クロスバイクの改造カスタマイズやロードバイク自転車情報

ESCAPE Airと自転車ライフ

おすすめ自転車情報 おすすめ自転車情報 スピードアップ 自転車全般

クロスバイクを改造カスタマイズして速度アップ出来るのか?

更新日:

クロスバイクを改造してスピードアップする

クロスバイクを改造カスタマイズして速度アップできるかどうかを、体験談も含めて考えてみようと思います。

クロスバイクで出せるスピードについて

クロスバイクを買った時のままの状態で乗っていた時と、コンポーネントやホイールなどを交換するなどした改造カスタマイズ後のクロスバイクでは果たしてどれくらい速度が変わるのでしょうか?はたまた改造カスタマイズで速度アップはできるのでしょうか?

まず大前提として、自転車の速度はエンジンであるライダーのスペックによって大きく変わります。なので、この記事で書いているスピードがクロスバイクで出せる一般的なスピードではありません。

あくまで僕というライダーがクロスバイクに乗った際に出せる基本的なスピードですので、このスピードよりも遅い人もいるでしょうし、速い人も沢山いると思います。

そのあたりを踏まえて読んでいただけると幸いです。

ライダーのスペックの参考情報

● 学生時代のスポーツ:野球(小学校〜高校)投手 7番
● 100メートル走:14秒6
● 遠投:100メートル
● ベンチプレス:90kg(当時)
● 運動しない暦:20年
● 体重:74kg
● 身長:175cm
● 自転車乗車時の服装:カジュアル
● 運動神経:並

クロスバイクで出せるスピード

改造前(ノーマル)

● 普通走行:17〜20km/h
● 路面状況良好&通常:23〜25km/h
● 路面状況良好&全力:30〜34km/h

コンポーネント交換後(タイヤとホイールは純正)

● 普通走行:21〜23km/h
● 路面状況良好&通常:24〜30km/h
● 路面状況良好&全力:34〜36km/h

タイヤとホイールも交換後

● 普通走行:24〜27km/h
● 路面状況良好&通常:30〜34km/h
● 路面状況良好&全力:38〜44km/h

タイヤとホイールも交換後にブルホーン化

● 普通走行:29〜32km/h
● 路面状況良好&通常:33〜37km/h
● 路面状況良好&全力:38〜44km/h

クロスバイクの改造カスタマイズとスピードアップについて

コンポーネントの改造カスタマイズ

コンポーネントは自転車の性能においてフレームと並んでとても重要な部分になるメインパーツですから、これらを交換すると自転車の性能が変わらないわけはなく、全く別の自転車になるくらいの変化が得られると思います。

例えばシフトレバーとリアディレイラーを変えると、シフトチェンジの機敏さが変わります。

安いシフトレバーとリアディレイラーだと「ガッチャン、ガッチャン」という感じでシフトチェンジするのに対して、グレードの高いシフトレバーとリアディレイラーは「スパッ!スパッ!」という感じでキビキビした動きをしてくれるようになります。

また8速から11速へギアの歯数を増やすことによって、より滑らかでスムーズな変速ができるようになります。

クランクもグレードが高いパーツは剛性が高く、ペダルを踏み込んだ力が効率的に動力に変えられるという点も重要です。

そんなわけで総合的にいろいろなロスが少なくなることからコンポーネントの交換はスピードアップには非常に効果の大きな改造カスタマイズになります。

クロスバイクの改造カスタマイズで劇的なスピードアップを期待するならまずコンポーネントの交換を考えると良いでしょう。

ちなみに僕のはShimanoの105を使用しています。

● スピードアップの期待度:★★★★★
● 費用:3万円〜(グレードによる)

ビンディングペダル

ビンディングペダルを交換してもMAXスピードにはそれほど影響が無いように思いますが、加速や速度を持続する点に関しては効果が大きく、平均速度のアップには大きく貢献してくれるパーツです。

足がペダルに固定されているのでペダルを踏むというよりはペダルを回すようなペダリングが出来るようになり、360度どの位置でも無駄なく効率的に力を伝えることができるようになります。

慣れないうちは恐怖感もありますが、一度その快適さを知ってしまうとフラットペダルにはなかなか戻れなくなるくらい魅力的な改造カスタマイズです。

ビンディングペダルとビンディングシューズがあれば簡単に導入できる点や、合わなければすぐに元に戻せるという点でもおすすめの改造カスタマイズになります。

● スピードアップの期待度:★★★☆☆
● 費用:15,000円〜

ハンドル周りの改造カスタマイズ

ハンドル周りの改造カスタマイズは乗車姿勢に変化を付けられるので、速度アップに関して重要なポイントである空気抵抗を少なくするような工夫ができます。

例えば、クロスバイクのハンドルは56cmくらいの幅ですが両サイドを切り詰めて50cm程度にするだけでも脇が締まった乗り方が出来るようになり、空気抵抗を減らすことが出来ます。

さらにステムの位置を調整したり逆付けにすることでより深い前傾姿勢ができるので、さらに空気抵抗を減らすことが出来ます。

ブルホーン化やドロップハンドル化などはハンドル周りの改造カスタマイズの典型で、見た目が変わる他に乗車姿勢がクロスバイクの上体が起きたアップライトなポジションからロードバイクのような深い前傾姿勢に変えられるというのが大きなメリットになります。

空気抵抗は速度アップにそんなに影響があるものか?と思うかもしれませんが25km/hを超えたあたりから一気に空気抵抗が大きくなりますから、速度アップを考えれば考えるほど空気抵抗をどれだけ減らしていくかが重要なポイントになるのです。

