*

ESCAPE RX 2017モデルはやっぱりRX1が絶対に買い!

公開日: おすすめ自転車情報, ニュース・話題, 新製品 , ,

2018年モデルについては下記の記事で解説しています。
GIANT ESCAPE RXシリーズ 2018年モデルのスペック比較とおすすめ

2016年7月1日にGIANTの2017年モデルの先行販売に17モデルが追加され、その中にクロスバイクのESCAPEシリーズの中の1モデルであるRXシリーズも含まれていたので、ESCAPE RXシリーズの2016年モデルとの比較などを含めてまとめておきます。

sponsored link

ESCAPE RXシリーズとは

クロスバイクのESCAPEシリーズには、R3、Air、そしてRXシリーズがあり、定番モデルであるR3、軽量モデルのAir、そしてシリーズの中で最もロードバイク寄りでスポーティなフレーム設計であるRXがあり、最上位のESCAPE RX 1は、クロスバイクと言うよりはフラットバーロード的なポジジョンの自転車かと思います。

僕自身が初めてクロスバイクを購入する為にGIANTストアに行った際に、ESCAPE Airと一緒にお勧めされたのがRX 3で、どちらも同じような価格帯であり、どちらにするか大いに悩んだ覚えがあります。

最終的にはより軽量なAirを選択した僕でしたが、その後のロードバイク寄りのカスタマイズを繰り返す中で、RXにしておけば良かったと思う事も多く、クロスバイクでもよりロードバイク的な乗り方をしたいと考えている人にとっては、大本命なクロスバイクかもしれません。

2016年モデルで完全リニューアルとも言える大幅なアップデートがされたので、2017年モデルは全モデルともマイナーチェンジな感じです。
お買い得感については値下げされたため2017年モデルの方があると思います。

ESCAPE RX 3 2017年モデル

ESCAPE RX3 2017Photo via:http://www.giant.co.jp/giant16/bike_datail.php?p_id=00000136

基本的なスペックはジオメトリーも含めて2016年モデルからほぼ変更無しなので性能の差はほとんど無いと思われます。

唯一の大きな変更とも言えるのは、ハンドルステムのサイズが25.4から31.8mmへ変更になった点。31.8mmはロードバイクのステムで多く使われているサイズとなり、よりロードバイクに近づいたとも言えるかもしれません。

今までのESCAPE RXであれば、ロード用のドロップハンドルへ変更したいと思った場合、多くのハンドルが31.8mmサイズなので、ステムも一緒に変更する必要があったわけですが、ハンドルだけで良くなったという感じです。

ESCAPE RX 3スペック比較表

ESCAPE RX 3

ESCAPE RX 2 2017年モデル

>ESCAPE RX 2″ width=”580″ height=”366″ class=”aligncenter size-full wp-image-8716″ /><small>Photo via:<a href=http://www.giant.co.jp/giant16/bike_datail.php?p_id=00000135

R3同様に2016年モデルからのマイナーチェンジ程度の変更で、それほど大きな変更はなく性能にはほとんど差は無いものと思われます。

ただ、クランクセットなど駆動部分やブレーキセットがALVIOやACERAなどからALTUSに変更になっているため、2016年モデルと比較すると若干グレードが下がったのかな・・・。

RX2とRX3との差は、フォークがアルミかカーボンかの違いが全てと言っても良いかもしれません。

カーボンフォークになれば乗り心地もマイルドになったりするので、10,000円の価格差でカーボンフォークに出来ると考えれば、RX2の方が買いになると思います。

と言うのも、ESCAPEシリーズは全てVブレーキが採用されているのですが、Vブレーキ対応のカーボンフォークって選択肢が無いのです。

なので、後からカーボンフォークにしたいと思うと、フロントのブレーキも一緒に変更してキャリパーブレーキにする必要があり、フロントはキャリパープレーキでリアがVブレーキという構成になり、あまりお勧めできるカスタマイズではありません。そんなわけでカーボンフォークに興味があるのであれば、最初からカーボンフォークのものを選択しておいたほうが良いのです。

【参考】クロスバイク用にVブレーキ対応のカーボンフォークを探す|Escape airと自転車ライフ

ESCAPE RX 2スペック比較表

ESCAPE RX 2

ESCAPE RX 1 2017年モデル

ESCAPE RX 1Photo via:http://www.giant.co.jp/giant16/bike_datail.php?p_id=00000134

RX1もRX2、RX3と同様にマイナーチェンジで、2016年モデルと比較しても基本的な性能はほとんど変わりがないと思います。価格は同じ100、000円なので、モデル変更時期の値下げを狙って2016年モデルを購入するのが最もお買い得な選択になるようにも思います。

ただ、個人的にはマットブラックのカラーリングよりもアイスグレイの方が好みだったりするので、2017年モデルの方を選ぶかな・・・。

まともなスポーツサイクルは10万円からなどとよく言われますが、まさしくその言葉通り、コンポーネントのグレードはロードバイクと同等のスペックのものが装備されていて、このグレードであれば、購入後にあれこれ弄らなくてもそれなりに満足して乗り続けられるものだと思います。

ESCAPEシリーズの中からロードバイク寄りのスポーティーなフレームであるRXシリーズを選択する意味を考えれば、どうせならハイスペックであるRX1を購入した方が絶対に後悔が無いと思います。

昨年、2016年モデルのRXシリーズが発表になった際にもスペックを比較して「GIANT ESCAPE RX 2016年モデルを買うなら最上位のRX1だと思う理由」をまとめましたが、2017年モデルでも全く同じ理由で、ESCAPE RXシリーズを購入するのであればRX1の一択になると思います。

ESCAPE RX 1スペック比較表

ESCAPE RX 1

ESCAPE RXシリーズ2017年モデルまとめ

続々と各社2017年モデルが発表されていく中で、毎年先陣を切って新モデルを発表してくるGIANT。6月のESCAPE R3などの発表に続いての先行販売モデルの発表でESCAPE RXシリーズも発表されました。

2016年モデルで大幅にアップデートされたこともあり、2017年モデルは基本的にはマイナーチェンジと価格の改訂に留まり、大きな変更はなく、2016年モデルを買っても2017年モデルを買っても、カラーリングの違いくらいで大差はありません。

RXシリーズは他のESCAPEシリーズと比較するとトップチューブに特徴があり、最もスポーティーなルックスと性能になると思うので、購入を検討する際には、よりスポーティーな方向で検討するのが良いと思います。

それを考えると、カーボンフォークで、ロード用コンポーネントを採用したRX1がどう考えてもお勧めのモデルになると思います。これくらいのスペックになっていれば、後はホイールとタイヤをもう少しグレードの高いものにすれば、初心者としては充分満足できるスペックになるんじゃないでしょうか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