SADDLE
S-WORKS POWER WITH MIRROR SADDLE
S-WORKS POWER ARC CARBON SADDLE

Scratch シリーズ

Scratch M5 CPC
Scratch M5

Dimension シリーズ

Dimension 143
Dimension 143 CPC
Dimension Space



Fizik

TEMPO シリーズ

TEMPO ARGO R1
TEMPO ARGO R3
TEMPO ARGO R5

VENTO シリーズ

VENTO ARGO R3 RACE EDITION
VENTO ARGO R1
VENTO ARGO R3
VENTO ARGO R5





ショートノーズサドルのまとめ

2018年頃から、いろいろなところから「ショートノーズサドルが良い」などどいう情報が増え始めて、一気に使用する人が増えた印象がありました。

それだけみなさん、ベストなサドルを探し続けている「サドル沼」の中に居るのだなということかと思いますが、そのサドル沼から抜け出すべく選択したのがショートノーズサドルで、ロードバイク界隈では流行のような感じにもなりました。

ただ、平地走行でひたすら高速で走行するとか、ヒルクライム系の高出力が必要なライドに適したサドルという情報が広がってくるにつれ、流行も落ち着き、ショートノーズサドルを試した結果、結局元のサドルに戻したりする人も多くなっているようです。

とどのつまりが、用途に適した人であればショートノーズサドルは「最高!」という評価になるものと思いますが、そうでない人にとっては、数あるサドルの中の一つということになった感じです。

お尻との相性もあるので、サドルはいろいろと試してみるしかないというのが実際のところになり、サドル沼からの脱却はそうかんたんなものではありませんね(笑)

自転車のサドル周りに関する記事一覧

更新日:

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2022 All Rights Reserved.