クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

おすすめ自転車情報 バッグ・財布 自転車メンテ・改造

自転車のバッグの定番メッセンジャーバッグとおすすめブランド

更新日:

自転車のバッグの定番おすすめメッセンジャーバッグ三大ブランド

ロードバイクやクロスバイクに乗る際には荷物は極力少ない方が快適なサイクリングが出来るのは間違いありませんが、通勤や通学、日常で自転車に乗ろうとすると、どうしても荷物を持ち運ぶ必要があります。

かと言ってロードバイクやクロスバイクにはシティサイクルのようにカゴを取り付けたりしたくもありません。ハンドルに買い物袋をぶら下げるというのも、シティサイクルなどでは当たり前かもしれませんが、ロードバイクやクロスバイクは安定性が低く、すぐにフラフラしてしまうので危なくて現実的ではありません。

そんなわけで、ロードバイクやクロスバイクの場合、荷物はバッグに入れて持ち運ぶのが普通です。

自転車用のバッグと言ってもいろいろなタイプがあります。その中の一つであるメッセンジャーバッグは、ちょっとそこまでの街乗りサイクリングの際の荷物を持ち運ぶ手段として非常に便利なバッグです。

メッセンジャーバッグとは

メッセンジャーバッグとは

メッセンジャーバッグはその名の通りに自転車で手紙や書類などを運ぶメッセンジャーが愛用している、あるいはメッセンジャーが使用するために開発改良されたバッグで、荷物の取り出しが非常に便利なだけでなく、とても都会的でおしゃれな印象のある自転車用のバッグです。

自転車に乗っている時は背中にバッグを背負い、自転車から降りて手紙を取り出すときにはクルリと背中から胸元までバッグを素早く移動させらるような構造になっていて荷物の出し入れがしやすいように大きな取り出し口を備えているのが特徴です。

メッセンジャーバッグと普通の肩掛けバッグとの違いは自転車用に考えられたバッグか否かです。

普通の肩掛けバッグの場合、ロードバイクやクロスバイクにのように前傾姿勢で自転車に乗っていると、バッグが背後から前へ移動してきてしまい、最終的にはブラーンと腹の前にぶら下がってしまいとても邪魔になってしまいます。しかし位置を直しても直してもバッグは前まで移動してきてしいます。

メッセンジャーバッグの場合は、是中からズリ落ちて前まで回ってこないように肩掛けストラップにはずり落ち防止のストッパー機能が備わっていて、どんなに激しく自転車を漕いだとしてもバッグが前面に回ってくることがないのです。

とにもかくにもメッセンジャーバッグはロードバイクやクロスバイクに乗る人のために考えられた自転車用のバッグなのです

そんなわけでクロスバイクやロードバイクに乗っている人でメッセンジャーバッグを使用している人も多いですし、街乗りのおしゃれな自転車バッグ=メッセンジャーバッグと言っても過言ではなく、自転車用のバッグとして定番中の定番なのがメッセンジャーバッグになります。

メッセンジャーバッグの特徴

メッセンジャーバッグの特徴

メッセンジャーバッグはロードバイクやクロスバイクなどの自転車に乗る際に使用しやすいように、普通の肩掛けバッグにはない自転車用のバッグならではの特徴があります。

バッグを背中で固定できる

メッセンジャーバッグの特徴

メッセンジャーバッグはストラップを袈裟掛けにする肩掛けタイプのバッグです。

上にも書きましたが、通常の肩掛けバッグの場合は、ロードバイクやクロスバイクなどのように前傾姿勢がきつい状態で乗っていると、次第に背中側から腹側にバッグがずり落ちてしまい、自転車に乗る際に非常に邪魔になってしまいます。

何度なおしてもすぐに背中からお腹の方へグルリと回ってしまうので、普通の肩掛けバッグをして自転車に乗るのは無理だとすぐに理解すると思います。

メッセンジャーバッグの場合は、肩掛けストラップに小さなストラップ(クロス・ストラップ)が付いています。このストラップを脇の下から通して肩掛けストラップと接続することで、ストラップの輪っかの中に腕を通したような状態になり、バッグがしっかりと背中で固定されてズリ落ちないようにできるのです。

