ニュース・話題 新製品・話題の製品 自転車用品

パッドの着脱が出来るサイクリングパンツは通勤通学に最適かも

投稿日:

お尻のパッドを着脱できる新しいタイプのサイクリングパンツがle coq sportif(ルコックスポルティフのから発売になります。

le coq sportifのカジュアル・サイクリングウェアライン「GLAMBIKE COLLECTION」で「CORDURA®デタッチャブルフィッタブルパンツ」がそれです。

通勤通学の際のサイクルウェアの悩みを解決してくれそうなウェアだったので調べてみました。

サイクリングにはサイクリングパンツが必須

ロングライドにはレーシングパンツが必須Photo via:https://amzn.to/3hds8hu

ロードバイクに本格的に乗ろうと思うとサイクリングパンツが必須と言っても過言ではありません。

サイクリングパンツにはお尻部分にパッドが備わっていて、長い距離のサイクリングからお尻を守り、擦れやお尻の痛みから解放してくれるサイクリングウェアです。

サイクリングパンツのパッドが有るか無いかでは、サイクリングの快適さも雲泥の差になってしまうので、出来るならばサイクリングの際にはパッド入りのサイクリングパンツを装着したいというのが実際のところです。

ピチピチモッコリに抵抗感

慣れの部分でもあるのですが、ピチピチでモッコリしてしまうサイクリングパンツを着用するのは、なかなか勇気が必要です。

日頃から自転車に乗っている人であれば、いわば正装なので、それほど違和感は感じませんが、一般の人から見れば変態そのものの格好と思われても仕方がないくらいのものでもあります。

通勤通学だとサイクリングパンツは履きづらい

週末や休日などに一日中ロードバイクに乗るような場合は、ピチピチのサイクリングパンツでも良いとは思いますが、通勤通学となると少しハードルが高くなってしまいます。

なので、通勤通学で自転車に乗っていても、サイクリングパンツを履いている人はかなり少数派になる感じです。やはり職場や学校の人にはピチピチでモッコリな姿はなかなか見せられません。

多くの人は、ピチピチのサイクリングパンツではなく、もう少しカジュアル寄りなサイクリングパンツを着用したりすることが多いと思います。

カジュアルなサイクリングパンツはパッドが無い

カジュアルなサイクリングパンツも自転車用のウェアではあるので、ペダリングの妨げにならないような伸縮性のある素材が採用されていたりして悪くはないのですが、本格的なサイクリングパンツのようにパッドが備わっていないものがほとんどです。

なので、お尻が痛い場合にはインナーパンツを履いたりして対策をしたりするわけですが、正直なところ、あまり調子が良いものではありません。

通勤通学のサイクリングパンツの悩みを解決するサイクリングパンツ

GLAMBIKE COLLECTION CORDURA®デタッチャブルフィッタブルパンツ

通勤通学のサイクリングパンツの悩みを解決するサイクリングパンツPhoto via:https://www.descente.co.jp/jp/press_releases/210907_lcs_cycling/

le coq sportif(ルコックスポルティフ)のサイクルウェアラインの「GLAMBIKE COLLECTION」の中の製品として発表された「CORDURA®デタッチャブルフィッタブルパンツ」は、カジュアルなデザインでありながら、お尻のパッドをインナーに備えているハイブリッドタイプのサイクリングパンツです。

パッドの着脱が自由にできる

サイクリングパンツPhoto via:https://amzn.to/3hds8hu

カジュアルなタイプのサイクリングパンツでパッドを備えている製品自体が少ない中で、アドバンスな機能としてパッドの着脱ができるようにデザインされています。

これによって、自転車に乗る場合にはパッドを装着してお尻の痛さ対策、自転車から降りればパッドを外して普通のカジュアルなパンツとして使用できるので、通勤通学で便利な一着になりそうです。

着脱できるパッド

Photo via:https://www.descente.co.jp/media/editors_picks/getnavi/14451/

Photo via:https://www.descente.co.jp/media/editors_picks/getnavi/14451/

パッドは着脱が簡単にできるようになっていて、サイクリングパンツ内のメッシュ状の袋の中に入れることで装着ができるようになっています。

カジュアルなデザイン

small>Photo via:https://www.descente.co.jp/media/editors_picks/getnavi/14451/

見た目もカジュアルなハーフパンツぽいので、自転車から降りれば日常の中でも違和感がないですね。

さすがはフランスのスポーツウェアブランドかなと思います。

le coq sportifはツール・ド・フランスオフィシャルジャージのメーカー

そうそう、フランスと言えばツール・ド・フランスですが、le coq sportifはツール・ド・フランスのオフィシャルジャージも手掛けていたりするので、そのあたりも「間違いない」ブランドとして知られているので、ポイントが高いですよね。

価格はちょっとお高い

CORDURAデタッチャブルフィッタブルパンツの定価は¥18,590(税込)。

サイクルウェア自体が基本的に安くはないのでしょうがない部分では有るのですが、ハーフパンツと考えると結構な価格ですね。。。。

うーん、まぁでも実売では15,000円前後になりそうですし、2Wayで使用できる便利さとデザインなどを考えると妥当なのかもしれません。


参考 【サイクリング】CORDURAサイクリングパンツシリーズ | DESCENTE Store

ありそうでなかったパッド着脱できるカジュアルなサイクリングパンツ

自転車に乗る際には、自転車の正装でもあるサイクリングウェアを着用した方が、快適さが何倍も違うので、できるだけサイクリングウェアを着用したいと考えてはいるのですが、通勤などでは職場に着いてからピチピチのサイクリングウェアでウロチョロするというのは抵抗があるんですよね。

僕の職場は基本的にカジュアルな服装でも良いのですが、一瞬とは言え、さすがにサイクリングウェアでうろちょろするというのは憚られる感じです。

しかし、このデタッチャブルフィッタブルパンツなら、違和感がないですから、パッドだけ外してそのままデスクに向かうなんてこともできそうでうs.

また、ガチなサイクリングの場合は通常のサイクリングパンツでも良いのですが、ちょっと気軽に出かけたい場合にはガチ過ぎることや、コンビニやスーパーなどにも立ち寄りづらいという悩みもありましたが、この悩みも解決できそうです。


サイクリングウェアと自転車通勤通学に関する記事一覧

Google

-ニュース・話題, 新製品・話題の製品, 自転車用品
-,

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2021 All Rights Reserved.