クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

サドル周り 自転車メンテ・改造 自転車全般 豆知識・基礎知識

ロードバイクの女性用のサドルのおはなし

更新日:

ロードバイクの男性用のサドルと女性用のサドルの違い

クロスバイクやロードバイクのパーツで最近気になるのがロードバイクのレディースモデルやウィメンズモデルなどの女性用サドルの存在です。

フィジークのLUCEシリーズやスペシャライズドのウィメンズロードサドルSELLE SMPなどが女性用サドルとしては知名度が高いのではないでしょうか。

僕は男性なので基本的には女性用サドルを使用することは無いと思いますが、興味本位として一般的なサドル(男性用)と女性用のサドルとでは一体何が違うのか?という素朴な疑問がありました。

別に知らなくても困りはしないのですが、調べてみると「なるほど」という感じで、なかなか興味深かったので女性用サドルについてまとめてみたいと思います。

ロードバイクの女性の痛み

女性はお尻じゃない部分が痛くて悩んでいるらしい

自転車サドル女性はお尻じゃない部分が痛い

ロードバイクの女性用サドルで情報を探していると、女性サイクリストの痛みに関する悩みなどが沢山見つかります。

初心者にありがちなお尻が鍛えられていないためにお尻が痛いという初歩的なものではなく、女性は女性特有の痛みで悩んでいるようなのです。

主に見つかったのは下記のような痛みに関する悩みですが、いずれも男性の間では聞いたことがないような痛みがあるようなのです。

● 一部が挟まれて痛い
● O部分などが擦れて痛い
● I部分にサドルの圧が掛かって痛い
● ヘアーが引っ張られて痛い

いわゆるフェミニンゾーンやデリケートゾーン、あるいはプレッシャーゾーンなどと呼ばれる部分の構造が男性と女性とでは違います。

IラインやとかOラインなどという(呼び方があることを初めて知りましたが)デリケートな部分は擦れに弱く、痛みに直結してしまうようなのです。

女性用サドルは幅広タイプで女性の座骨を支える

女性の骨盤は男性と比べると広く、男性が乗ることを想定された一般的なクロスバイクやロードバイクに装備されているサドルに跨がると、座骨がサドルの外側に出てしまいます。

結果的に坐骨で体重を支えることができずに、股間部分に圧が掛かり続けることになります。ロングライドなどで擦れ続けるとデリケートな部分だけに弱く、痛みにつながるというわけです。

なので、女性用と呼ばれるサドルは女背の骨盤に合わせて幅広タイプだったり、デリケートゾーンが擦れないように中央部分に穴が空いていたり、サドルの先端部分が短くなったデザインになっていてるものが主流になります。

女性用サドルの特徴

● 座面が幅広
● 中央部分に穴があいている
● サドルの先端が短い

男女問わずで中央に穴が空いているサドルは圧迫を避けるためのもの

中央に穴が空いているサドルPhoto via:https://amzn.to/2F7RYQB

男性用や女性用を謳っているサドルの多くは中央に穴が開いていたり、中央部分に溝があるものが主流のようです。

例えば、男性の場合はサドルによる持続的な圧迫で股間の痺れや自転車EDになってしまう危険性があったり、女性の場合でも痺れや擦れで痛みの原因になるなどの問題が話題になることがあります。

その対応策として、サドルの中央部分を空洞化することで、デリケートゾーンが圧迫されないような効果を得られるようにしたのが穴空きサドルというわけです。

実際問題で僕もクロスバイクに長時間乗った際に股間の痺れが出ることがあるので、中央部分が空洞になったサドルを検討している最中だったりします。

ちなみに摩擦対策として多くの女性サイクリストから抜群の支持を得ているのが、摩擦を抑えるシャーミークリームでした。

シャーミークリームの使い方はサドルと擦れる部位にこのクリームを塗っておくとスベスベとして摩擦が少なくなり痛みが出づらくなるというもので、ワセリンのようにべた付く事もなくサラサラなクリームなのが評判の良い理由のようです。

シャーミークリームは自転車アパレルメーカーとして有名なASSOS(アソス)から販売されています。

ロードバイクの女性用のサドルについてのまとめ

最近はサドルに限らずでGIANT社のLivシリーズなどに代表されるように女性用のフレームも多くなっています。そして女性用モデルのロードバイクやクロスバイクには女性用のサドルが採用されていたりするようです。

フレームやパーツ選びは用途や体型などを考慮しつつ個々人で調整していくのが最も正しい選択方法だと思うので、骨格や構造が根本的に違う男女で同じ形状のサドルに跨るというのは無理があるということですね。

女性用サドルについて調べてみて面白かったのは、男性でも女性用のサドルを使ってみて「調子が良い」という人も結構な数で居たこと。

サドル沼という言葉があるように、サドルは値段でもブランドでもなくお尻との相性が大きいので、正解を探すのに苦労するパーツの1つですから、自分にとっての正解を見つけるためにはひたすら乗ってみるしかないということで、女性用モデルがフィットするならそれを使用するのも特別おかしな話ではないのですね。

ところで男性と女性とでは、サドルに当たる部分が根本的に構造が違うのでサドルの形状が違うというのはよく理解できるのですが、男性の場合だって大小様々ですから、それに対応したサドルがあっても良いですよね。ヨーロッパ仕様だとねぇ。。。

そんなこんなで興味本位から調べてみた女性用サドルでしたが、知らなかった情報も沢山あり、なかなか面白かったです。

-サドル周り, 自転車メンテ・改造, 自転車全般, 豆知識・基礎知識

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2020 All Rights Reserved.