小さなストラップですが、なかなか良く考えられていてメッセンジャーバッグには必須の機能の一つです。

普通の肩掛けすバッグをメッセンジャーバッグ仕様にするためにクロス・ストラップ自体が単体で商品化されていたりもします。僕自身も実際に持っていますが、カメラストラップなどで使用するとカメラを背中で固定できるようになり大変重宝しています。

クロス・ストラップについて興味がある方は下記の記事でまとめていますので、参考にしてください。

参考→ 自転車で斜め掛けしたカメラやバッグのずり落ちを防止するストラップ

防水仕様のバッグ

メッセンジャーバッグは防水仕様

本職のメッセンジャーが運ぶものは主に手紙などの書類です。しかも天候関係なく依頼があれば書類を運ぶわけですから、雨などに振られたからと言って書類を濡らしてしまうわけにはいきません。メッセンジャーにとって水濡れは責任問題でもあり死活問題でもあるのです。

そんなメッセンジャーのハードな用途に応えられるように、多くのメッセンジャーバッグは外装が防水仕様になっているのはもちろんのこと、ファスナー周りなど水が侵入しやすい部分にも防水用の素材が使用されて防水加工がされていたりします。

もちろんバッグ自体も水濡れしても大丈なようにも防水性の高い生地が使用されているので、少々の雨に降られたとしても、バッグの中まで水に濡れてしまうということがなく、雨の中でも安心して使用できるようなバッグが多いです。

防水機能は雨対策だけではなく、背中の汗対策としても活躍しています。背中にメッセンジャーバッグを背負って自転車に乗っていると、背中と密着した部分にはどうしても汗をかいてしまいますが、防水仕様のメッセンジャーバッグであれば内部にまで汗が浸透して中のものを濡らしてしまうという心配もありません。

しっかりとした防水が施されていれば、手紙や書類などの紙類はもちろんですが、ノートパソコンやタブレットなどの電子機器の持ち運びにも安心です。

肩掛けストラップの伸縮が自由自在

肩掛けストラップの伸縮が自由自在

仕事で書類を運ぶメッセンジャーは一日に何件も書類を届けるわけで、その度にバッグの中から手紙を出し入れしなければいけません。これを普通の肩掛けバッグでやろうとするのは非常にストレスで面倒なものです。

そこで、バッグを背中側で固定する場合には肩掛けストラップをギュッと締めてしっかりと身体に密着させることができ、自転車に乗車中にはズレないようにできたり、書類を取り出す際にはストラップの長さを瞬時に伸ばして背中側から前面にバッグを移動させることができるようになっています。

この機能はメッセンジャーという仕事をしていなくても非常に便利です。例えばコンビになどで買い物をする際にバッグから財布を取り出そうと思うと、バックパックだとバッグを一旦降ろしてから、財布を取り出さなければいけません。

しかし、メッセンジャーバッグだとスルスルと肩掛けストラップを伸ばして背中側からクルッとバッグを前面まで移動させることができるのでバッグを降ろさずに素早く財布を取り出すことができるのです。

バッグの口が大きく間仕切りが無い

バッグの口が大きく間仕切りが無い

メッセンジャーが書類を運ぶ際に、たくさんの書類の中から目当ての荷物を見つけやすくするために、メッセンジャーバッグには一般的なバッグのような間仕切りがありません。

バッグを大きく開けるので中身を確認しやすくなっています。

ポイントとしては荷物が少ない時にはメッセンジャーバッグの中身を探すのは非常に楽ですが、あれこれ詰め込んだ状態だと物に埋もれてしまって目当ての物を見つけるのが難しくなります。

負荷が軽減する大きい肩パッド

メッセンジャーバッグの特徴

メッセンジャーバッグは肩掛けのバッグなので、肩への負担が大きくなります。その負荷を軽減するために、メッセンジャーバッグのストラップの肩部分には大きめの肩パッドがあるものが多いです。

