クロスバイクの改造やロードバイク自転車

ESCAPE Airと自転車ライフ

スタンド

ミノウラのディスプレイスタンドDS-30 BLTの購入レビューとDS-30CFB

更新日:

ミノウラのディスプレイスタンドDS-30 BLTの購入レビュー

自転車をメンテナンスする時には自転車を自立させるためのスタンドが必要です。
僕は今までクロスバイクのメンテナンスをする際にはミノウラのディスプレイスタンドDS-520を使用してきました。

ミノウラのディスプレイスタンドDS-520はアルミの細いポールに取り付けてあるフックにクロスバイクやロードバイクなどのシートステーとチェーンステーを引っ掛けて自立させる為のスタンドで、価格も安く便利に使ってきました。

しかし、ミノウラのディスプレイスタンドDS-520の場合、クランクを回すとペダルがフック部分に引っかかってしまい、チェーン部分のメンテナンスの際などに多少不便を感じていました。

今回、その問題の解決のために、自転車屋さんなどでよく見かける後輪のハブ部分を挟んで自転車を自立させるディスプレイスタンドを購入してみることにしました。

いくつかの候補の中から、使用経験もあるミノウラの製品なら安心だろうということでノウラのディスプレイスタンドDS-30 BLTを購入してみたので使用感などをレビューしてみたいと思います。

ミノウラのメンテナンススタンドDS-30 BLT

ミノウラのメンテナンススタンドDS-30 BLT

数あるスタンドからしっかりと検討して購入したのはAmazonでも評価の高かったミノウラのメンテナンススタンドのDS-30 BLTでした。

価格はDS-520よりもさらに安く、1500円前後で購入できるので、クロスバイクやロードバイクを初めて買う人が最初に買tたりもするディスプレイスタンドだと思います。

折畳み式なので使用しない時は折りたたんでおけば邪魔にならないのも嬉しいポイントです。

折畳み式のディスプレイスタンド

ミノウラのメンテナンススタンドDS-30 BLTを包装袋から取り出して開くとこんな感じです。

クロスバイクやロードバイクの後輪のクイックリリース部分を挟んで固定することで自転車を自立させられるというものです。

メンテナンススタンドDS-30 BLTを使用すると後輪は地面から浮いた状態になるので、ペダルを回す必要のあるディレーラーの調整や、チェーンの清掃時効率よく作業ができるようになります。

ディスプレイスタンド

自転車をしっかりホールドするためかどうかは分かりませんが、自転車の幅よりも若干狭く作られているようで、自転車を固定するためには、よいしょと強めにスタンドを開いてからクイックリリースに嵌める必要があります。

自転車を固定すると上記の写真のような状態になります。

ディスプレイスタンド

ディスプレイスタンドのDS-30BLTに自転車を固定すると、DS-520よりも安定して立たせることができて、ペダルをグルグル回してもガタついたりブレたりすることもなく、メンテナンスする時の調子は良さげです。

一長一短はありそうですが、とりあえずの目的であった、グラついたりせずにメンテナスんが出来るという条件はクリアできそうなので、買って良かったなと思えるアイテムです。

ミノウラのメンテナンススタンドDS-30 BLTはカンパニョーロ・フルクラムなどには非対応?

ミノウラのメンテナンススタンドDS-30 BLT

DS-30 BLTとDS30-CFB

ところが、ミノウラのメンテナンススタンドDS-30 BLTを購入して、無事に自転車も固定して立たせることができて喜んでいたのも束の間でした。

スタンドをクイックリリースに嵌める際に、力を入れてグググっと広げてから嵌めなくてはいけないため、本当に問題がないか気になったので調べてみたところミノウラのディスプレイスタンドのラインナップの中にDS-30 BLTと同じシリーズであるDS30-CFBがあることを発見したのでした。

どうやらDS-30 BLTとDS30-CFBはとても良く似ていますが、少し違うモデルのようです。

DS-30 BLTとDS30-CFBとの違い

DS-30 BLTとDS30-CFBでは何が違うのかと調べてみると、末尾のCFBは、Campagnolo、Fulcrum、Bontragerの頭文字と思われます。

どうやら上記三ブランドのクイックリリースのサイズは、その他のブランドやメーカーに比べると太くて長いようで DS-30BLTは対応しておらず、きちんと嵌めることが出来ないようなのです。

ミノウラの公式サイトでも、DS30-CFBについての説明文で

DS30-BLTでは取り付けられない、カンパニョーロ・フルクラム・ボントレガーなどの幅広クイック対応モデル。

と書いてあります。

カップリングのサイズ

カップリングのサイズ
Photo via:http://www.minoura.jp/japan/storage/single/ds-30cfb.html

上記のカップリングのサイズ表をみてみると、黒いカップリングがDS-30 BLTに付属しているもので、青と赤のカップリングがDS30-CFBに付属しているものになります。

サイズを確認すると、黒のカップリングよりも青と赤のカップリングの方が受け口が幅広で奥行きも長くなっています。

えええ!そうなの!?と思いました。
というのも、僕のホイールはフルクラムのRacing3ですから黒いカップリングは対応していないことになります。

自転車用品はコンポーネントの部品をはじめとして似たようなものが多く、こういった買い間違いをたまにやってしまうのですよね・・・。

どうせなら黒と青と赤のカップリングをセットで販売してくれれば良いのに・・・。

これからこのタイプのディスプレイスタンドの購入を検討している人は、自分の自転車のホイールがどこのメーカーであるかを把握してから、対応モデルを購入した方が良いと思います。

それでもなお公式ページでは

一部の自転車・ホイールにおける非対応について
クイックレバーやフレームエンドの形状・デザイン・スペック等の関係で、一部の自転車・ホイールにおいて対応していないものがあります。お買い求めの際は、お持ちの自転車をよくお確かめください。

という注意書きがされているので、クイックリリースの頭のサイズが大きい場合は嵌められない場合があるようですので、事前にサイズを測っておくのが良いかもしれません。

サイズを測るのはノギスが便利

サイズを測るにはノギスを使うと簡単に測れて便利です。
自転車をカスタマイズする際にはハンドル径やボルトの長さなどサイズを知らなくてはいけないことも少なくはないのでノギスがあると買い間違いなどを少なくすることが出来ると思います。

Fulcrum Racing3にはハマりました

僕のクロスバイクに装備していホイールはFulcrum(フルクラム)のRacing 3なので、非対応・・・と思われましたがクイックリリースの頭のサイズを測ると21mmなので黒のカップリングにも嵌められるサイズでした。なので同じメーカーでもリリースされた時期やモデルによってサイズ違いがあるものと思われます。

僕が気になっていた、嵌める際に力を入れて広げなくてはいけないのは、自転車自体をしっかりとホールドするために敢えてキツくしているものと思われ、取り越し苦労だったようで一安心です。

ミノウラのディスプレイスタンド

この手のメンテナンススタンドやディスプレイスタンドがあれば、チェーン清掃や注油、車体の清掃などの頻繁に行うメンテナンスが非常に効率的に行えるようになるので、一つは持っておいて損はないと思います。

-スタンド
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2018 All Rights Reserved.