クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

スタンド 自転車メンテ・改造

ミノウラのフック式とハブ固定式ディスプレイスタンドの比較

更新日:

クロスバイクのメンテナンスをする際に使用するメンテナンススタンドを二つ持っています。

一つはフック式のMINOURA(ミノウラ) ディスプレイスタンド DS-520で、もう一つはハブ固定式のMINOURA(ミノウラ) ディスプレイスタンド DS-30BLT で、いずれも折りたたみ式のディスプレイスタンドです。

この二つのディスプレイスタンドについてそれぞれの違いを解説しつつ特徴などをレビューしてみます。

フック式 MINOURA ディスプレイスタンド DS-520

INOURA ディスプレイスタンド DS-520

フック式のディスプレイスタンドです。

スタンドの支柱には赤い2つのフックが備わっていて、フレームのシートステーとチェンステーの2カ所に引っ掛けて自転車を固定するディスプレイスタンドです。

特徴としては、自転車の後輪をヒョイと持ち上げてリア三角をフックに引っ掛けるだけで自転車を自立させることができるので、室内のメンテナンス作業で非常に重宝します。

気になる点としてはリア三角を使用して引っ掛けているだけなので、カーボンフレームだとちょっと不安かもしれません。あと、自転車自体の固定に関してはゆるさがあるので、メンテナンス作業中に自転車が斜めになってしまったり、動いてしまうことも多いのが難点かと思います。

チェーンの清掃の時など、油を拭き取りたくてペダルを回そうとすると、自転車も一緒に動いてしまいます。倒れてしまうまではいきませんが、安定感に関しては「それなり」と考えた方が良いでしょう。

MINOURA ディスプレイスタンド DS-520

使わない時は支柱の根元部分が折り畳めるようになり、狭い場所にでも置けるので収納場所には困りません。

ハブ固定式 MINOURA ディスプレイスタンド DS-30CFB

MINOURA ディスプレイスタンド DS-30CFB

後輪のクイックリリースを挟んでリアハブで固定するメンテナンススタンドです。

グググググっとメンテナンススタンドを開いて後輪のハブ部分にハメると、かなりしっかり固定されます。

特徴としてフック式のスタンドに比べて安定感があり、横の揺れにも強いため、ペダルをグルグル回しても抜群の安定感があり、チェーンやスプロケット周りのメンテナンスがしやすいです。

MINOURA ディスプレイスタンド DS-30CFB

自転車屋さんで簡易なメンテナンスをする時などにもよく使われているタイプのメンテナンススタンドで使わない時は折りたたみイスのように畳めます。

気になる点としては、最初に挟み込む際に意外と力が必要なこと。自転車を固定しながら挟み込まなければいけないので、一人だとアタフタしてしまい、毎度、挟み込む際には苦労をします。

不安定な自転車を固定しつつ、力一杯グググッと押し広げてクイックリリースをハメ込まなくてはいけないんですが、途中で自転車を抑えきれず前輪が動いて暴れてしまったりで意外とコツが必要なのです。

ディスプレイスタンドとメンテナンススタンド比較

ディスプレイスタンド DS-520とDS-30CFB比較

ディスプレイスタンド DS-520とメンテナンススタンド DS-30CFBの比較は、どちらも一長一短だとは思います。

しっかりと固定してメンテナンスを行いたい場合はリアハブ固定式のDS-30CFBの方が優れていますが、じてんsハブ固定式のDS-30CFBは数回使用した後に出番がなくなり、もっぱらDS-520の方を使用しています

その理由として、DS-30CFBはしっかりと固定できてメンテナンス作業自体はしやすいのですが、自転車を固定するのが面倒なため、個人的にはフック式のディスプレイスタンドDS-520の方をよく使用しています

部屋が広ければ、トップチューブで固定するメンテナンススタンドであるミノウラ(MINOURA) RS-500あたりを検討しています。

関連記事

自転車のメンテナンスツールや工具に関する情報は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-スタンド, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.