これによって、重量のある荷物でも、負荷が少なく疲れづらくなっています。

メッセンジャーバッグに最適な用途

メッセンジャーバッグに最適な用途

メッセンジャーバッグはメッセンジャーのためにデザインされたバッグなので、ロードバイクやクロスバイクに乗る人が使用している場面をよく見かけますが、ロードバイクやクロスバイクでも乗り方は人それぞれなので、全ての人にメッセンジャーバッグが適しているわけではありません。

メッセンジャーバッグが最適だと思える用途は、15km未満くらいの短い距離で、それほど重くない荷物を運ぶ際がベストな用途だと思います。

逆に100kmを越えるようなロングライドやのんびりポタリング、荷物が多い場合などの用途ではメッセンジャーバッグは不向きなバッグだと言えるでしょう。

長距離には不向き

肩掛けバッグは左右どちらかに重量が偏ってしまうので余計な力が入ってしまうことになります。少しの負荷の場合は最初は気になりませんが、長距離になればなるほど負担は蓄積されていき、最終的には致命的と思えるほど大きな負荷に変わってきます。

長距離を走る場合は、どこかが調子が悪くなるとそれをカバーしようとして別の場所にも負荷がかかるようになるので、左右のバランスが取りやすいバックパックなどの方が調子が良くなるのです。

僕も過去に100kmのサイクリングにメッセンジャーバッグを背負って走ったことがありましたが、途中から背骨がズレてしまいそうな辛さが出てしまい、60kmくらいで挫折してしまったことがあります。

荷物が多い場合は不向き

メッセンジャーバッグはバッグの容量に対して半分程度以下の荷物を運ぶのに適しています

要するにバッグが変形して身体にフィットさせることが出来る程度の容量までがベストになります。

というのも、身体にフィットさせられるくらいの分量だと荷物の重さを背中全面で支えられるので負荷が少なくて済むのですが、多くの荷物を入れてしまうと、背中の一点でしか荷物を支えられなくなり、その分の負荷が肩掛けストラップの方にきてしまい、肩への負担が大きくなってしまうのです。

メッセンジャーバッグはたくさんの荷物が入れられるので、ついつい多くの荷物を入れたくなってしまいますが、あまり多くの荷物を入れないというのが基本と思っておいた方が良いでそう。

つまりは、メッセンジャーバッグは街乗り向きのお気軽な感じで使えるカジュアルなバッグです。長距離や、重たい荷物を運ぶ際には、肩掛けのメッセンジャーバッグではなく、バックパックタイプの両掛けのバッグの方が、身体への負荷は少なくて済むと思います。

メッセンジャーバッグのブランド

メッセンジャーバッグを作っているブランドも沢山あります。

有名なメーカーやよく見るブランドは下記になります。
それぞれに特徴があり、どのメーカーが良いとかの判断は用途や好みでだいぶ変わるものと思われますが、日本で人気のメッセンジャーバッグのブランドといえばChrome(クローム)やCrumpler(クランプラー)、Timbuk2(ティンバックツー)などが特に有名だと思います。

メッセンジャーバッグのブランド一覧

Bagaboo
BAILEY WORKS(ベイリーワークス)
beruf(ベルーフ)
Chrome(クローム)
Crumpler(クランプラー)
De Martini(ディ マティーニ)
FREDRIK PACKERS(フレドリックパッカーズ)
FREITAG
Manhattan Portage(マンハッタンポーテージ)
Mission Workshop(ミッションワークショップ))
ORTLIEB(オルトリーブ)
R.E.LOAD
RESISTANT
Under The Weather
Timbuk2(ティンバックツー)
ZoBags

おすすめメッセンジャーバッグ3大ブランド

数あるメッセンジャーバッグのブランドの中で個人的に気に入っていておすすめできるのは下記の3つのブランドになります。3ブランドともにサンフランシスコを拠点にするバッグメーカーです。

