チェーンオイル ニュース・話題 新製品・話題の製品 自転車用品

【KURE】呉工業の自転車用チェーンオイルMade For Speedの特徴と用途のまとめ

更新日:

クロスバイクやロードバイク、そして一般自転車まで含めて考えた場合、自転車のメンテナンス用のオイルとして圧倒的に使用されていると思われるのが呉工業株式会社のチェーンオイルかと思います。

錆びて固まったボルトや動きの悪い蝶番などに、定番的に使用されるのが「KURE 5-56」なので、潤滑油と言えばKUREを真っ先に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

KURE 5-56を自転車のメンテナンスにも使用する人は多いみたいですし、実際KUREのホームページでも5-56の用途として自転車のメンテナンスも例として紹介していたりします。

ただKURE 5-56は潤滑油というよりは、錆落とし、防錆用途かと思います。なので、実際のところは自転車のチェーンオイルとしてはあまり適しているとは言えるものではなく、上記のメンテナンス例でも自転車チェーンへの使用は案内されていません。

ということは、自転車のチェーンのメンテナンスには別のオイルを使用した方が良いだろうということが考えられます。

そんなKURE 5-56で有名な呉工業が製造する自転車用チェーンオイルであるMade For Speedの特徴と用途についてまとめてみました。

呉工業の自転車用チェーンオイル Made For Speed

呉工業の自転車用チェーンオイル Made For Speed

呉工業は、Made For Speed(メイドフォースピード)というシリーズで自転車用のメンテンナのためのケミカルをシリーズ展開しています。

チェーンオイルだけでなく、パーツクリーナー、バイクのフレーム用洗剤などがあり、その中でチェーンオイルはドライ系とウェット系のオイルがそれぞれラインナップされています。

KURE(呉工業) 自転車専用チェーンルブドライ No.1602

KURE(呉工業) 自転車専用チェーンルブドライ No.1602

ドライタイプのチェーンオイル。
チェーン専用のオイルで、スプロケットやディレーラーなどにへの使用は考えられていないようです。

特徴

ドライ系のチェーンオイルということで、ホコリやゴミを拾わないのでチェーンが汚れづらいというのがまず第一の特徴です。

一般的にはドライ系のチェーンオイルは持続性が弱く、頻繁に注油する必要がありますが、このチェーンオイルは耐摩耗性が高く持続性に優れているという特徴があります。

また、水置換効果も高く、雨などで濡れてしまってもチェーンオイルに水を追い出す効果があるので防錆効果も高くなっています。

マメな注油を厭わず、チェーンをきれいな状態で保っておきたい人におすすめできるチェーンオイルでしょう。

呉工業が手掛けるチェーンオイルということで、アマゾンなどのレビューでも断トツのレビュー数で、自転車用オイルのカテゴリでは売上一位に君臨(2021年10月20日)している人気のチェーンオイルでもあります。

KURE(呉工業) 自転車専用チェーンルブドライ No.1602

KURE(呉工業) 自転車専用チェーンルブドライ No.1602

1,060円(12/04 17:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

KURE(呉工業) 自転車専用チェーンルブセミウェット No.1601

KURE(呉工業) 自転車専用チェーンルブセミウェット No.1601

セミウェット系のチェーンオイルで、スプレータイプです。
チェーン周りだけでなく、スプロケットやプーリー、ブレーキレバーなどの可動部などの潤滑のためにも使えるマルチなオイルです。

特徴

チェーンルブドライよりも粘度を高めて持続性が高くなっています。

しかしながら、一般的なウェット系のオイルと比べると粘度が低いので、雨の中やオフロード走行などの悪路の条件ではなく、一般道路を選定時に走行するのに適したようなチェーンオイルかと思います。

一応ウェット系なのでゴミやホコリを集めてしまってチェーンを汚してしまうものではありますが、走行後にウェスなどでチェーンを拭き取るなどをすれば、チェーンはきれいに保つことができそうです。

雨などの水濡れには弱いという性質もあるので、日常使いや通勤通学用途などでは不向きで、どちらかと言えばサイクリングなどのように天気が良くてそこそこ長距離を走るような状況が最も適していると言えそうです。

KURE(呉工業) 自転車専用チェーンルブセミウェット No.1601

KURE(呉工業) 自転車専用チェーンルブセミウェット No.1601

1,225円(12/05 01:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

呉工業の自転車用チェーンオイルについての雑感

呉工業自体はいろいろな種類のケミカルを製造している会社なので、チェーンオイルも細かく用途ことに細分化されているのかなと、勝手にイメージしていたのですが、意外にも2種類のチェーンオイルしかありませんでした。

しかしながら、最も需要や要望の多いと思われるところを抑えている感じで
「チェーンを汚したくない」
「なるべく長い距離を快適に走りたい」
というような、相反する性質の丁度良いところを追求したのが自転車専用チェーンルブドライなのかなと思います。

自転車専用チェーンルブセミウェットはチェーンオイルというよりも、自転車全般のtメンテナンスオイルとして、いろいろな場所を注油するためものという印象です。

国産のオイルですし、なにせあの5-56の自転車用チェーンオイルですから、品質も文句なしというところかと思います。

関連記事

-チェーンオイル, ニュース・話題, 新製品・話題の製品, 自転車用品

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2021 All Rights Reserved.