クロスバイクやロードバイクのカスタムと自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

サドル周り 自転車メンテ・改造

クロスバイクとロードバイクのポジションの違いについて

更新日:

クロスバイクとロードバイクのポジションの違いについて

クロスバイクのサドルの高さについて考えてみたいと思います。

というのも、今でこそサドルに腰掛けた状態だと両足が地面に着かないような高さになっていて、ロードバイクに乗るのとあまり変わらないポジションになっているのですが、以前はサドルに腰掛けた状態で両足がギリギリ地面に着く程度の高さになっていました。

クロスバイクを購入したGIANTストアで最初に調整してもらったサドルの高さだったことや、僕自身が自転車のサドルの高さは「両足が着く程度にしなければいけない」と思っていたので、サドルの高さに対して何の疑問も持っていなかったのです。

足が着かないような高さだと停車した際に転倒してしまいます。サドルが高くて脚が着かないのであればサドルから降りてトップチューブをまたいだ状態にすれば良いだけなのですが、クロスバイクに乗り始めた当初の僕には停車時はサドルから降りるという発想は無く、今まで自分がママチャリでしてきたようにサドルに座ったまま停車するものだと思っていたからでした。

しかしある日、ブログを見た方から「サドルの位置が低すぎる」という指摘を受けたのを切っ掛けに、クロスバイクのサドルの高さを見直してみることにしたのです。

そこで、いろいろなメーカーのカタログ写真を見て、一般的なクロスバイクのサドルの位置はどの程度になっているのか調べてみました。きっとカタログで紹介されているサドルの高さがクロスバイクの標準的なサドルの高さだろうと考えたのです。

クロスバイクのサドルの高さの参考例

クロスバイクのサドルの高さ

いろいろな自転車メーカーのクロスバイクの写真を参考にした結果、多少の差はあるものの、どのメーカーのクロスバイクも上記のイラストのような位置にサドルがセッティングされていました。

ロードバイクのサドルの高さの参考例

ロードバイクのサドルの高さ

ロードバイクも同じようにいろいろなメーカーのサドルの高さを参考にイラスト化してみました。

ロードバイクの場合はクロスバイクと比べると、サドルとハンドルの高低差が大きくなっているのが判ります。

ロードバイクのサドルの方がクロスバイクのサドルよりも高い?

セオリー通りにセットすればロードバイクでもクロスバイクでもサドルの高さは同じ

ロードバイクはサドルとハンドルとの高低差が大きいので、ロードバイクの方がクロスバイクよりもサドルが高くセッティングされているように思えます。

しかしロードバイクとクロスバイクのサドルの高さを比較してみると・・・

ロードバイクのサドルの方が高い?

実はロードバイクもクロスバイクもサドルの高さはそれほど違いがないのです。

「サドルに跨がってシューズを脱いでカカトでペダルを踏んだ時に足がまっすぐ伸びるくらい」というサドルのポジション出しの基本と言われています。この基本通りにポジションを調整すれば、ロードバイクであろうと、クロスバイクであろうと同じ高さになります。

つまり、ロードバイクとクロスバイクで違うのはハンドルの位置と高さということになります。

クロスバイクをロードバイクと同じようなポジションにすることは難しい

クロスバイクよりもロードバイクの方がハンドルの位置が低いため、より大きな高低差が出ているというわけです。このあたりはロードバイクとクロスバイクのフレームのジオメトリの違いにも関連するところです。

例えばクロスバイクでもロードバイクと同じようにハンドルの位置を下げてサドルとの高低差を出そうと思っても、ロードバイクほど低い位置にハンドルをセッティングすることはできません。

ステムなどを工夫すればハンドルの位置をかなり下げることも出来ますが、トップチューブが長いために、ハンドルまでの距離が遠くなってしまい前方に突っ伏した状態になるため、正しいポジションを得ることができないのです。

クロスバイクとロードバイクのポジションの違いについて

クロスバイクのサドルの高さはどうすれば良いか?

ポジションの事など全く考えもしなかったクロスバイクを購入した当初の僕は、ロードバイクのように深い前傾姿勢を取りたいがために、無理矢理にサドルを高くしたり、ハンドルの位置を極限まで下げていた時期もありました。「サドルとハンドルの高低差がは大きければ大きいほどロードバイクのようなポジションになって良い!」などという間違った価値観を持っていたのです。

しかし、ロードバイクとクロスバイクとでは基本的にフレームの設計が異なるため、クロスバイクでロードバイクのようなポジションを出そうとすると必然的に無理が生じることになり、正しいポジションを得ることが難しくなります。どう頑張ってもロードバイクのようなポジションにはならないのです。

きちんとポジションを出しさえすれば、自然とその自転車に適した姿勢で乗ることが出来るようになっています。つまりロードバイクの場合は前傾姿勢が深くなり、より速く走るために適した姿勢になりますし、クロスバイクの場合は楽に乗れるように上体が起きた姿勢になるというわけです。

ただし、ロードバイクであろうとクロスバイクであろうと、サドルの高さの調整方法の基本に添って調整をすれば、同じようなサドルの高さにすることができます。

GIANTストアでサドルの高さを調整したにも関わらず僕のクロスバイクのサドルの高さが低かったのは初心者でも乗りやすいようにやや低めのサドルで調整をしてくれていたのかもしれません。

このあたりは、クロスバイクはシティサイクルの延長の自転車なのでロードバイクほどポジションに対してシビアな考え方をしなくても良いというところがあるのかもしれません。

要するに、シティサイクルの延長で乗りたいのであれば、無理矢理にサドルの位置を高くする必要はないでしょうし、スポーティな乗り方がしたいのであれば、きちんとポジション出しをすれば良い、くらいのユルい考え方がクロスバイクでは許されるのだろうなと思います。

-サドル周り, 自転車メンテ・改造

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.