Chrome(クローム)

Chrome(クローム)

メッセンジャーバッグの代名詞的なブランドであるChrome(クローム)は、自転車に乗っていない日常生活の中でも見かけることが多いバッグブランドで、自転車乗りなら知らない人は居ないと思えるくらいのメジャーな存在ですね。

金属製のバックルに特徴的なChrome(クローム)のペガサスのロゴが埋め込まれていて男っぽさ溢れるオシャレなメッセンジャーバッグが特徴です。

Timbuk2(ティンバックツー)

Timbuk2(ティンバックツー)

ナルトのような渦巻マークがトレードマークのメッセンジャーバッグブランド。
スリーパネルと呼ばれる縦にさん分割されたトリコロールカラーが象徴的なメッセンジャーバッグが有名なので、知っている人も多いと思います。

Chrome(クローム)と並んで定番中の定番のメッセンジャーバッグブランドです。

MISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)

MISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)

最後のおすすめはMISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)。
Chrome(クローム)やTimbuk2(ティンバックツー)と比べると比較的新しいブランドですが、登場するや否やそのシンプルながらもスタイリッシュなデザインで一気にメジャーブランドに成長したメッセンジャーバッグのブランドです。

僕自身たまたまネットで見た広告でそのセンスの良いブランドロゴに一目惚れしてしまいメッセンジャーバッグやバックパックなどを次々に購入してしまうほど大好きなブランドです。

元々Chrome(クローム)で働いていたスタッフが独立して立ち上げたブランドなので、基本的なメッセンジャーバッグの機能はChrome(クローム)の良いところを踏襲した感じになっていて、新鋭ブランドらしからぬ熟れた感じがあるのも特徴です。

他のメッセンジャーバッグに比べると価格はやや高めではありますが、記事や縫製などの品質は確かです。Chrome(クローム)やTimbuk2(ティンバックツー)は学生向きな雰囲気もありますが、MISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)はもう少し大人が持っていても違和感の無いデザインと質感です。

シンプルなデザインはレディースでもいける

多くのメッセンジャーバッグは男性を意識したデザインで、MISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)も基本的には男性向けのメッセンジャーバッグですが、シンプルなデザインなので小型のMONTYならレディースでも全然いけるんじゃないかと思います。実際に女性でも持っている人を時々みかけます。

左右肩掛けに対応

MISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)のメッセンジャーバッグの特徴として、多くのメッセンジャーバッグは左肩掛け専用なのに対してMISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)のメッセンジャーバッグは左右のスイッチができるため右肩掛けでも対応できるという点です。

僕自身が肩掛けバッグは必ず右肩に掛けるため、メッセンジャーバッグの選択肢があまりなかったのですが、MISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)のお陰で悩むこともなくなりました。

僕が愛用しているメッセンジャーバッグはMISSION WORKSHOPのRummy

MISSION WORKSHOPのRummy

僕は、MISSION WORKSHOP(ミッションワークショップ)のメッセンジャーバッグの中型サイズであるRummy(ラミー)を愛用しています。Made in USAらしい少し荒目な生地の質感とシンプルなデザインが気に入って使っているバッグの一つです。

もちろん雨が降っても大丈夫なように撥水性の高い生地と内側には防水生地が使用されているので、急な雨に降られても安心な仕様になっています。

サイズは27Lで一般的なバックパックのミドルサイズと同じ程度の容量ですが、ロールトップに出来るため、見た目よりもかなり多めに収納できるメッセンジャーバッグです。買い物などに出かけた際にも容量に余裕があって重宝しています。

ただ、基本的にはメッセンジャーバッグはあまり物を入れずに半分程度の荷物に留めるというのが基本的な使い方になると思うので27Lだと16リットルで小型のリュックサックくらいの容量で使うのがベストな感じです。

関連記事

自転車用バッグに関する記事は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-おすすめ自転車情報, バッグ・財布, 自転車メンテ・改造
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2020 All Rights Reserved.