空気抵抗を突き詰めればスネ毛ですら剃り落とすくらいになってくるくらいシビアな世界ですから空気抵抗を甘く考えてはいけません。

● スピードアップの期待度:★★★★☆
● 費用:5,000円〜

タイヤ

クロスバイクのタイヤの改造カスタマイズと言えばタイヤを28Cからより細いタイヤである25Cや23Cへの交換です。

タイヤが細くなると転がり抵抗と空気抵抗が減少してスピードアップに効果があるという情報をよく見かけます。要するにタイヤと道路の接地している面積が小さくなればなるほど摩擦が少ないので速度が出しやすいという考え方です。

プロのように平均50km/hで走るような状況だとシビアに影響が出そうな気もしますが30km/h程度のレベルでなら誤差の範囲と言えるかもしれません。

このあたりは空気圧など諸々の条件でも変わるようなので細いタイヤが有利とは一概に言えないようです。また最近は23Cタイヤよりも25Cタイヤの方が有利というような話もあり、25Cを好んで使用する人も多くなっているようです。

素人レベルで考えるならばタイヤの太さよりもタイヤの性能の方が影響が大きいように思います。

例えばグリップ力や重量などはタイヤによって全く性能が違います。性能の高いタイヤは価格も比例して高くなりますが、パンク耐性も高くなったりすることもあるので総合的には高いタイヤを使用したほうが満足度が高いと思います。

コンチネンタル グランプリ 4000S2 などが高性能タイヤの代表かと思います。

スピードアップの期待度:★★★☆☆
● 費用:10,000円〜

ホイール

クロスバイクや入門ロードバイクなどに最初から装備されているホイールは特別良いホイールではないので、走りを劇的に変えたいのであれば、ホイールはまず最初に改造カスタマイズするパーツとして検討するべきパーツです。

価格が高いホイールは軽量ですし、剛性も高いものが多く、スピードが乗った後でも力が吸収されずにどんどん加速していけますし、ペダルを踏むのをやめても速度がなかなか落ちなかったりします。

ホイールそれぞれに性格がありますからどのホイールだと良いというのはそれぞれの好みや目的によりますが、一般的な目安として50,000円以上のホイールを選べばそこそこの性能が備わったホイールが手に入るようになると思います。

ホイールはコンポーネントと並んでクロスバイクの走りを大きく変えるパーツなのでスピードアップには必須の改造カスタマイズになります。良いホイールを買っておけば後々ロードバイクに乗り始めても必ず使えるものなのである程度の予算をみて思い切っても良いと思います。

クロスバイクの定番ホイール

価格と性能のバランスを考えた場合にクロスバイクの定番ホイールと言えばWH-6800と呼ばれた伝説のホイールがありました。残念ながら廃番になってしまいましたが、ほぼ同様の性能を備えた後継のRS500がもっともおすすのホイールになります。そらに上を求めたい人は上位グレードのRS700も良いかと思います。

● スピードアップの期待度:★★★★★
● 費用:50,000円〜

乗車姿勢

クロスバイクはロードバイクに比べて上体の起きたアップライトなポジションのため空気抵抗が大きくなります。そのためスピードを出そうとした時には上体を丸めるだけでも大きな効果が得られます。

なるべくハンドルの中心に近い部分を持ち、脇を締めた状態にすると体を小さく丸めることができます。ただし、姿勢が窮屈になるのほか、見た目があまり良くないのであまりおすすめではありません。

● スピードアップの期待度:★★★☆☆
● 費用:0円

ポジション

乗車姿勢とも関連していますが、サドルの位置、サドルの高さをしっかりと調整して、無駄の無いペダリングができるようなポジション出しができれば効率的にペダルを回した力を推進力に変えられるようになるのでスピードアップに効果があると思います。

ポジションはこだわればこだわるほど良いものなので、いろいろパーツを交換したり、位置を微調整しながら自分にとってベストなポジションを探してみるのが良いでしょう。

ポジション出しは基本中の基本ですから、メンテナンスブックやクロスバイクやロードバイクの入門書にも必ず情報があるので参考にしながら調整するのが良いと思います。

● スピードアップの期待度:★★★★☆
● 費用:0円

服装

クロスバイクやロードバイクに乗る時にはサイクルジャージを着用した方が断然スピードも出るようになります。

サイクルジャージなどのピチピチな服装はカジュアルな服装と比べると圧倒的に空気抵抗が少なくなるので空気の壁の中へ滑り込むようにスムーズに走ることができるようになります。

スピードアップの期待度:★★★★★
● 費用:10,000円

体重

自転車はエンジンが人間である以上、重量と速度はシビアに関連してきます。体重が軽いとトップスピードに達するまでの時間は短縮できます。特に走り出しや坂道では体重が軽いほうが有利になるので、体重が軽くなれば平均速度は確実に速くなるものと思います。

ただし、トップスピードはそれほど変わらないようです。

スピードアップのためにはひたすらトレーニングするのが一番の近道かもしれません。

以上、クロスバイクのスピードアップについてまとめてみました。クロスバイクの改造カスタマイズで速度アップを期待している方の参考になれば幸いです。

関連記事

クロスバイクをスピードアップさせるための改造カスタマイズに関する記事は下記にまとめていますので興味のある方は参考にしてみてください。

-おすすめ自転車情報, おすすめ自転車情報, スピードアップ, 自転車全般
-

Copyright© ESCAPE Airと自転車ライフ , 2019 All Rights Reserved.